...続きを読む" /> » 為替:10日の終値は1ドル=49.950ペソへと続落フィリピン経済ニュース | フィリピンプライマー
ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 為替:10日の終値は1ドル=49.950ペソへと続落

為替:10日の終値は1ドル=49.950ペソへと続落

2017年5月11日

広告
広告
2017年5月10日のPDS(フィリピン・ディーリング・システム)でのペソ対米ドル加重平均レートは49.963ペソで、前営業日の49.914ペソから0.049ペソ続落。  終値は49.950ペソで前営業日の49.925ペソから0.025ペソ続落(始値50.010ペソ、高値49.935ペソ、安値50.010ペソ)...
 
広告
広告
広告

その他の記事

5億ペソの合弁会社設立、来夏営業開始へ アコム(本社東京都千代田区)は、フィリピンにおいて個人向け融資事業に進出するため、伊藤忠商事(伊藤忠)との間で、関係当局...続きを読む
アジア開発銀行(ADB)は、アジア太平洋地域のプロジェクト形成と実施における高度技術の活用を促進するため、信託基金を設立することを発表した。日本政府が基金の最初...続きを読む
2017年5月5日のPDS(フィリピン・ディーリング・システム)でのペソ対米ドル加重平均レートは49.905ペソで、前営業日の49.927ペソから0.022ペソ...続きを読む
地元タギグ市が発表、現地有力紙も報道 2017/05/08 マニラ首都圏タギグ市は、そのフェイスブックにおいて、三越伊勢丹がタギグ市のボニファシオ・グローバルシ...続きを読む

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel