ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > アヤラ系有力銀行BPI、2019年25%増益

アヤラ系有力銀行BPI、2019年25%増益

2020年1月30日

広告
広告

アヤラグループの優良銀行バンク・オブ・ザ・フィリピン・アイランズ(BPI)は、1月29日、2019年(1月~12月)の決算速を発表した。
 
 それによると、2019年の帰属純利益は前年比(以下同様)24.8%増の288億ペソと二桁増加した。純金利マージンが3.35%へと上昇(前年3.11%)、非金利収入が25.2%増の284億ペソへと増加した一方で、営業費用は14.8%増の501億ペソにとどまったことで好決算となった。ちなみに、第4四半期(10月~12月)の純利益は11.6%増の67億7,000万ペソであ」った。
 
 2019年12月末現在の総融資残高は前年同月末比(以下同様)8.9%増の1兆4,800億ペソに達した。そのうち法人向け融資残高は7.9%増、消費者向け融資残高は13.4%増となった。受け入れ預金残高は6.9%増の1兆7,000億ペソであった。そのうち、コストの低い当座預金・普通預金の割合は全体の69.1%、預貸率(LDR)は87%であった。

 総資産は5.7%増の2兆2,100億ペソ、増資実施で株主資本は2,695億8,000万ペソに達した。財務比率は依然良好である。総資産利益率(ROA)は1.38%、株主資本利益率(ROE)は10.97%となった。バーゼル3基準での自己資本比率(CAR)は16.07%で中央銀行の最低基準10%をかなり上回っている。補完資本(TIER2)を除いた普通株式中核自己資本(CET1)比率も15.17%と良好で、中央銀行の最低基準8.5%の2倍近い水準となっている。不良債権(NPL)比率は1.66%と低水準、前年同月末の1.85%から改善した。

 なお、BPIは小口金融事業にも注力している。100%出資のマイクロファイナンス銀行である「BPI Direct BanKo(BanKo)」は、2019年に100店出店、2019年末に300店に達した。顧客数も2016年の2,500人から10万3,000人へと増加している。                     

 
広告
広告
広告

その他の記事

国際協力銀行(JBIC)は、1月27日、「バイオテックジャパン(バイオテック、本社:新潟県阿賀野市)のフィリピン法人BIOTECH JP CORP.(BTJP、本社:バタンガス州タナウアン市ファーストフィリピン工業団地)との間で、融資金額45万米ドル(JBIC分)を限度とする貸付契約を締結した」と発表した。
このほどユニバーサルエンターテインメントは、フィリピンのマニラ・ベイ地区で展開している統合型リゾート(IR)施設『Okada Manila(オカダ・マニラ)』を運営するタイガーリゾート・レジャー&エンターテインメント社(TRLEI)の2019年12月度の月次実績(速報値)について発表した。
国際協力銀行(JBIC)とフィリピン日本人商工会議所(JCCIPI)は1月23 日、マニラ首都圏マカティ市のデュシタニホテルにおいて、「フィリピンの2019年振り返りと展望ならびに海外投資動向セミナー」を開催した。
東京地下鉄株式会社(東京メトロ、本社:東京都台東区)は、1月21日、フィリピンのFEATI University(FEATI大学、所在地:マニラ首都圏マニラ市サンタクルス)へ教材として丸ノ内線02系車両2両を無償譲渡すると発表した。
フィリピン中央銀行(BSP)が発表した国際総合収支推計速報値によると、2019年の年間累計の国際総合収支(BOP)は78億4,300万米ドルの黒字となり、前年の23億0,600万米ドルの赤字から黒字に転換した。
日本政府観光局(JNTO)は1月17日、2019年の年間の訪日外客数推計値を発表した。フィリピンは前年比21.7%増の61万3,100人で過去最高を記録、初めて60万人を超えた。
 在フィリピン日本国大使館は、1月16日、「タール山の噴火警戒状況に係る注意喚起(その3)」というタイトルの安全対策情報を発出した。その内容は以下のとおり。
モスバーガーのフィリピン1号店は、2020年2月26日、マニラ首都圏ケソン市オルティガスセンターに立地する複合商業施設ロビンソンズガレリアにオープンする。このオープンに先立ち、1月15日と16日、モスバーガーのポップアップ販売(期間限定臨時販売)が行われている。
ローム(本社:京都市)は、フィリピンで発生しているタール火山の噴煙の影響について、2020年1月13日の日本時間18時現在の状況について発表した。
在フィリピン日本国大使館は1月12日22時50分に、「タール山の噴火警戒レベル引き上げに伴う注意喚起」というタイトルの安全対策情報を発出した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel