ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 注目の観光地、ルソン島が世界第2位に

注目の観光地、ルソン島が世界第2位に

2020年2月27日

広告
広告
口コミとランキングで見つかる世界最大の旅行プラットフォーム「Tripadvisor」(トリップアドバイザー、本社:マサチューセッツ州ニーダム、日本語版サイト: www.tripadvisor.jp)は、2月25日、2020トラベラーズチョイスアワードの観光地ランキングを発表した。


今年から新たに2つのカテゴリーが加わっている。一つは、『注目の観光地』として、過去1年間で旅行者からの口コミや評価が急上昇した観光地を選出している。もう一つは、『今後注目の観光地』として、すでに一部の旅行者にはお気に入りの観光地として「旅リスト」に保存され、これから人気がでると注目される観光地のランキングとなっている。


  本年から新たに発表された『注目の観光地』の1位にインドのコーチ(コーチン)、2位にフィリピンのルソン島、3位にポルトガルのポルトが選出された。以下、4位ブラジルのポルト・セグーロ、5位ブラジルのグラマード、6位インドネシアのロンボク島、7位ベトナムのダナン、8位ギリシャのザキントス、9位イスラエルのテルアビブ、10位ポーランドのクラクフなどと続く。そして、24位にセブ島がランクされている。


ルソン島に関しては、「ここでしか味わえない体験を求めて、世界中から多くの旅行者が訪れる。 活気に満ちた首都マニラだけでなく、そびえ立つ山やうっそうとした熱帯雨林、延々と続くビーチやサンゴ礁まで、見事な自然の景観と生物の多様性を見ることができる」、セブ島については、「国際色豊かなセブ市から、マクタン島の白い砂のビーチ、紺碧のカワサン滝、オスロブのジンベイザメまで。セブ島がフィリピンで屈指の人気観光地である理由は一目瞭然である」と説明されている。


今後注目の観光地の1位にはロシアのカリーニングラードが選ばれた。以下、2位アルバニアのサランダ、3位レバノンのベイルート、4位エジプトのルクソール、5位ギリシャのナウさなどと続く。日本では、香川県高松市が17位に選出されている。「栗林公園」は、近年トリップアドバイザーの「外国人に人気の観光スポット」ランキングにおいても3年連続でランクインしており、国内外での人気が高まっていることがうかがえる。また、「うどん県」と名高い香川県の玄関口である高松空港では、うどんの出汁が出てくる蛇口が設置されており、そのユニークな仕掛けが旅行者を楽しませているようである。

 
広告
広告
広告

その他の記事

本田技研工業(ホンダ)と、フィリピンにおける四輪車生産・販売拠点であるホンダカーズ・フィリピン・インコーポレーテッド(HCPI、本社:ラグナ州サンタロサ市、社長:高倉記行氏)は、2月22日、「フィリピンでの四輪車生産を2020年3月で終了する」と発表した。
ファーストフード・チェーン最大手のジョリビー・フーズ(JFC)は2月18日、2019年(1月~12月)の連結決算速報を発表した。2019年のJFCグループ全体の帰属純利益は14.4%減の63億3,400万ペソ(新会計基準PFRS16適用)と二桁減益となった。
出光興産(本社:東京都千代田区)は、2月17日、「フィリピンのブラカン州サンミゲル市における建設前段階の大規模ソーラー発電所プロジェクト(プロジェクト名:PowerSource First Bulacan Solar、発電規模:8万900kW、商業運転開始予定:2020年中)に参画する」と発表した。
フィリピン最大級の不動産企業であるアヤラランド(ALI)は、2月14日、2019年(1月~12月)の決算速報を発表した。2019年の総収入は前年比(以下同様)2%増の1,688億ペソ、純利益は13%増の332億ペソで、10年連続での最高益更新となった。
欧州系の国際的格付機関フィッチ・レーティングス(フィッチ)は、2月11日、「フィリピン共和国(フィリピン)の外貨建ておよび自国通貨建て長期発行体デフォルト格付(IDR)、外貨建ておよび自国通貨建て無担保優先債券の格付をトリプルB(BBB)に据え置くと発表した。
セブン銀行(本社:東京都千代田区)は、2月10日、「フィリピン子会社のPito AxM Platform社が、フィリピン最大手のコンビニエンスストアチェーン運営企業であるフィリピン・セブン社(本社:マニラ首都圏マンダルヨン市)との間で、フィリピン国内のセブン‐イレブン店舗でのATM設置・運営・保守事業等の展開を目的とした業務提携契約を締結した」と発表した。
三菱重工の100%子会社である三菱造船(本社:横浜市西区)が、日本のODAによって調達されるフィリピン沿岸警備隊(PCG)向け大型巡視船(94メートル級)2隻を受注した。
フィリピン自動車工業会(CAMPI)など工業会加盟企業、自動車輸入販売企業協会(AVID)加盟企業、非加盟独立系企業の合計から重複加盟分(フォードなど)を調整した2019年のフィリピン新車総販売台数は前年比3.7%増の約41万6,640台に達したと見られる。
フィリピンの高級車(プレミアム・オートモービル)市場において、2019年はBMWが位となった。
1月31日発表のヤクルト本社の決算補足説明資料によると、2019年1月1日~12月31日のフィリピンヤクルトの一日当り販売数量(速報値)は前年同期比3.5%増の319万6千本に達した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel