ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】19年の経常収支、4年連続の赤字(4.6億ドル)

【フィリピン経済ニュース】19年の経常収支、4年連続の赤字(4.6億ドル)

2020年3月23日

広告
広告
フィリピン中央銀行(BSP)は3月20日、国際通貨基金(IMF)の国際収支マニュアル第6版(BPM6)に準拠した、2019年第4四半期(10月~12月)及び年間(1月~12月)の国際総合収支(BOP)統計の詳細速報値を発表した。


第4四半期の経常収支は7億4,800米ドルの黒字に転換した。輸出が増加し輸入が減少したことに伴う貿易赤字縮小が継受収支の黒字転換に寄与した。第4四半期の国際総合収支は22億7,700万米ドルの黒字となったが前年同期から黒字幅が19.6%縮小した。金融収支の純流入の減少などが響いた。


2019年間では、経常収支は4億6,400万米ドルの赤字となったが、前年の赤字を87億7,300万平ドルからは約95%急減した。物資貿易赤字の縮小、サービス貿易、フィリピン人海外就労者(OFW)送金流入など第一次・第二次所得、資本移転等収支の黒字が寄与した。経常収支赤字の急減により国際総合収支は78億4,300万米ドルの黒字へと急改善した(前年は23億0,600万米ドルの赤字)。


  2019年は経常収支赤字急減、総合収支黒字転換という結果にはなった。しかし、輸入減少、特に近い将来の輸出に直結する原材料・中間財輸入の13.1%急減などによってもたらされた結果でもあり、手放しで評価できるものではないといえよう。


これらの結果、2019年12月末現在の外貨準備高(GIR)は878億米ドルとなり、前年同月末の792億米ドルを86億米ドル、率にして10.9%上回った。輸入の7.8カ月分、元本ベース短期対外負債の5.1倍、残存ベース短期対外負債の3.9倍に相当する水準である。


  [国際総合収支発表について] 中央銀行は国際収支(BOP)積み上げ方式統計に関して、2003年10月にそれまでの毎月発表から四半期毎の発表へ変更することを決定した。これは、統計内容の確認、モニター、調整を強化し、より精度の高い統計を発表することが目的である。ただし中央銀行は、毎月、純外貨準備高(NIR)変動から算出した国際総合収支推計速報値を発表している。ちなみに、BSPは2月19日に、「2020年1月の月間国際総合収支は13億5,500万米ドルの赤字であった」と発表している。


  [対外収支の長期的な動き] フィリピンの貿易収支は慢性的大幅赤字であるものの、経常収支はOFW送金効果などで2003年に黒字転換した後、黒字拡大基調が続き、2013年には113億8,400万米ドル(対GDP比4.2%)という史上最高の黒字を記録、2015年まで13年連続で黒字を継続してきた。しかし、2016年に11億9,900万米ドルの赤字に転落、黒字継続が途切れてしまった。そして、2017年、2018年、2019年と4年連続の赤字となってしまった。すなわち、OFW送金効果で経常収支黒字継続という長年続いていたフィリピン経済の強みが、4年連続で消えている状況は要注意といえよう。


  一方、国際総合収支も2005年から2013年まで9年連続で黒字が続いたが、2014年に28億5,800万米ドルの赤字に転落した。2015年には一旦黒字に復帰したが、2016年、2017年、2018年連続の赤字となってしまった。2019年は輸入の減少などで黒字転換した。OFW送金は底堅く推移しているが、今後、物資貿易収支赤字をどの程度カバーしていくか、その結果として対外収支がどのように推移していくかが注目される。  

 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピン証券取引所(PSE)における株式類取引は3月19日に再開することが認められた。ただし、取引終了時間は、通常の15時30分ではなく、13時へと短縮(ただし昼休憩の中断なし)される。
在フィリピン日本国大使館は、3月17日、「フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について(その15:ルソン地域全域へのコミュニティー隔離措置等)というタイトルの感染症情報を発出した。
フィリピンでも新型コロナウイルス(COVID-19)感染が急ピッチで拡大しはじめており、政府や各地方自治体が大胆な感染対策防止策が打ち出された。先週後半以降に打ち出された施策は以下のようなものである。
ドゥテルテ大統領は、国内の新型コロナウイルス(Covid-19)感染者が52人に増えたことから、12日夜、警戒レベルを最高のコード・レッド・サブレベル2に引き上げた。
在フィリピン日本大使館などによると、フィリピン保健省(DOH)は、3月6日、フィリピンでの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症例2例、3月7日に症例1例を追加確認し、フィリピン国内の症例が累計で6件となったことを発表した。
大型カジノリゾート「ソレア・リゾート&カジノ」(ソレア)を運営するブルームベリーの2019年(1月-12月)の連結決算では、純利益が38%増の99億ペソと二桁の増収増益になった。
日産自動車(本社:神奈川県横浜市)の電気自動車(EV)が、今年フィリピンで発売される見込みである。
フィリピンの代表的株価指数であるフィリピン証券取引所指数(PSEi)の2020年2月末(28日)終値は6,787.91ポイントとなり、前月末と比べて5.73%下落。年初2カ月間では13.15%の大幅下落となった。
口コミとランキングで見つかる世界最大の旅行プラットフォーム「Tripadvisor」(トリップアドバイザー、本社:マサチューセッツ州ニーダム、日本語版サイト: www.tripadvisor.jp)は、2月25日、2020トラベラーズチョイスアワードの観光地ランキングを発表した。本年から新たに発表された『注目の観光地』の2位にフィリピンのルソン島が選出された。
日本政府観光局(JNTO)は2月19日、2020年1月の訪日外客数推計値を発表した。フィリピンは前年同月比48.9%増の5万3,600人となり、1月として過去最高を記録。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel