ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > ソレア運営のブルームベリー、19年は38%増益

ソレア運営のブルームベリー、19年は38%増益

2020年3月5日

広告
広告
フィリピン政府は、国家プロジェクトとして観光事業を強力に推進することを目的に、マニラ湾岸沿いに「マニラベイ・エンターテインメントシティー」を創設しつつある。そこでは、日本のユニバーサルエンターテインメント・グループを含む4グループのカジノ複合リゾート施設の開発が行われたり、行われつつある。


その4グループの一つが当地最大の港湾企業インターナショナル・コンテナ・ターミナル・サービシズ(ICTSI)の総帥エンリケ・ラソン氏傘下のブルームベリー・リゾーツ(ブルームベリー)である。ブルームベリーによる大型カジノリゾート「ソレア・リゾート&カジノ」(ソレア)が、2013年3月、「マニラベイ・エンターテインメントシティー」の第1号カジノリゾートとして開業した。


このブルームベリーが、3月4日、2019年(1月-12月)の連結決算を発表した。それによると、ブルームベリー・グループの2019年の純収入は前年比(以下同様)22%増の466億ペソ、ソレアの堅調な業績に支えられた。EBITDA(金利・税金・償却前利益)は33%増の198億ペソ、純利益は38%増の99億ペソと二桁の増収増益になった。営業費用は13%増の265億ペソ。継続的な費用効率向上の取り組みにより、純収入の伸び率より低く抑えることができた。


ソレアの総カジノ収入(GGR)は17%増の598億ペソに達した。VIP及びマスゲーミングセグメントが成長を牽引した。ソレアのVIPテーブルは20%増の262億ペソ、マステーブルは10%増の167億ペソ、スロットマシン(EGM)は21%増の168億ペソと、軒並み二桁の増加となった。ホテル・飲食・小売りなど非カジノ収入は23%増の80億ペソ。ホテル稼働率は90.5%と前年の92.6%を下回ったが、依然高稼働率と言える。ブルームベリーは、ソレアのほか、韓国済州島にチェジュ・サン・ホテル&カジノ(Jeju Sun)を運営している(20年3月4日のフィリピン証券取引所回覧01376-2020号などより)。


なお、「マニラベイ・エンターテインメントシティー」において、2016年末にソフトオープンした3軒目のカジノリゾート「オカダ・マニラ」が急成長している。「オカダ・マニラ」を運営するタイガーリゾート・レジャー&エンターテインメント社(TRLEI)の2019年の総売上高は前年比46%増の423億8,100万ペソ、そのうち、カジノ収入は46%増の397億9,400万ペソに達した。営業損益段階ではまだ赤字が残っているが、増収率はソレアを大幅に上回った。


このように、競合が激しくなっていることに加え、2020年は、世界的な新型コロナウイルス感染問題で、訪問客数、特に中国人の訪問が減少する懸念がある。チャレンジングな年となることが予想される。

 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピンの代表的株価指数であるフィリピン証券取引所指数(PSEi)の2020年2月末(28日)終値は6,787.91ポイントとなり、前月末と比べて5.73%下落。年初2カ月間では13.15%の大幅下落となった。
口コミとランキングで見つかる世界最大の旅行プラットフォーム「Tripadvisor」(トリップアドバイザー、本社:マサチューセッツ州ニーダム、日本語版サイト: www.tripadvisor.jp)は、2月25日、2020トラベラーズチョイスアワードの観光地ランキングを発表した。本年から新たに発表された『注目の観光地』の2位にフィリピンのルソン島が選出された。
日本政府観光局(JNTO)は2月19日、2020年1月の訪日外客数推計値を発表した。フィリピンは前年同月比48.9%増の5万3,600人となり、1月として過去最高を記録。
本田技研工業(ホンダ)と、フィリピンにおける四輪車生産・販売拠点であるホンダカーズ・フィリピン・インコーポレーテッド(HCPI、本社:ラグナ州サンタロサ市、社長:高倉記行氏)は、2月22日、「フィリピンでの四輪車生産を2020年3月で終了する」と発表した。
ファーストフード・チェーン最大手のジョリビー・フーズ(JFC)は2月18日、2019年(1月~12月)の連結決算速報を発表した。2019年のJFCグループ全体の帰属純利益は14.4%減の63億3,400万ペソ(新会計基準PFRS16適用)と二桁減益となった。
出光興産(本社:東京都千代田区)は、2月17日、「フィリピンのブラカン州サンミゲル市における建設前段階の大規模ソーラー発電所プロジェクト(プロジェクト名:PowerSource First Bulacan Solar、発電規模:8万900kW、商業運転開始予定:2020年中)に参画する」と発表した。
フィリピン最大級の不動産企業であるアヤラランド(ALI)は、2月14日、2019年(1月~12月)の決算速報を発表した。2019年の総収入は前年比(以下同様)2%増の1,688億ペソ、純利益は13%増の332億ペソで、10年連続での最高益更新となった。
欧州系の国際的格付機関フィッチ・レーティングス(フィッチ)は、2月11日、「フィリピン共和国(フィリピン)の外貨建ておよび自国通貨建て長期発行体デフォルト格付(IDR)、外貨建ておよび自国通貨建て無担保優先債券の格付をトリプルB(BBB)に据え置くと発表した。
セブン銀行(本社:東京都千代田区)は、2月10日、「フィリピン子会社のPito AxM Platform社が、フィリピン最大手のコンビニエンスストアチェーン運営企業であるフィリピン・セブン社(本社:マニラ首都圏マンダルヨン市)との間で、フィリピン国内のセブン‐イレブン店舗でのATM設置・運営・保守事業等の展開を目的とした業務提携契約を締結した」と発表した。
三菱重工の100%子会社である三菱造船(本社:横浜市西区)が、日本のODAによって調達されるフィリピン沿岸警備隊(PCG)向け大型巡視船(94メートル級)2隻を受注した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel