ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 比が公衆衛生緊急事態を宣言、新型コロナに対応

比が公衆衛生緊急事態を宣言、新型コロナに対応

2020年3月9日

広告
広告
在フィリピン日本大使館などによると、フィリピン保健省(DOH)は、3月6日、フィリピンでの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症例2例、3月7日に症例1例を追加確認し、フィリピン国内の症例が累計で6件となったことを発表した。発表の概要は次のとおり


(1)4例目の症例:日本への渡航歴のある48歳、フィリピン人男性。2月25日にフィリピンに戻り、3月3日、悪寒と発熱があったため病院で診察し検査したところ、3月5日にCOVID-19陽性であることを確認した。現在は熱帯医学研究所に入院し、状態は安定している。 この男性は、世界的な会計・コンサルティングサービス企業であるデロイトの現地法人デロイト・フィリピン(比デロイト)の職員である。比デロイトはマニラ首都圏タギグ市のボニファシオ・グローバルシティー(BGC)のNEO6ビル(旧名:NETリマ)とNEO7ビル(旧名:NETパーク)に立地している。比デロイトは、3月7日から8日にかけて、上記男性の感染確認を発表するとともに、3月9日は、NEO6ビルとNEO7ビルのオフィスを閉鎖すると表明した。


(2)5例目の症例:国外への旅行歴がない、高血圧と糖尿病の既往歴のある62歳、フィリピン人男性。2月25日に咳があったため3月4日に検体を採取し、3月5日にCOVID-19陽性であることを確認した。外国への渡航は確認されていないこの男性は、サンファン市のバランガイ・グリーンヒルズにあるイスラム教徒の礼拝堂を定期的に訪れていた。同礼拝堂を訪問し、かつ、発熱や呼吸器症状がある人は、適切な医療施設を照会するため、DOHホットライン(02)8651-7800、内線1149、1150に連絡されたし。


(3)6例目の症状:上記5例目の妻であり咳症状があるため3月5日より熱帯医学研究所に入院した後、感染が確認された。現在、容態は安定している。


また、日本とフィリピンの保健当局は、次のようなフィリピン渡航歴のあるCOVID-19の患者について発表している。 (1)ベトナム、カンボジア、フィリピン等に滞在し(フィリピン滞在は2月21日から2月28日まで)、3月4日に日本に帰国した40代の男性 (2)2月20日から28日までフィリピンに滞在し、2月28日に日本に帰国した30代の男性(3月5日付け京都府報道発表参照) (3)2月28日から3月3日までフィリピンに滞在した台湾人男性(3月6日付けフィリピン保健省報道発表参照) (4)オーストラリアのシドニー在住の女性。2月13日にマニラ、パンガシナンを訪問し、3月2日にフィリピンを出発した。


なお、DOHは、フィリピン国内での局所的な感染を確認したとして、COVID-19アラートシステムをCode Red sublevel 1 に引き上げた。この措置は、地方自治体や官民医療関係者が感染疑い例や感染者の増加に備えるためのものであり、これにより医療対策が強化される。


このように、フィリピンでもCOVID-19の感染が拡がり始めたことを受けて、ドゥテルテ大統領は、3月7日、「国家公衆衛生緊急事態」を宣言すると表明した。

 
広告
広告
広告

その他の記事

日産自動車(本社:神奈川県横浜市)の電気自動車(EV)が、今年フィリピンで発売される見込みである。
フィリピンの代表的株価指数であるフィリピン証券取引所指数(PSEi)の2020年2月末(28日)終値は6,787.91ポイントとなり、前月末と比べて5.73%下落。年初2カ月間では13.15%の大幅下落となった。
口コミとランキングで見つかる世界最大の旅行プラットフォーム「Tripadvisor」(トリップアドバイザー、本社:マサチューセッツ州ニーダム、日本語版サイト: www.tripadvisor.jp)は、2月25日、2020トラベラーズチョイスアワードの観光地ランキングを発表した。本年から新たに発表された『注目の観光地』の2位にフィリピンのルソン島が選出された。
日本政府観光局(JNTO)は2月19日、2020年1月の訪日外客数推計値を発表した。フィリピンは前年同月比48.9%増の5万3,600人となり、1月として過去最高を記録。
本田技研工業(ホンダ)と、フィリピンにおける四輪車生産・販売拠点であるホンダカーズ・フィリピン・インコーポレーテッド(HCPI、本社:ラグナ州サンタロサ市、社長:高倉記行氏)は、2月22日、「フィリピンでの四輪車生産を2020年3月で終了する」と発表した。
ファーストフード・チェーン最大手のジョリビー・フーズ(JFC)は2月18日、2019年(1月~12月)の連結決算速報を発表した。2019年のJFCグループ全体の帰属純利益は14.4%減の63億3,400万ペソ(新会計基準PFRS16適用)と二桁減益となった。
出光興産(本社:東京都千代田区)は、2月17日、「フィリピンのブラカン州サンミゲル市における建設前段階の大規模ソーラー発電所プロジェクト(プロジェクト名:PowerSource First Bulacan Solar、発電規模:8万900kW、商業運転開始予定:2020年中)に参画する」と発表した。
フィリピン最大級の不動産企業であるアヤラランド(ALI)は、2月14日、2019年(1月~12月)の決算速報を発表した。2019年の総収入は前年比(以下同様)2%増の1,688億ペソ、純利益は13%増の332億ペソで、10年連続での最高益更新となった。
欧州系の国際的格付機関フィッチ・レーティングス(フィッチ)は、2月11日、「フィリピン共和国(フィリピン)の外貨建ておよび自国通貨建て長期発行体デフォルト格付(IDR)、外貨建ておよび自国通貨建て無担保優先債券の格付をトリプルB(BBB)に据え置くと発表した。
セブン銀行(本社:東京都千代田区)は、2月10日、「フィリピン子会社のPito AxM Platform社が、フィリピン最大手のコンビニエンスストアチェーン運営企業であるフィリピン・セブン社(本社:マニラ首都圏マンダルヨン市)との間で、フィリピン国内のセブン‐イレブン店舗でのATM設置・運営・保守事業等の展開を目的とした業務提携契約を締結した」と発表した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel