ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】台風1号発生、週末フィリピン上陸・横断見込み

【フィリピン経済ニュース】台風1号発生、週末フィリピン上陸・横断見込み

2020年5月13日

ミンダナオ島の東で発生した熱帯低気圧が、5月12日午後9時(日本時間、以下同様)、2020年台風1号(国際名:ヴォンフォン)へと発達した。台風発生は、2019年12月末の台風29号以来で、約4カ月半ぶりのことである。

日本気象庁の5月13日午前3時50分の発表によると、台風1号は13日午前3時現在、フィリピンの東にあって、中心位置は北緯11度25分、東経129度10分、ゆっくりと北に向かっている。中心気圧は998ヘクトパスカル(hPa)、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルとなっている。

今後、台風1号は徐々に発達しながら西寄りに進み、暴風域を伴う強い勢力に発達、15日から16日にかけて、フィリピンのルソン地域やビサヤ地域に接近・上陸・横断し、17日朝にはフィリピン北方のバシー海峡周辺、18日朝には沖縄の南に到達していると予想される。そして、すでに梅雨入りしている沖縄や奄美で、梅雨前線を活発化させ大雨を降らせる可能性もある。

日本気象協会などによると、5月以降に台風1号が発生するのは4年ぶりのことである。統計のある1951年以降、台風1号の発生は平均すると3月頃であり、5月以降にずれ込んだのは、かなり遅い部類で、統計史上8番目に遅い記録とのことである。ちなみに、2019年の台風1号は年明け早々の1月1日午後3時に南シナ海で発生した。

国際名「ヴォンフォン」は、マカオが用意した名前で意味は「すずめ蜂」である。台風の名前は、「台風委員会」(日本含む14カ国等が加盟)で各加盟国などの提案した名前が、あらかじめ140用意されていて、発生順につけられる。準備された140を繰り返して使用(140番目の次は1番目に戻る)されるが、大きな災害をもたらした台風などがあると、加盟国からの要請によって、その名前を以後の台風では使用しないように別の名前に変更することがある。

 

その他の記事

トヨタ自動車は、5月8日、「フィリピンで新型コロナウイルス感染症の診断・治療などに携わる医療従事者向けのオンデマンド送迎サービスを開始する」と発表した。

フィリピン統計庁(PSA)発表の速報値によると、2020年第1四半期(1月~3月)の国内総生産(GDP)実質成長率は前年同期比(以下、同様)-0.2%となり、前年同期の5.7%、前期(2019年第4四半期)の6.7%から急悪化した。

フィリピン統計庁(PSA)発表の2020年3月の物資貿易統計速報によると、3月の貿易総額は前年同月比25.7%減の114億4,200万米ドル(速報値)であった。

フィリピンのドゥテルテ大統領は5月5日、水道企業の事業権更新に前向きな方針を示すとともに、アヤラグループやMPICグループに対して、新型コロナウイルス対策への多大なる協力に謝意を表するとともに、これまでの強硬な姿勢に関して謝罪した。

有力銀行のリサール商業銀行(RCBC)が、5月4日、2020年第1四半期(1月~3月)の決算速報を発表した。

フィリピンの代表的株価指数であるフィリピン証券取引所指数(PSEi)の2020年4月末終値は5,700.71ポイントとなり、3月末と比べて7.13%の大幅反発となった。

フィリピン最大の格安航空(LCC)最大手であるセブ航空(CEB、ブランド名:セブ・パシフィック航空))が、4月29日、2020年第1四半期(1月~3月)の事業報…続きを読む

三菱UFJ銀行(MUFGB)が20%出資する有力拡大商業銀行であるセキュリティバンク(SECB)が、4月28日、2020年第1四半期(1月~3月)の決算速報を発表した。

4月25日付けフィリピン政府通信社オンラインニュースによると、フィリピン政府は、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の治療の可能性がある日本の抗ウイルス薬「アビガン(一般名:ファビピラビル)」のCOVID-19感染症治療の臨床試験に関して、日本政府と連携するための初期的交渉段階に入ったとのことである。

アヤラ財閥傘下の有力銀行バンク・オブ・ザ・フィリピン・アイランズ(BPI)が、4月23日、2020年第1四半期の決算速報を発表した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you