ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】2020年の旅行・観光産業成長率、マイナス61%

【フィリピン経済ニュース】2020年の旅行・観光産業成長率、マイナス61%

2021年6月17日

フィリピン統計庁(PSA)は6月16日、2020年のフィリピン旅行・観光産業の動向を発表した。それによると、2020年の旅行・観光直接粗付加価値額(TDGVA:名目ベース、以下同様)は前年比61.2%減の9,733億1,000万ペソと激減し、伸び率で記録の残る2000年以降で最悪、名目GDP(国内総生産)に対する寄与度も5.4%と2000年以降で最低となった。


  2020年、観光・旅行業界は、全面的に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響を受けた。2020年のインバウンド消費(訪比外国人・在外フィリピン人の国内観光における支出)は、前年比77.9%減の1,326億ペソと激減し、過去最悪の減少率を記録した。また、2020年のフィリピン輸出総額4兆5,184億ペソに占めるインバウン消費のシェアは2.9%と最も少なかった(前年のシェアは10.8%)。


フィリピン国民及び居住者による国内旅行・観光消費(海外旅行に付随して国内で支出するものも含め)は前年比82.3%減の5,569億ペソ。家計最終消費支出に占めるシェアは4.1%(前年のシェアは22.0%)。


一方、旅行・観光産業における雇用者数は推定468万人で、前年(572万人)から18.1%減少、国内の総雇用者数の11.9%を占めた。


以上の数値は国際基準に沿ったものであり、フィリピン観光サテライト勘定(PTSA)の最新データに基づいて見直しされている。PTSAはフィリピン統計庁(PSA)が観光省(DOT)、PSA観光統計省庁間委員会の協力を得て作成されている。

 

その他の記事

フィリピンでのお困りごとをご相談ください。
2021年7月29日より配送開始予定。先行予約受付中! 先行予約50名限定募集 *初回台数に限りがあります。ご予約はお早めに!
あなたのお部屋大丈夫? お風呂場のカビや、虫、排水タンク周りの汚れがこんな状態に。   \そんな皆さまに!政争のプロが徹底清掃、消毒で快適な住空間をよ...続きを読む
グロリエッタジャパンタウンに登場! ここはマニラの道頓堀!
日本品質の樽詰生 大好評 一番搾り 大好評!デリバリーサービス 電話・オンライン注文で、ご自宅・オフィスにキリン一番搾り(びん・缶)をお届けします!
おいしさの感動を 健康の歓びを 生命の輝きを Glicoグループは、ハート・ヘルス・ライフのフィールドでいきいきとした生活づくりに貢献します。Glicoのスピリットは、「創る・楽しむ・わくわくさせる」。企業理念を実現するために、創ることを精一杯楽しみ、創意に満ちたチャレンジを続けていきます。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー