ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】野村、BDOとの合弁オンライン証券撤退へ

【フィリピン経済ニュース】野村、BDOとの合弁オンライン証券撤退へ

2020年6月24日

広告
広告
野村ホールディングス(野村)は、6月23日、「子会社であるノムラ アジア インベストメント(シンガポール)社が保有するBDOノムラ証券株式49%を、合弁相手のBDOユニバンク(BDO)へ全て売却することに関し、基本事項に合意した。ただし、今後の協議および最終的な合意ならびに規制当局による承認を前提としている」と発表した。  


野村は2016年、フィリピンの最大銀行BDO(本店:マニラ首都圏マカティ市)との合弁証券会社であるBDOノムラ証券を通じて、フィリピン証券取引所(PSE)上場企業の株式オンライン取引サービスを開始した。  


当時野村は、「総資産規模等においてフィリピン最大の金融機関であるBDOと協業することにより現地資本市場の発展に貢献するとともに、フィリピンにおける収益基盤の構築、および野村グループのプレゼンスの向上を図る。そして、高い成長が期待できるフィリピン・オンショア市場でのビジネスを拡大することにより、アジアにおけるホールセール及びリテールビジネスの相乗効果の更なる創出を目指す」と表明していたが、今回の合弁解消決定という結果となった。


一方、大和証券グループ本社(大和証券グループ)は、2017年4月、フィリピンにおけるオンライン証券(ネット証券)業務のリーディングカンパニーであるCOLフィナンシャルズ・グループ(COL、本社:マニラ首都圏パシグ市)の株式14.9%を取得した。COLは1999年に設立され、フィリピンにおけるオンライン証券口座数で最大のシェアを占めている。  


ちなみに、PSEによると、2018年末の株式取引口座(証券口座)数は、前年末比25.4%増の108万9,443に達した。そのうち、オンライン証券口座数が同60.9%増の62万5,763へと急増、全体の57%を占めるに至った(前年末は45%)。

 
広告
広告
広告

その他の記事

トヨタ自動車のフィリピン拠点であるトヨタモーター・フィリピン(TMP、所在地:ラグーナ州サンタロサ市)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックにおける医療従事者のモビリティニーズに対処するフィリピン政府の取り組みを支援するため、6月16日、フィリピン保健省(DOH)との覚書に署名した。
アジア開発銀行(ADB)は、6月18日に、「アジア経済見通し(ADO)2020年補足版」を発表した。ADOはADBが毎年春(4月)に発表している代表的報告書の一つであるが、今回はその補足バージョンである。
6月15日、フィリピン証券取引所(PSE)中小新興企業(SME)ボードに、小売企業であるメリーマート・コンシューマーコープ(メリーマート、取引コードMM)が新規上場された。株価は初日から3日連続でのストップ高が続いた。
 6月16日付けフィリピン政府通信社オンラインニュースによると、ドゥテルテ大統領は、6月30日迄、マニラ首都圏に「一般的コミュニティー隔離」(GCQ)の適用を継続し、一方セブ市をGCQから「強化されたコミュニティー隔離」(ECQ)に戻した。
日本格付研究所(JCR)は、6月12日、セキュリティバンクの外貨建長期発行体格付を、これまでのトリプルBプラス(BBB+)からAマイナス(A-)へと一段階引き上げた。
トヨタ自動車のフィリピン拠点であるトヨタモーター・フィリピン(TMP、所在地:ラグーナ州サンタロサ市)は、6月15日、ミニハッチバック「Wigo」新型車の発表会を開催する。
フィリピン証券取引所(PSE)に、小売企業であるメリーマート コンシューマー(メリーマート)が新規上場される。
6月8日、フィリピン・マニラにおいて、羽田浩二駐フィリピン日本国特命全権大使とテオドロ・L・ロクシン・フィリピン共和国外務大臣との間で、円借款2件及び無償資金協力3件に関する交換公文の署名が行われた
フィリピン航空(PAL)の持株会社であるPALホールディングス(PALHD)が、6月5日、2020年第1四半期(1月~3月)の事業報告書を開示した。
カジノ・ゲーミング事業を管轄するフィリピン・アミューズメント&ゲーミング・コーポレーション(PAGCOR=賭博公社)は新型コロナ対策委員会に対して、カジノの早期再開承認を要請しています。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー