ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】上半期のBOI投資認可額、倍増の6,453億ペソに

【フィリピン経済ニュース】上半期のBOI投資認可額、倍増の6,453億ペソに

2020年7月15日

広告
広告
フィリピン貿易産業省(DTI)によると、投資委員会(BOI)による2020年上半期(1月~6月)の累計投資認可額は前年同期比112%増(約2.1倍)の6,453億ペソと急増した。


このうち国内資本の投資認可額は166%増の6,267億ペソ、外資投資認可額は73%減の186億ペソ。


業種別では、建設・インフラ部門が5,308億ペソと首位。次いで輸送・倉庫部門の867億ペソ(前年同期98億ペソ)、不動産部門の90億ペソ(同77億ペソ)など。また、再生可能エネルギー/発電部門は66億ペソ、製造部門は53億ペソ、宿泊業/観光部門は38億ペソ。合計96案件が認可され、これらの事業から最終的に2万7,082人分の雇用創出が見込まれる(前年同期は1万7,214人)。


外資投資の上位5カ国は、フランスが15億ペソでトップ、次いでオランダ(10億6,000万ペソ)、日本(7億9,000万ペソ)、マレーシア(6億0,100万ペソ)、インド(3億2,900万ペソ)。


最近認可された投資案件は、サンミゲル・アエロシティ社(San Miguel Aerocity Inc.)のブラカン新国際空港事業(5,308億ペソ)、シーオイル(Seaoil)のラ・ウニオン州における川下石油事業(6億5,400万ペソ)、ギガソル3(Gigasol3 Inc.)の中央ルソン地域における63MW太陽光発電事業(24億ペソ)、ロイヤル・コールド・ストレージ・ノース社(Royale Gold Storage North Inc.)のラグーナ州における倉庫施設事業(15億ペソ)、ハイネケン・インターナショナル(Heineken International BV)のマニラ首都圏のおける醸造プラント事業(10億ペソ)などがある。


地域別では、ブラカン州におけるサンミゲルの空港事業を抱える中央ルソン地域が5,381億ペソで首位。次いで首都圏(NCR)854億ペソ、カラバルソン地域92億ペソ、ダバオ地域46億ペソ、北ミンダナオ地域32億ペソ。


ロペス貿易産業相は、「COVID-19パンデミックにもかかわらず、力強い回復はフィリピンの回復力を示してる。強化されたコミュニティー隔離(ECQ)措置により第2四半期は第1四半期のGDP成長率が低下すると予想されるが、経済が安定し好調にもどっているという兆しはある」との見解を示した。

 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、7月8日新たに過去最高の2,486例増加し、8日現在で、累計5万0,359人となった。
大手商業銀行であるメトロポリタンバンク&トラスト(メトロバンク)グループの持株会社GTキャピタル・ホールディングス(GTCAP)が自動車事業を強化してきている。
フィリピンの損害保険(損保)業界は、2019年まで順調に拡大してきている。フィリピンの保険委員会(IC)速報値によると、2019年(1月~12月)の損害保険(損保)保険業界の正味保険料収入は15.7%増の588億2千万ペソであった。個別企業ベースでは引き続き、日系の出資・提携企業が純利益、保険料収入、総資産、純資産などで上位を占め、業界発展を主導してきている。個別動向は以下のとおり。
フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、7月4日新たに1,494例増加、前日の1,531増に続く連続急増となった。
ドゥテルテ大統領は、7月3日、「2020年反テロ法(共和国法11479号)」(反テロ法)に署名した。反テロ法は6月9日に議会を通過、今回の署名で成立、公告から15日後に発効となる
フィリピンのコンビニエンス業界首位のセブン-イレブンを運営するフィリピン・セブン・コーポレーション(PSC、比セブン)は、新型コロナウイルス感染拡大やその対策としての地域隔離措置の影響で苦境にあるフランチャイズ加盟店支援のための7億1,100万ペソのパンデミック・サポートプログラム(PSP)を開始した。
モビリティIoTのベンチャー企業であるグローバルモビリティサービス(GMS、本社:東京都港区)は、6月29日、「GMSと大日本印刷(本社:東京都新宿区)は、急速な経済成長を続けているフィリピンをはじめとして東南アジアにおける物流課題の解決を目指して、両社が事業開発に取り組む物流配送マッチングサービスが『MaaS & Innovative Business Model AWARD (MaaSアワード)2020』のビジネスモデル部門で優秀賞を受賞した」と発表した。
フィリピン貿易産業省によると、マスク専門メーカーである横井定(本社:名古屋市瑞穂区)は、フィリピン事業を拡大、フェイスマスクの現在の生産能力を倍増する計画を発表した。また、中国からの原料輸入依存度を低下すべく、マスク用の不織布とイヤループの原料の製造を開始する予定である。
国際通貨基金(IMF)は、6月24日に、世界経済見通し(WEO)2020年4月号の改訂版を発表した。
 野村ホールディングス(野村)は、6月23日、「子会社であるノムラ アジア インベストメント(シンガポール)社が保有するBDOノムラ証券株式49%を、合弁相手のBDOユニバンク(BDO)へ全て売却することに関し、基本事項に合意した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel