ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】新車総販売台数、9カ月間で26%増の20万5千台

【フィリピン経済ニュース】新車総販売台数、9カ月間で26%増の20万5千台

2021年10月27日

2021年のフィリピンの新車販売は、長引く新型コロナウイルスパンデミックや感染力の強い変異株出現など環境は依然厳しいが、非常に不振であった2020年との比較では二桁増加ペースとなっている。

 

先頃フィリピン自動車工業会(CAMPI)とトラック工業会(TMA)は、「2021年9カ月間の国内四輪車新車販売台数(CAMPIとTMA加盟企業分:以下、工業会加盟企業分と記す)は、前年同期比(以下同様)29.5%増の19万1,605台に達した」と発表した。車種別では、乗用車が38.3%増の6万0,982台(構成比31.8%)、商用車は25.7%増の13万0,623台(構成比68.2%)とそれぞれ二桁増加した。

 

フィリピン新車販売台数として、この工業会加盟企業分が使われることも多いが、CAMPIを脱退している韓国系の現代アジア リソース(HARI、現代車輸入販売企業)分などを含まないベースである。HARIは、自動車輸入販売企業協会(AVID)に加盟している。スズキやフォードは、CAMPIとAVID双方に加盟している。

 

AVIDは、「AVID加盟企業の2021年9カ月間の新車販売台数は26%増の4万3,957台に達した」と発表した。車種別では、乗用車が1%減の1万1,596台、小型商用車(LCV)が37%増の3万1,444台、商用車が311%増(約4.1倍)の917台であった。

 

自動車専門誌トップギア・フィリピンによると、工業会加盟企業分とAVID加盟企業分の合計から重複加盟分(フォードやスズキなど)を調整し、非加盟独立系企業分を加えた2021年9カ月間のフィリピン四輪車新車総販売台数は26.1%増の20万5,078台であったと試算される。

 

2021年9カ月間の総販売台数ブランド別シェア首位は、トヨタの45.0%(9万2,318台)で断トツ。次いで三菱自動車がシェア13.1%(2万6,830台)で第2位の座を維持した。3位はフォードでシェア7.2%(1万4,704台)、4位はスズキの7.0%(1万4,445台)、5位は日産自動車の6.5%(1万3,235台)であった。

 

以下、6位はいすゞの5.0%(1万0,336台)、7位はホンダの4.4%(9,067台)、8位が現代の3.7%(7,532台)と続く。双日ジーオートフィリピン(SGAP、本社:マニラ首都圏ケソン市)が販売する中国の吉利ブランド車が1.9%(3,818台)で業界第9位へと更に上昇したことが注目される。10位は起亜の1.3%(2,690台)であった。

 

CAMPIは、現時点で、2021年の新車総販売台数(工業会非加盟企業分も含む)を約20%増の29万5,400台と見込んでいる。

 

その他の記事

フィリピンでの潤滑油のお悩みは何でも出光にご相談ください
(油種統一、使用量削減、ロングライフ等)

オフィスの設立、拡張、移転に関するご相談はOFFICE PROへ。
OFFICE PROはオフィス物件に特化した日系の不動産会社です。

リノ・ハピアBGCは長年培ってきた大規模修繕工事におけるデータサービスに特化した事業を展開しています。主にCADを用いてトレース、外壁調査図やカラーシミュレーション、SDCADを用いた積算業務など、お客様の大切な資産を守るためのお手伝いをいたします。

2021年4月 Fuji Xerox PhilippinesはFUJIFILM Business Innovation Philippinesとしてスタートしました。

開発~運用×マーケティング~サポートなどトータルにデザイン。

フィリピンのレーザー板金加工は一貫したプロセス管理により、少量/多品種/超短納期が可能です。

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you