ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 阪急阪神不動産、戸建て分譲住宅事業推進

阪急阪神不動産、戸建て分譲住宅事業推進

2019年12月6日

広告
広告

阪急阪神不動産(本社:大阪市北区)は、フィリピンの住宅デベロッパーであるPA アルバレス プロパティーズ(PA社、本社:ラグーナ州)と協働でフィリピンにおける戸建て分譲住宅事業を推進している。

阪急阪神不動産は、2017年、フィリピンの住宅デベロッパーであるPAアルバレス プロパティーズ(PA社、本社:ラグーナ州)が推進するカビテ州ダスマリニャス市における戸建分譲住宅事業「イデシア ダスマリニャス」(919戸、2017年12月に販売開始)に参画した。 このプロジェクトは、阪急不動産にとってフィリピンでの初の住宅事業であり、ベトナム・タイに続く3カ国目の海外進出となった。協働事業第2号案件である「イデシア ダスマリニャス フェーズ2」(997戸)、第3号案件である「イデシア リパ」(1,154戸)は2019年初に着工、2021年竣工と予定されている。

阪急阪神不動産は、12月5日、協働事業第4号「イデシア カブヤオ」(286戸)、第5号「イデシア サンホセデルモンテ」(1,437戸)を開始すると発表した。第3号までのプロジェクトとの累計では、阪急阪神不動産のフィリピンでの戸建て分譲住宅事業での参画戸数4,000戸超となる。
 
第4号の「イデシア カブヤオ」は、マニラ中心部から南方30キロ強のラグーナ州カブヤオ市で開発される。カブヤオ市は、マニラ中心部やその近郊の工業団地で働く人々のベットタウンとなっている。同市内では、共同事業者であるPA社が既に1万戸以上の住宅開発・販売を行っており、また今後、学校・病院・商業施設も近接地に開発される予定であることから、将来的にも住宅需要が十分に見込まれるエリアである。

第5号の「イデシア サンホセデルモンテ」は、マニラ首都圏ケソン市の北方20キロ弱に位置するブラカン州サンホセデルモンテ市で開発される。同市やマニラ中心部(マカティ市、オルティガス地区)への通勤者が多いエリアである。また、商業施設や市役所のあるサンホセデルモンテ市の中心部に近く、利便性の高い立地でもある。

<「イデシア カブヤオ」の概要>
【プロジェクト名称】(仮称)Idesia Cabuyao(イデシア カブヤオ)
【用途】戸建・タウンハウス
【建設地】ラグーナ州カブヤオ市
【竣工予定】2021年(工事着手は2020年1月を予定)
【開発面積】約4ヘクタール
【総戸数】286戸(戸建:101戸、タウンハウス:185戸)
【平均専有面積】戸建:土地112平米で建物52平米、タウンハウス:土地50.80平米で建物42平米
【予定総事業費】約5億ペソ(約11億円)

<イデシア サンホセデルモンテ>の概要
【プロジェクト名称】Idesia San Jose Del Monte(イデシア サンホセデルモンテ)
【用途】戸建・タウンハウス
【建設地】ブラカン州サンホセデルモンテ市
【竣工予定】2022年(工事着手は 2020年9月を予定)
【開発面積】約16ヘクタール
【総戸数】1,437戸(戸建:313戸、タウンハウス:1,124戸)
【平均専有面積】戸建:土地86平米で建物52平米、タウンハウス:土地50.83平米で建物42平米
【予定総事業費】約26億ペソ(約54億円)

 
広告
広告
広告

その他の記事

比ユニクロは2019年11月29日に国内61号店(比ユニクロのウェブサイト表示による、一時閉鎖店も含む)となる「SMシティ・バギオ店」をオープンする。
中日本高速道路(NEXCO中日本、本社:名古屋市中区)は、11月20日、「フィリピン現地法人『NEXCO-CENTRAL Philippines Inc.(ネクスコ-セントラル フィリピン社)』を設立、事業を開始する」と発表した。
三菱地所は、今年8月、「マニラ首都圏に拠点を有するデベロッパー 『アルタランド、フィリピン証券取引所上場)』が推進するオフィスビル開発計画『Savya(サビヤ)ファイナンシャルセンター ノースタワー』プロジェクトに参画した」と発表した。
パナソニックのフィリピン拠点であるパソニックのパナソニック・マニュファクチャリング・フィリピンズ(PMPC、会計期末3月、PSE上場)は、11月14 日、2019年度上半期(2019年4月~9月)の事業報告書を公表した。
フィリピンを代表するコングロマリットとなったサンミゲル(SMC)が、11月8日、2019年9カ月間(1月~9月)の決算速報を発表した。  
鴻池運輸(本社:大阪市中央区)は、11月5日、「フィリピン最大級のグランドハンドリング企業『MacroAsia Airport Services Corporation (MASCORP、本社:マニラ市)』の株式20%を、その親会社でありルシオ・タン氏グループ企業である 『マクロアジア(MAC、フィリピン証券取引所上場、本社:マニラ市)』から譲受することで合意した」と発表した。
フィリピンの大手物流企業LBCエクスプレス・ホールディングス(LBC、フィリピン証券取引所上場)は、11月4日、日本の株式会社マーメイド(本社:東京都台東区)の全株式を20万米ドルで取得したと発表した。
ニッシンURCの業績が堅調に推移している。URCの事業報告書によると、ニッシンURCの2019年9カ月間(1月~9月)の売上高は前年同期比(以下同様)9%増の47億4,300万ペソ、EBITDA(税前・償却前・利払い前利益)は29%増の9億1,600万ペソ、純利益は31%増の5億7,900万ペソで二桁増益決算となった。
オンライン英会話など英語関連事業を運営するレアジョブ(本社:東京都渋谷区)は、10月24日、「フィリピンにて英語力評価(アセスメント)機能に特化した子会社RareJob English Assessment社を立ち上げる」と発表した。
ゴティアヌン財閥傘下の有力コングロマリットの一つフィルインベスト・ディベロップメント(FDC)の子会社であるフィルインベスト・アラバン(FAI)は、三菱商事(MC)と合弁事業契約を締結した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel