ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】マスクの横井定、フィリピン生産能力倍増へ

【フィリピン経済ニュース】マスクの横井定、フィリピン生産能力倍増へ

2020年6月29日

広告
広告
フィリピン貿易産業省によると、マスク専門メーカーである横井定(本社:名古屋市瑞穂区)は、フィリピン事業を拡大、フェイスマスクの現在の生産能力を倍増する計画を発表した。また、中国からの原料輸入依存度を低下すべく、マスク用の不織布とイヤループの原料の製造を開始する予定である。


横井定のフィリピン拠点は、2013年10月設立のYOKOISADA (PHILS.) CORPORATION(横井定フィリピン、本社:パンパンガ州アンヘレス市クラーク自由港区、従業員約180名)。世界的な新型コロナ感染拡大に伴うマスク需要の拡大・良質なマスク供給不足という状況下でのマスク増産依頼を受け、横井定フィリピンでの大幅増産を決定するに至った。


なお、横井定フィリピン工場で生産されるマスクの基本性能は、アメリカ医療マスク規格(ASTM-F2100)に準拠したもので、燃焼性・圧力損失・血液バリア性の数値基準準拠に加え、PFE(微粒子濾過効率)99%・VFE(ウイルス濾過効率)99%・BFE(細菌濾過効率)99%となっている。今回の新型コロナウイルス感染拡大前までは、フィリピンで輸出規格を満たす外科用フェイスマスクを生産できるのは2社のみであったが、そのうちの1社が横井定フィリピンである。ただし、原料は現地調達が困難なため輸入に依存してきたという経緯がある。


新型コロナウイルス対策としての今年3月央の地域隔離措置により、横井定フィリピンも、作業員の確保、原材料の物流、人員の移動などの操業の問題に直面した。しかし、貿易産業省、投資委員会、クラーク開発公社、大阪のフィリピン総領事館の協力もあって、生産体制は正常化されつつある。フィリピン側も「横井定のフィリピン事業環境に対する信認に感謝する。横井定の増産は、フィリピンのマスク製造サプライチェーンの改善、良質なマスクの安定供給に貢献することになろう」との謝意と期待を表明した。


横井定本社は1950年創業、「日本マスク」のブランドで半世紀以上マスクを製造販売してきた。この「日本マスク」は、日本という国名と一般商品名であるマスクを併せた登録商標になっており、商標でこのような例はほとんど認められていない。横井定に認められたのは、日本で使われているマスクの普及に大きく関与してきた経歴があるからとのことである。


横井定の不織布マスクのマスク生産には、マスク本体が出来上がるまで人の手が触れない全自動機を使用されている。製造・検品・箱詰めまでの全てがクリーンルーム内で生産管理されている。生産拠点は、横井定フィリピンのほか、中国南通市の南通三喜横井定衛生材料有限公司(従業員約40名)である。まず、1996年に中国進出、そして、上記のように2013年にフィリピンに進出した。

 
広告
広告
広告

その他の記事

 野村ホールディングス(野村)は、6月23日、「子会社であるノムラ アジア インベストメント(シンガポール)社が保有するBDOノムラ証券株式49%を、合弁相手のBDOユニバンク(BDO)へ全て売却することに関し、基本事項に合意した。
フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、6月22日新たに630人増加し、22日現在で、累計3万0,682人に達した。ASEANでは、インドネシアの4万6,845人、シンガポールの4万2,313人に次ぐ第3位。
トヨタ自動車のフィリピン拠点であるトヨタモーター・フィリピン(TMP、所在地:ラグーナ州サンタロサ市)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックにおける医療従事者のモビリティニーズに対処するフィリピン政府の取り組みを支援するため、6月16日、フィリピン保健省(DOH)との覚書に署名した。
アジア開発銀行(ADB)は、6月18日に、「アジア経済見通し(ADO)2020年補足版」を発表した。ADOはADBが毎年春(4月)に発表している代表的報告書の一つであるが、今回はその補足バージョンである。
6月15日、フィリピン証券取引所(PSE)中小新興企業(SME)ボードに、小売企業であるメリーマート・コンシューマーコープ(メリーマート、取引コードMM)が新規上場された。株価は初日から3日連続でのストップ高が続いた。
 6月16日付けフィリピン政府通信社オンラインニュースによると、ドゥテルテ大統領は、6月30日迄、マニラ首都圏に「一般的コミュニティー隔離」(GCQ)の適用を継続し、一方セブ市をGCQから「強化されたコミュニティー隔離」(ECQ)に戻した。
日本格付研究所(JCR)は、6月12日、セキュリティバンクの外貨建長期発行体格付を、これまでのトリプルBプラス(BBB+)からAマイナス(A-)へと一段階引き上げた。
トヨタ自動車のフィリピン拠点であるトヨタモーター・フィリピン(TMP、所在地:ラグーナ州サンタロサ市)は、6月15日、ミニハッチバック「Wigo」新型車の発表会を開催する。
フィリピン証券取引所(PSE)に、小売企業であるメリーマート コンシューマー(メリーマート)が新規上場される。
6月8日、フィリピン・マニラにおいて、羽田浩二駐フィリピン日本国特命全権大使とテオドロ・L・ロクシン・フィリピン共和国外務大臣との間で、円借款2件及び無償資金協力3件に関する交換公文の署名が行われた

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel