ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】第1四半期の訪日フィリピン人、1,400人に

【フィリピン経済ニュース】第1四半期の訪日フィリピン人、1,400人に

2021年4月26日

広告
広告
日本政府観光局(JNTO)は4月21日、2021年3月の訪日外客数推計値を発表した。それによると、3月の訪日外客数は前年同月比93.6%減の1万2,300人にとどまった。これは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一環として観光目的の入国が引き続き認められていないこと、一部例外を除き国境を跨ぐ往来が停止されていることによる。COVID-19影響前の2019年3月と比較すると99.6%減になる。また、2021年第1四半期(1月-3月)の累計では、6万6,200人となり、前年同期比では98.3%減、2019年同期比では99.2%減に相当する。


2020年1月下旬以降のCOVID-19拡大により、多くの国で海外渡航制限等の措置が取られ、日本においても検疫強化や査証の無効化等の措置が取られた。7月下旬以降、観光目的の入国は認められないものの段階的にビジネス目的の入国が再開されていたが、12月下旬以降、日本において新規入国の一時停止や検疫強化等の措置が取られ、2021年1月中旬には全ての対象国・地域とのビジネストラック・レジデンストラックの運用が停止された。


3月に訪日外客数の多かった市場は、中国(4,000人)、韓国(2,000人)、インド(700人)、米国(600人)、台湾(600人)など。


フィリピンは200人であった(対前年同月比98.2%減、対2019年同月比99.6%減)。COVID-19の拡大により、日本政府による上陸拒否、14日間の隔離・PCR検査受診等、査証の効力停止等の対象となっている。2021年3月29日以降、変異種流行国として、当分の間、検疫所が確保する宿泊施設での3日間の待機等、検疫強化の対象となっている。日本への直行便は、2021年4月も引き続き大幅な運休・減便となっている。


2021年第1四半期の上位5市場は、ベトナム(2万4,000人)、中国(1万5,900人)、韓国(5,400人)、米国(2,200人)、インド(2,200人)。


フィリピンは1,400人で、インドネシアと並びASEAN加盟国ではベトナムに次いでいる。2020年第1四半期の訪日フィリピン人数は10万4,246人(2020年3月央から、地域封鎖による移動制限)、COVID-19前の2019年同期は11万9,434人だった。


JNTOは、「COVID-19の拡大により観光目的の国際的な移動に制約が続いており、感染状況の変化とともに各国の出入国規制や市場動向を引き続き注視していく必要がある」としている。

 
広告
広告
広告

その他の記事

4月16日付けフィリピン政府通信社オンラインニュースによると、Dr. Zen Biotech社は、ブラカン州の州都マロロスに立地するファーストブラカン工業団地にコロナウイルス(Covid-19)ワクチンの生産施設を建設しつつある。
4月14日午前3時(日本時間、以下同様)に、カロリン諸島で熱帯低気圧が台風2号(国際名:スリゲ)へと変わった。この時点での、中心気圧は1,002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル/秒、1時間に10キロメートルの速さで北西に進んでいる。
ニッシンURCの業績が堅調に推移している。4月13日に発表されたURCの2020年アニュアルレポートによると、表1のように、ニッシンURCの2020年の売上高は前年比(以下同様)17%増の74億0,600万ペソ、EBITDA(税前・償却前・利払い前利益)は27%増の14億7,200万ペソ、純利益は25%増の8億9,300万ペソで二桁増収増益決算となった。
フィリピンの代表的株価指数であるフィリピン証券取引所指数(PSEi)の2021年3月末終値は6,443.09ポイントとなり、前月末と比べて5.18%低下した。年初3カ月間(第1四半期)では9.76%低下した。
フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、4月3日、新たに1万2,576件増加、2日連続での1万件突破となった。これにより、3日現在の累計感染者数は78万4,043人に達した。
モスバーガー フィリピン3号店が、3月23日、マニラ首都圏マカティ市アヤラモール・グロリエッタ1の2階にオープンした。
フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、3月20日、新たに7,999例増加した。これにより、20日現在で、累計65万6,056人になった。
 マニラ首都圏のマカティ市役所は、新型コロナウイルス感染拡大を抑制するために、バランガイ(最小行政区)ピオデルピラールの一部エリアに対し、3日間の厳格な封鎖措置(ロックダウン)を講ずることを決定、実施中である。
セブン銀行(本社:東京都千代田区)は、3月4日、「フィリピン子会社のPito AxM Platform社(PAPI、本社:マカティ市)が、フィリピン最大手のコンビニエンスストアチェーンであるフィリピン-セブンの店舗にATM設置を開始、2月26日、ATM運営事業を開始した」と発表した。
ハリー・ロケ大統領報道官は、2月27日、「英国のアストラゼネカ製新型コロナウイルスワクチン(コロナワクチン)52万5,600回分が、3月1日正午頃にフィリピンに到着する」と発表した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー