ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】4月のOFW送金額16%急減、約20年間で最大の下落率

【フィリピン経済ニュース】4月のOFW送金額16%急減、約20年間で最大の下落率

2020年7月16日

広告
広告
フィリピン中央銀行(BSP)対外収支データによると、2020年4月のフィリピン人海外就労者(OFW)からの銀行経由による本国現金送金額(速報値)は前年同月比16.2%減の20億4,600万米ドル。月間ベースでは、2001年1月の33.5%減以来、約20年間で最大の減少率となった。


2020年年初4カ月間では、前年同期比3.0%減の94億4,800万米ドル。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響を強く受けた国・地域からの一部OFWの撤退(帰還)や送金サービスを提供する銀行・機関の一時的休業・営業時間短縮などが現金送金の減少につながった。


94億4,800万米ドルのうち、陸上ベースのOFWからの送金額は前年同期比3.5%減の73億3,500万米ドル、海上ベースのOFWからは1.3%減の21億1,400万米ドルであった。なお、この統計におけるOFW送金額は中央銀行が把握している公式銀行ルートによるものである。


年初4カ月間の送金元の国別動向については、1位が米国で前年同期比7.1%増の37億4,300万米ドル(シェア39.6%)、2位シンガポールの4.7%増の6億4,800万米ドル(6.9%)、3位サウジアラビアの23.2%減の5億6,900万米ドル(6.0%)、4位日本の9.0%増の5億4,000万米ドル(5.7%)、5位アラブ首長国連邦(UAE)の17.8%減の4億5,000万米ドル(4.8%)、6位英国の17.8%減の4億3,800万米ドル(4.6%)、7位カナダの15.5%減の2億9,100万米ドル(3.1%)、8位カタールの5.6%増の2億8,700万米ドル(3.0%)、9位香港の0.5%減の2億8,100万米ドル(3.0%)、10位韓国の8.3%増の2億2,500万米ドル(2.4%)。これら10カ国で送金全体の79.1%を占めた。


OFW送金額(長期間の記録の残る銀行経由経由ベース)は2002年から2019年まで18年連続で前年比増加、2003年からは17年連続で過去最高額を更新した。OFW送金額はフィリピンGDPの約1割を占め、フィリピン経済を下支えするとともに、2015年までの13年連続での経常収支黒字の立役者となった。2019年も貿易・サービス収支の赤字334億2,000万米ドルをほぼ埋める役割を果たした。


順調に拡大してきたOFW送金であるが、2020年に関しては、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、19年ぶりに減少する懸念が高まっている。中央銀行は、2020年の公式金融機関経由のOFW送金額伸び率予想に関して、年初時点で前年比3.0%増と予想していたが、2月に2.2%増へと下方修正、4月にマイナス0.2%~マイナス0.8%から再下方修正した。そして、このほど、マイナス5%へと再々下方修正した。


  また、国際通貨基金(IMF)の「国際収支国際投資ポジションマニュアル」(BPM第6版)に準拠した包括的OFW送金データ(銀行経由現金送金+帰国時持参分+非現金型資産贈与含む)によると、4月の包括的OFW送金額(速報値)は前年同月比16.1%減の22億7,600万米ドル。年初4カ月間累計では前年同期比2.9%減の104億9,400万米ドル。


OFWに対する根強い需要に加え、継続的な銀行・ノンバンク系送金機関のネットワーク拡大や送金市場における金融商品の革新などが送金の増加に寄与している。


ただし、情報筋による送金データにはある程度の制約がある。海外の様々な都市の送金センターの一般的なやり方として、コルレス銀行を通じて送金を処理するが、コルレス銀行の大部分が米国にある。また、マネークーリエ(現金宅配)サービスを通じて処理された送金は、実際の送金の出所(国)によって分類できない。

 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピン証券取引委員会は、7月10日、アヤラランドグループのフィリピン初のREITの新規公募(IPO)、フィリピン証券取引所(PSE)への新規上場を承認した。
フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、7月8日新たに過去最高の2,486例増加し、8日現在で、累計5万0,359人となった。
大手商業銀行であるメトロポリタンバンク&トラスト(メトロバンク)グループの持株会社GTキャピタル・ホールディングス(GTCAP)が自動車事業を強化してきている。
フィリピンの損害保険(損保)業界は、2019年まで順調に拡大してきている。フィリピンの保険委員会(IC)速報値によると、2019年(1月~12月)の損害保険(損保)保険業界の正味保険料収入は15.7%増の588億2千万ペソであった。個別企業ベースでは引き続き、日系の出資・提携企業が純利益、保険料収入、総資産、純資産などで上位を占め、業界発展を主導してきている。個別動向は以下のとおり。
フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、7月4日新たに1,494例増加、前日の1,531増に続く連続急増となった。
ドゥテルテ大統領は、7月3日、「2020年反テロ法(共和国法11479号)」(反テロ法)に署名した。反テロ法は6月9日に議会を通過、今回の署名で成立、公告から15日後に発効となる
フィリピンのコンビニエンス業界首位のセブン-イレブンを運営するフィリピン・セブン・コーポレーション(PSC、比セブン)は、新型コロナウイルス感染拡大やその対策としての地域隔離措置の影響で苦境にあるフランチャイズ加盟店支援のための7億1,100万ペソのパンデミック・サポートプログラム(PSP)を開始した。
モビリティIoTのベンチャー企業であるグローバルモビリティサービス(GMS、本社:東京都港区)は、6月29日、「GMSと大日本印刷(本社:東京都新宿区)は、急速な経済成長を続けているフィリピンをはじめとして東南アジアにおける物流課題の解決を目指して、両社が事業開発に取り組む物流配送マッチングサービスが『MaaS & Innovative Business Model AWARD (MaaSアワード)2020』のビジネスモデル部門で優秀賞を受賞した」と発表した。
フィリピン貿易産業省によると、マスク専門メーカーである横井定(本社:名古屋市瑞穂区)は、フィリピン事業を拡大、フェイスマスクの現在の生産能力を倍増する計画を発表した。また、中国からの原料輸入依存度を低下すべく、マスク用の不織布とイヤループの原料の製造を開始する予定である。
国際通貨基金(IMF)は、6月24日に、世界経済見通し(WEO)2020年4月号の改訂版を発表した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel