ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】7月の失業率10%と高水準、4月の17.7%からは改善

【フィリピン経済ニュース】7月の失業率10%と高水準、4月の17.7%からは改善

2020年9月4日

広告
広告
フィリピン統計庁(PSA)が9月3日に発表した2020年7月の労働力調査(LFS)によると、失業率は10.0%(速報値)、失業者数は457万1千人で前年同月の243万7千人から87.6%増加した。


15歳以上の人口は前年同月比(以下同様)2.2%増の7,406万1千人で、労働力参加率は61.9%と前回調査時(2020年4月)の55.6%から増加したが、前年同月(62.1%)は下回った。就業者数は2.9%減の4,130万6千人、就業率(雇用率)は90.0%(前年同月94.6%)にとどまった。


就業者4,130万6千人のうち、農業部門が26.3%、鉱工業部門が18.8%、サービス部門が54.8%を占める。就業形態は、賃金労働者が全体の60.4%を占め、その47.1%が民間企業労働者、9.1%が政府系企業社員・公務員だった。自営・事業主は全体の31.9%、無給家内労働者は7.7%。フルタイム就業者(週40時間以上勤務)は就業者全体の56.1%で、前年同月の67.9%を下回ったが、前回調査時の29.2%から大幅に増加した。


不完全就業者(就業者であっても十分な労働時間に満たず追加の仕事を求めているパートタイム労働者)数は23.1%増の713万7千人(不完全就業率は17.3%)と増加した。


失業者(457万1千人)を年齢層でみると、15歳-24歳:38.0%(19年7月45.9%)、25歳-34歳:30.8%(同33.0%)、35歳-44歳:14.0%(同10.1%)、45歳-54歳:10.9%(同6.4%)、55歳-64歳:5.2%(同3.6%)。学歴別では、中学校進学・卒業者の割合は37.5%(卒業者は27.8%)、大学進学・卒業者では38.0%(卒業者は24.8%)。性別では、男性61.1%、女性38.9%。


地域別では、失業率の最も高い地域(首都圏除く)は、首都圏(NCR)の15.8%。次いで、カラバルソン(12.4%)、中央ビサヤ(11.7%)、イロコス(11.1%)。一方、最も低かったのは、ムスリム・ミンダナオ・バンサモロ自治区(3.8%)、次いで、ミマロパ(5.7%)だった。


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡散防止のため3月16日から実施された「強化されたコミュニティー隔離」(ECQ)措置のもと、公共輸送機関のサービス停止と外出制限により職場に行けない、働けない人達が続出したが、6月1日以降は大部分の地域が外出・移動制限の緩和された「一般的コミュニティー隔離」(GCQ)措置に変更され、徐々に職場への復帰や営業が可能となった。


  なお、フィリピンでは、毎年1月、4月、7月、10月に失業率などの労働・雇用動向統計が発表される。この4回の平均値が年間平均失業率として発表される。フィリピン統計庁(PSA)によると、下表のとおり、2019年の年間平均失業率は5.1%となり前年の5.3%から0.2%ポイント改善した。算出基準が変更されており単純な比較はできないが、継続的な記録の残る1993年以降の年間ベースで最低記録となった。しかし、2021年は、新型コロナ感染拡大により、二桁台へと急悪化する可能性がある。

 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピン証券取引所(PSE)上場の不動産企業の2020年上半期(1月~6月)事業報告書発表が出揃った。主要13社の動向は下表のとおりであるが、急成長企業であるダブルドラゴン以外全て減益決算となった。
フィリピン証券取引所(PSE)上場の民間銀行の2020年上半期(1月~6月)事業報告書発表が出揃った。主要8行の動向は下表のとおり。
 フィリピンの代表的株価指数であるフィリピン証券取引所指数(PSEi)の2020年8月末終値は5,884.18ポイントとなり、前月末と比べて0.75%下落、月間ベースで2カ月連続の下落となった。
フィリピン証券取引所(PSE)に上場されている財閥系複合企業の2020年上半期(1月~6月)の事業報告書発表が出揃った。
フィリピン証券取引所(PSE)上場の外食企業及びマクドナルド・フィリピン(比マクドナルド、親会社のアライアンス・グローバル・グループが上場)の上半期(1月~6月)の決算発表が出揃った。
日本郵船は、8月21日、「SIMS(Ship Information Management System)搭載運航船約200隻の機関プラントの状態を24時間集中監視する、遠隔診断センターをマニラのNYK FIL Maritime E-Training社内に開設した」と発表した。
マクドナルド・フィリピン(比マクドナルド)は、当地の有力持株会社アライアンス・グローバル・グループ(AGI)関連会社のゴールデンアーチス・デベロップメント(GADC)によって展開されている。第1号店は1981年にオープンした。
フィリピン証券取引所(PSE)上場の小売企業の2020年上半期(1月~6月)事業報告書提出がほぼ出揃った。
大手商業銀行であるメトロポリタンバンク&トラスト(メトロバンク)グループの持株会社GTキャピタル・ホールディングス(GTCAP)がトヨタ車事業を強化してきている。
フィリピン航空(PAL)の持株会社であるPALホールディングス(PALHD)が、8月14日、2020年上半期(1月~6月)の事業報告書を開示した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel