ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】7月のインフレ率2.7%、6カ月ぶりの高水準

【フィリピン経済ニュース】7月のインフレ率2.7%、6カ月ぶりの高水準

2020年8月6日

広告
広告
フィリピン統計庁(PSA)発表によると、2020年7月の総合インフレ率(総合消費者物価指数、2012年=100)は2.7%(速報値)で前月から0.2%ポイント上昇、2020年1月の2.9%以来、6カ月ぶりの高水準となった。しかし、フィリピン中央銀行(BSP)の7月のインフレ予想(2.2%~3.0%)範囲内に収まった。また、年初7カ月間の平均インフレ率は2.5%となり、政府の2020年インフレ目標(2%~4%)圏内で推移している。


交通・輸送費の上昇率が前月の2.4%から6.3%に加速し、7月のインフレ率上昇の要因となった。また、酒類・煙草(19.3%)、住宅・水道・光熱費(0.8%)、外食・雑貨・サービス(2.5%)も前月の上昇率を上回った。一方、食料品では、トウモロコシ(コーン)、野菜、果実、魚類の物価は低下した。米、砂糖・ジャム・蜂蜜・チョコレート・菓子類は7月もマイナス成長を継続した。


7月の特定食品・エネルギー関連品目等変動の激しい品目を除いたコアインフレ率は3.3%で、前月から0.3%ポイント上昇した。7カ月間の平均のコアインフレ率は3.1%であった。


7月の総合インフレ率を地域別で見ると、首都圏(NCR)は2.2%で前月から0.2%ポイント上昇、地方は2.9%と前月から0.2%ポイント上昇した。インフレ率が最も高かった地域は、ビコール(4.2%)、次いで中央ルソン(3.5%)、西ビサヤ(3.2%)。最もインフレ率が低かった地域は、ダバオ(1.2%)、次いで東ビサヤ(1.7%)だった。


なお、フィリピン中央銀行(BSP)発表によると、7月の総合インフレ率2.7%への寄与度は、外食・サービス他0.3%、酒類・煙草0.3%、食品・非アルコール飲料0.9%(うち食品0.9%)、交通・輸送費0.5%、住宅・水道光熱費0.2%、衣料・靴類0.1%、家具・住宅設備管理0.1%、健康・医療0.1%、教育0.0%。一方、年初7カ月間の総合インフレ率2.5%への寄与度は、外食・サービス他0.3%、酒類・煙草0.3%、食品・非アルコール飲料1.0%(うち食品0.9%)、住宅・水道光熱費0.2%、家具・住宅設備管理0.1%、衣料・靴類0.1%、教育0.1%、健康・医療0.1%、交通・輸送費0.0%。

 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、7月30日新たに3,954例増加、 1日としての最多記録を大幅更新した。
三菱自動車工業(本社:東京都港区)は、7月27日、三菱自動車が強みを持つ地域・商品に経営資源を集中投入する2022年度までの新中期経営計画「Small but Beautiful」を発表した。
フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、7月26日新たに2,036例増加し、26日現在で、累計8万0,448人となった。ASEAN地域では、インドネシアの9万8,778人に次ぐ2位。
アヤラ財閥のアヤラコーポレーション(アヤラコープ)傘下の発電企業であるACエナジー・フィリピン(比ACエナジー)は、7月23日、フィリピン証券取引所(PSE)回覧05135-2020号を通じて、AXIAパワーホールディングスとの株主間合意を公表した。
パナソニックのフィリピン拠点であるパナソニック・マニュファクチャリング・フィリピンズ(PMPC、会計期末3月、フィリピン証券取引所{PSE上場})は、7月22日、2019年度(2019年4月~2020年3月)の情報報告書を公表した。
新型コロナウイルス感染拡大に伴う混乱で、フィリピン証券取引所(PSE)上場企業の業績発表や財務関連資提出が遅れがちである。2020年第1四半期(1月~3月)の事業報告書未提出企業もある。そのような状況下で、2020年上半期(1月~6月)の決算発表シーズン入りとなった。
フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、7月18日新たに2,357例増加し、18日現在で、累計6万5,304人となった。ASEAN地域では、インドネシアの8万4,882人に次ぐ2位。
世界的な会計コンサルティンググループである太陽グラントソントンは、7月16日、2020年5~6月に実施した非上場企業を中心とする2020年上半期の中堅企業経営者の意識調査(景況感)の結果を公表した。
フィリピン中央銀行(BSP)対外収支データによると、2020年4月のフィリピン人海外就労者(OFW)からの銀行経由による本国現金送金額(速報値)は前年同月比16.2%減の20億4,600万米ドル。月間ベースでは、2001年1月の33.5%減以来、約20年間で最大の減少率となった。
フィリピン貿易産業省(DTI)によると、投資委員会(BOI)による2020年上半期(1月~6月)の累計投資認可額は前年同期比112%増(約2.1倍)の6,453億ペソと急増した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー