ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】比の経営者景況感、前年の世界首位から7位へ急低下

【フィリピン経済ニュース】比の経営者景況感、前年の世界首位から7位へ急低下

2020年7月17日

広告
広告
世界的な会計コンサルティンググループである太陽グラントソントンは、7月16日、2020年5~6月に実施した非上場企業を中心とする2020年上半期の中堅企業経営者の意識調査(景況感)の結果を公表した。この調査は、グラントソントン主要加盟国が年に2回実施する世界同時調査の一環である。景況感は、各国の全回答数のうち「非常に楽観的」または「やや楽観的」と回答した社数の割合を当該国の景況感とする(単位:%)。かつては四半期毎の調査結果の発表としていたが、2016年第2四半期より年2回の発表に変更された。


今回の世界29カ国の中堅企業経営者に対して行った自国経済の今後一年の見通しに関する2020年上半期の調査結果は、全調査対象国平均では前回の2019年下半期の調査(2019年10月~11月実施)結果から16ポイント下落の43%を記録し、過去10年のうち最大の落ち込みを見せた。さらに、前回調査から29ヵ国中27ヵ国がマイナスに転じ、うち半数以上は2桁マイナスを見せるなど、多くの業界の企業の経済活動に打撃を与える新型コロナウイルスの影響が世界中で色濃く表れる結果となった。


アジア太平洋地域平均は前回比-9ポイントの47%、EU加盟国(7カ国)平均では-16ポイントの29%、BRICs平均では-14ポイントの58%と、地域や経済規模にかかわらず、広範囲で大きく下落した。最も高い景況感はアラブ首長国連邦の69%であったが、これは過去10年での最上位国の数値と比較してみると最も低い記録であり、世界的な水準の大幅な下落が伺える結果であった。2位はベトナムの65%(-17ポイント)、3位は中国の65%(-9ポイント)であった。


下げ幅が大きかった国として、前回調査で大きく回復したギリシャが一転し32ポイントの下落をみせ37%となったほか、ブラジルが-29ポイント下落し40%、メキシコが26ポイント下落し41%、米国が23ポイント下落し50%など激しい2桁下落が続いた。ランキング下位では、調査対象国中唯一の1桁台を記録した日本の6%に次いで、韓国10%、スウェーデン13%と、10%台の悲観的な結果が目立った。調査対象国の大半が大幅に落ち込む一方で、改善を示したのは、ナイジェリアの5ポイント上昇の64%、とマレーシアの12ポイント上昇の45%の2カ国のみであった。


フィリピンは前回(67%)比13ポイント低下、前年同期(84%)比30ポイント低下の54%へと急低下した。前年同期は唯一の80%台で世界第1位であったが、今回は世界7位にとどまった。前回の10位からは上昇となったが、ASEANでは、前回と同様、ベトナム世界第2位、インドネシア世界第6位の後塵を拝するという結果となった。

 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピン貿易産業省(DTI)によると、投資委員会(BOI)による2020年上半期(1月~6月)の累計投資認可額は前年同期比112%増(約2.1倍)の6,453億ペソと急増した。
フィリピン証券取引委員会は、7月10日、アヤラランドグループのフィリピン初のREITの新規公募(IPO)、フィリピン証券取引所(PSE)への新規上場を承認した。
フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、7月8日新たに過去最高の2,486例増加し、8日現在で、累計5万0,359人となった。
大手商業銀行であるメトロポリタンバンク&トラスト(メトロバンク)グループの持株会社GTキャピタル・ホールディングス(GTCAP)が自動車事業を強化してきている。
フィリピンの損害保険(損保)業界は、2019年まで順調に拡大してきている。フィリピンの保険委員会(IC)速報値によると、2019年(1月~12月)の損害保険(損保)保険業界の正味保険料収入は15.7%増の588億2千万ペソであった。個別企業ベースでは引き続き、日系の出資・提携企業が純利益、保険料収入、総資産、純資産などで上位を占め、業界発展を主導してきている。個別動向は以下のとおり。
フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、7月4日新たに1,494例増加、前日の1,531増に続く連続急増となった。
ドゥテルテ大統領は、7月3日、「2020年反テロ法(共和国法11479号)」(反テロ法)に署名した。反テロ法は6月9日に議会を通過、今回の署名で成立、公告から15日後に発効となる
フィリピンのコンビニエンス業界首位のセブン-イレブンを運営するフィリピン・セブン・コーポレーション(PSC、比セブン)は、新型コロナウイルス感染拡大やその対策としての地域隔離措置の影響で苦境にあるフランチャイズ加盟店支援のための7億1,100万ペソのパンデミック・サポートプログラム(PSP)を開始した。
モビリティIoTのベンチャー企業であるグローバルモビリティサービス(GMS、本社:東京都港区)は、6月29日、「GMSと大日本印刷(本社:東京都新宿区)は、急速な経済成長を続けているフィリピンをはじめとして東南アジアにおける物流課題の解決を目指して、両社が事業開発に取り組む物流配送マッチングサービスが『MaaS & Innovative Business Model AWARD (MaaSアワード)2020』のビジネスモデル部門で優秀賞を受賞した」と発表した。
フィリピン貿易産業省によると、マスク専門メーカーである横井定(本社:名古屋市瑞穂区)は、フィリピン事業を拡大、フェイスマスクの現在の生産能力を倍増する計画を発表した。また、中国からの原料輸入依存度を低下すべく、マスク用の不織布とイヤループの原料の製造を開始する予定である。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel