ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】フィリピン電動車(EV)サミット、24日バーチャル開幕

【フィリピン経済ニュース】フィリピン電動車(EV)サミット、24日バーチャル開幕

2020年9月24日

広告
広告
第8回フィリピン電動車(EV)サミットが、9月24日~26日に開催される。今回は、新型コロナウイルス感染拡大への対応のため、バーチャルイベントとなる。フィリピン電動車協会(EVAP)主導で開催される。


今回注目されるのは、フィリピン日産(NPI)による電気自動車「日産リーフ」の展示、フィリピンへの導入計画などの講演である。NPIの名嶋篤史社長などが9月24日午前10時、午前11時、午後3時、および9月25日午前9時30分と午後3時に、仮想EVサミットステージで講演予定である。


「日産リーフ」はワクワクするEVの走りや便利さを手頃な価格で提供する世界初の量産電気自動車として、2010年に発売された。当時はまだ、EVはニッチな製品とされていたが、今日では、次に購入するクルマとしてEVを検討する消費者が増え続けている。その中で「日産リーフ」はゼロエミッション車であることに加え、パワフルで俊敏な高い動力性能や「プロパイロット」などの高度な先進技術が顧客の支持を得るようになっている。


「日産リーフ」がこれまでに走行した距離は累計100億キロメートルを超えている。2010年に発売してからの「日産リーフ」の累計販売台数をもとに算出すると、1年あたり380万バレルに相当する石油を節約した計算になる。2018年に欧州でEVの販売台数1位となり、ノルウェーにおいては、EV以外の車種も含めた年間販売台数の第一位を獲得した。


2017年にフルモデルチェンジした新型「日産リーフ」は、最高出力110kW、最大トルク320Nmを発生するなど、パフォーマンスを大幅に向上させた。「日産リーフ」は、「インテリジェント パワー」として革新的な電動パワートレインを、「インテリジェント ドライビング」を代表する技術として「プロパイロット」を搭載している。「プロパイロット」は高速道路などの自動車専用道路において、先行車両との車間距離を一定に保つよう制御することに加え、車線中央を走行するようステアリング操作を支援し、ドライバーの運転負荷を軽減する。日本と欧州向けモデルに搭載されている「プロパイロット パーキング」は、駐車場でアクセル、ブレーキ、ステアリングを駐車が完了するまで制御する。


2019年に香港で開催された日産フューチャー・シンポジウムにおいて、日産自動車のアジア・オセアニア事業理事の真田裕氏は、新型「日産リーフ」を豪州、香港、マレーシア、ニュージーランド、シンガポール、韓国、タイの7カ国・地域で発売しつつあり、2020年にはフィリピンとシンガポールで発売する予定であるとコメントした。


その通り、フィリピンで新型「日産リーフ」が発売されることになる。業界筋は、フィリピンに最初に登場するのは、40kWhバッテリー搭載のSタイプ(日本での販売価格は332万6,400円)であり、フィリピンでの販売価格は180万~200万ペソになると見込んでいる。

 
広告
広告
広告

その他の記事

アジア開発銀行(ADB)は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響により、第53回(2020年)年次総会の第2ステージを9月17日~18日にバーチャルイベントとして開催した。
マンダム(本社:大阪市)は、9月16日、「ヤング男性向けコスメブランド『ギャツビー』は、withコロナの時代に、海外を舞台に挑戦する若きスポーツ選手と共に、アジアの人々に勇気や活力を届けたいという想いを込めて、新プロジェクト『GATSBY GLOBAL CHALLENGERS(ギャツビー グローバル チャレンジャーズ 以下、GGLC)』を始動させる」と発表した。
アジア開発銀行(ADB)は、第53回(2020年)年次総会の第2ステージを9月17日~18日にバーチャルイベントとして開催する。
新型コロナウイルス感染拡大やそれに伴う地域隔離措置で多くの企業の業績が落ち込む中で、巣籠り需要拡大を背景に、大手食品企業の業績が堅調に推移している。
ユニクロ・フィリピンは、9月中旬にフィリピン全店とオンラインショップにおいて、エアリズムマスクを販売すると発表した。
フィリピン統計庁(PSA)が9月3日に発表した2020年7月の労働力調査(LFS)によると、失業率は10.0%(速報値)、失業者数は457万1千人で前年同月の243万7千人から87.6%増加した。
フィリピン政府通信社によると、フィリピンにおいて、日本の抗インフルエンザ薬アビガンの臨床試験は、倫理審査の遅れにより、まだ始まっていない。
フィリピン証券取引所(PSE)上場の不動産企業の2020年上半期(1月~6月)事業報告書発表が出揃った。主要13社の動向は下表のとおりであるが、急成長企業であるダブルドラゴン以外全て減益決算となった。
フィリピン証券取引所(PSE)上場の民間銀行の2020年上半期(1月~6月)事業報告書発表が出揃った。主要8行の動向は下表のとおり。
 フィリピンの代表的株価指数であるフィリピン証券取引所指数(PSEi)の2020年8月末終値は5,884.18ポイントとなり、前月末と比べて0.75%下落、月間ベースで2カ月連続の下落となった。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー