ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】上半期の食品企業、巣籠り需要拡大で業績堅調

【フィリピン経済ニュース】上半期の食品企業、巣籠り需要拡大で業績堅調

2020年9月10日

広告
広告
新型コロナウイルス感染拡大やそれに伴う地域隔離措置で多くの企業の業績が落ち込む中で、巣籠り需要拡大を背景に、大手食品企業の業績が堅調に推移している。


サンミゲルグループの食品と飲料事業を大統合して発足したサンミゲルフーズ&ビバレッジ(SMFB)において、食品事業を担当するサンミゲルフーズは、外出・移動制限が課せられるなか純売上高は前年同期比(以下同様)1%減の651億8,000万ペソにとどまったが、家庭での食事や調理機会が増加したことで加工食品、乳製品、調理済み食品などの需要が拡大したことで営業利益は111%増の22億4,600万ペソ、純利益も199%増の13億3,800万ペソと大幅増益となった。


ゴコンウェイ財閥の大手食品企業であるユニバーサル・ロビーナ(URC)の売上高は0.5%増の674億ペソ、純利益は12.5%増の59億7,500万ペソと増収増益となった。地域隔離措置に伴う外出・移動制限という状況下で内食用の食品や調理用食材の売上が堅調に推移した。特に、カップヌードルなど即席麺事業を展開する日清食品グループとの合弁企業であるニッシン・ユニバーサル・ロビーナ・コーポレーション(ニッシンURC、本社:マニラ首都圏ケソン市)の売上高は23%増の37億5,500万ペソ、純利益は30%増の4億7,900万ペソで二桁増収増益であったことが注目される。


ツナ缶詰大手のセンチュリー・パシフィック・フード(CNPF)の売上高は27.5%増の251億ペソ、純利益は31%増の22億ペソに達した。CNPFは、著名な「センチュリー」ブランドのツナ缶や「555」ブランドの魚介類缶詰、「アルゼンチン」ブランドのコーンビーフ、エンジェル・エバミルク、コンデンスミルク、粉ミルクなど食品事業を幅広く手掛けている。また、シェーキ―ズ・ピザ・アジア・ベンチャーズ(シェーキ―ズを傘下に収めている。さらに、合弁企業「吉野家センチュリー・パシフィック」(YCPI)が2001年から牛丼事業を開始、マニラ首都圏などで吉野家を展開している。


また、RFMの売上高は1.9%増の71億ペソ、純利益は5.3%増の6億ペソと増収増益となった。家庭内調理頻度の増加により、牛乳(セレクタミルク)、パスタ(フィエスタ&ローヤル・パスタ&ソース)、ホワイト・キング・ホットケーキ等の需要が堅調に推移した。レストランなどの店内飲食禁止措置で、主力のセレクタアイスクリームの売上が低迷する時期もあったが、外食規制緩和が行われつつあることから、アイスクリームの需要も回復しつつある。

 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピン統計庁(PSA)が9月3日に発表した2020年7月の労働力調査(LFS)によると、失業率は10.0%(速報値)、失業者数は457万1千人で前年同月の243万7千人から87.6%増加した。
フィリピン政府通信社によると、フィリピンにおいて、日本の抗インフルエンザ薬アビガンの臨床試験は、倫理審査の遅れにより、まだ始まっていない。
フィリピン証券取引所(PSE)上場の不動産企業の2020年上半期(1月~6月)事業報告書発表が出揃った。主要13社の動向は下表のとおりであるが、急成長企業であるダブルドラゴン以外全て減益決算となった。
フィリピン証券取引所(PSE)上場の民間銀行の2020年上半期(1月~6月)事業報告書発表が出揃った。主要8行の動向は下表のとおり。
 フィリピンの代表的株価指数であるフィリピン証券取引所指数(PSEi)の2020年8月末終値は5,884.18ポイントとなり、前月末と比べて0.75%下落、月間ベースで2カ月連続の下落となった。
フィリピン証券取引所(PSE)に上場されている財閥系複合企業の2020年上半期(1月~6月)の事業報告書発表が出揃った。
フィリピン証券取引所(PSE)上場の外食企業及びマクドナルド・フィリピン(比マクドナルド、親会社のアライアンス・グローバル・グループが上場)の上半期(1月~6月)の決算発表が出揃った。
日本郵船は、8月21日、「SIMS(Ship Information Management System)搭載運航船約200隻の機関プラントの状態を24時間集中監視する、遠隔診断センターをマニラのNYK FIL Maritime E-Training社内に開設した」と発表した。
マクドナルド・フィリピン(比マクドナルド)は、当地の有力持株会社アライアンス・グローバル・グループ(AGI)関連会社のゴールデンアーチス・デベロップメント(GADC)によって展開されている。第1号店は1981年にオープンした。
フィリピン証券取引所(PSE)上場の小売企業の2020年上半期(1月~6月)事業報告書提出がほぼ出揃った。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel