ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】マンダム、比バスケット選手をプロジェクト大使に

【フィリピン経済ニュース】マンダム、比バスケット選手をプロジェクト大使に

2020年9月18日

広告
広告
マンダム(本社:大阪市)は、9月16日、「ヤング男性向けコスメブランド『ギャツビー』は、withコロナの時代に、海外を舞台に挑戦する若きスポーツ選手と共に、アジアの人々に勇気や活力を届けたいという想いを込めて、新プロジェクト『GATSBY GLOBAL CHALLENGERS(ギャツビー グローバル チャレンジャーズ 以下、GGLC)』を始動させる」と発表した。


その発表によると、今回、GGLCプロジェクトアンバサダーには、日本国内男子プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」において、10月よりスタートする2020-21シーズンでプレーする予定のサーディ・ラベナ選手(フィリピン出身、三遠ネオフェニックス所属)の就任が決定した。サーディ・ラベナ選手はBリーグ初のアジア特別枠選手としてフィリピンから来日する。


また、ギャツビーは所属する三遠ネオフェニックスと「トップスポンサー契約」を締結し、アウェーユニフォームには、Bリーグ初となるコロナ禍におけるアジアに向けての応援メッセージ「EMPOWER ASIA(アジアに元気を!)」のロゴを掲出する。サーディ・ラベナ選手を始めとする三遠ネオフェニックスの選手たちが、シーズン中のアウェー戦にて、日本、フィリピンのみならず、アジアの人々に向けたメッセージ「EMPOWER ASIA(アジアに元気を!)」を胸に、熱く激しく戦う。


GGLCは、アジア12の国と地域で展開し、ヤング男性に寄り添い続けてきた「ギャツビー」が、このような力を持つスポーツを通して、若きスポーツ選手と共にアジアの人々に勇気や活力を届けるプロジェクトである。


サーディ・ラベナ選手の母国であるフィリピンは世界の中でも最長レベルのロックダウンが行われていた。このように、アジアの中でも新型コロナウイルスの影響を強く受けたフィリピンであるが、マンダムにとっては、ギャツビーの展開国であることはもちろん、初の海外展開国(1958年)でもあるという縁のある国でもある。また、フィリピン国内プロリーグからのドラフト1位指名が確実な状況の中で、敢えて海外の舞台に挑戦するサーディ・ラベナ選手の姿勢に共感したことから、GGLCのアンバサダーに起用した。


そして、「EMPOWER ASIA(アジアに元気を!)」というメッセージには、サーディ・ラベナ選手と共にアジアの人々にバスケットボールを通じて勇気や活力を届けたいという想いを込めている。今後も本施策に留まらず、サーディ・ラベナ選手が困難に立ち向かい挑戦する姿を、ドキュメンタリーを通じて届ける等、新たな取り組みで、アジアの人々に勇気や活力を届けたいと考えている。


1996年12月17日生まれのサーディ・ラベナ選手は、桁外れの身体能力とフィジカルの強さを持つBリーグ初のアジア特別枠選手。フィリピンの名門アテネオ・デ・マニラ大学出身で3年連続MVPという経歴を持つ大注目の逸材である。ポジション:SG(シューティングガード)である。


マンダムの西村健取締役 常務執行役員は、「ギャツビーはアジア各国・地域での役立ちに加え、アジアのクリエイティブな学生の活動を応援するギャツビー クリエイティブ アワーズのようなアジア横断型のイベントを通じて若者の文化的な活動をサポートしてきた。世界中が未曾有の困難に直面している中、『今だからこそ、ギャツビーができる貢献を』という想いで、敢えて今のタイミングで異郷で挑戦することを決意したプレイヤー、受け入れたチームをサポートする本プロジェクトの実施を決定した。サーディ・ラベナ選手と三遠ネオフェニックスの活躍をサポートし、EMPOWER ASIA(アジアに元気を!)というメッセージを日本、フィリピンだけでなくアジアへ届けられるよう、取り組んでいく」とコメントしている。

 
広告
広告
広告

その他の記事

新型コロナウイルス感染拡大やそれに伴う地域隔離措置で多くの企業の業績が落ち込む中で、巣籠り需要拡大を背景に、大手食品企業の業績が堅調に推移している。
ユニクロ・フィリピンは、9月中旬にフィリピン全店とオンラインショップにおいて、エアリズムマスクを販売すると発表した。
フィリピン統計庁(PSA)が9月3日に発表した2020年7月の労働力調査(LFS)によると、失業率は10.0%(速報値)、失業者数は457万1千人で前年同月の243万7千人から87.6%増加した。
フィリピン政府通信社によると、フィリピンにおいて、日本の抗インフルエンザ薬アビガンの臨床試験は、倫理審査の遅れにより、まだ始まっていない。
フィリピン証券取引所(PSE)上場の不動産企業の2020年上半期(1月~6月)事業報告書発表が出揃った。主要13社の動向は下表のとおりであるが、急成長企業であるダブルドラゴン以外全て減益決算となった。
フィリピン証券取引所(PSE)上場の民間銀行の2020年上半期(1月~6月)事業報告書発表が出揃った。主要8行の動向は下表のとおり。
 フィリピンの代表的株価指数であるフィリピン証券取引所指数(PSEi)の2020年8月末終値は5,884.18ポイントとなり、前月末と比べて0.75%下落、月間ベースで2カ月連続の下落となった。
フィリピン証券取引所(PSE)に上場されている財閥系複合企業の2020年上半期(1月~6月)の事業報告書発表が出揃った。
フィリピン証券取引所(PSE)上場の外食企業及びマクドナルド・フィリピン(比マクドナルド、親会社のアライアンス・グローバル・グループが上場)の上半期(1月~6月)の決算発表が出揃った。
日本郵船は、8月21日、「SIMS(Ship Information Management System)搭載運航船約200隻の機関プラントの状態を24時間集中監視する、遠隔診断センターをマニラのNYK FIL Maritime E-Training社内に開設した」と発表した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー