ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】不動産企業の上半期決算、ダブルドラゴン以外減益に

【フィリピン経済ニュース】不動産企業の上半期決算、ダブルドラゴン以外減益に

2020年9月2日

広告
広告
フィリピン証券取引所(PSE)上場の不動産企業の2020年上半期(1月~6月)事業報告書発表が出揃った。主要13社の動向は下表のとおりであるが、急成長企業であるダブルドラゴン以外全て減益決算となった。平均すると、約40%の減益である。


2020年上半期は、新型コロナウイルス感染拡大やその対策としての地域隔離の影響を大きく受けた。外出・移動制限による営業活動中断、不動産開発工事中断や完工遅延、3月央からのショッピングモール等の一時閉鎖(食品売り場など除く)などが響いた。


業界トップを争うアヤラランド(ALI)とSMプライムホールディングス(SMPH)ともに、モール一時閉鎖等に伴う賃貸料収入減少などが響き、各々70.2%減益、45.9%減益(帰属純利益ベース、以下同様)と大幅減益となった。SMPHは、傘下のSMデベロップメント(SMDC)が主導する住宅事業の増収増益がモール事業の落ち込みのクッション役となったことで、減収率、減益率ともにALIを下回った。


この結果、2020年上半期の不動産業界収入トップはSMPHの444億ペソ、帰属純利益トップもSMPHの104億ペソであった。上半期末の総資産トップはALIの7,109億ペソ、純資産首位はSMPHの3,012億ペソであった。また、増益率トップはダブルドラゴンの117.8%、減益率が大きかったのはベルコープ(カジノリゾート・ソレアの大家)の84.5%、ALIの70.2%などであった。


地域隔離措置は徐々に緩和されてきているが、ショッピングモールの客足の戻りは鈍く、ソーシャルディスタンス措置の営業活動妨げ、外国人投資家のフィリピン入国の困難さ等は続きそうであり、不動産業界は下半期も苦戦することが予想される。

 
広告
広告
広告

その他の記事

 フィリピンの代表的株価指数であるフィリピン証券取引所指数(PSEi)の2020年8月末終値は5,884.18ポイントとなり、前月末と比べて0.75%下落、月間ベースで2カ月連続の下落となった。
フィリピン証券取引所(PSE)に上場されている財閥系複合企業の2020年上半期(1月~6月)の事業報告書発表が出揃った。
フィリピン証券取引所(PSE)上場の外食企業及びマクドナルド・フィリピン(比マクドナルド、親会社のアライアンス・グローバル・グループが上場)の上半期(1月~6月)の決算発表が出揃った。
日本郵船は、8月21日、「SIMS(Ship Information Management System)搭載運航船約200隻の機関プラントの状態を24時間集中監視する、遠隔診断センターをマニラのNYK FIL Maritime E-Training社内に開設した」と発表した。
マクドナルド・フィリピン(比マクドナルド)は、当地の有力持株会社アライアンス・グローバル・グループ(AGI)関連会社のゴールデンアーチス・デベロップメント(GADC)によって展開されている。第1号店は1981年にオープンした。
フィリピン証券取引所(PSE)上場の小売企業の2020年上半期(1月~6月)事業報告書提出がほぼ出揃った。
大手商業銀行であるメトロポリタンバンク&トラスト(メトロバンク)グループの持株会社GTキャピタル・ホールディングス(GTCAP)がトヨタ車事業を強化してきている。
フィリピン航空(PAL)の持株会社であるPALホールディングス(PALHD)が、8月14日、2020年上半期(1月~6月)の事業報告書を開示した。
フィリピン自動車工業会(CAMPI)とトラック工業会が、8月14日、2020年7月及び7カ月間(1月~7月)の新車販売動向を発表した。
三菱UFJ銀行(MUFGB)が20%出資する有力拡大商業銀行であるセキュリティバンク(SECB)は8月13日、PSE回覧05795-2020号にて、2020年上半期(1月~6月)の決算速報を発表した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel