ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】ペソ9カ月間で4.4%上昇、約4年ぶりのペソ高に

【フィリピン経済ニュース】ペソ9カ月間で4.4%上昇、約4年ぶりのペソ高に

2020年10月5日

広告
広告
フィリピン銀行協会(BAP)のペソ対米ドル為替データによると、2020年9月末の終値は1米ドル=48.495ぺソで、前月末から0.010ペソ、率にして0.02%のペソ安となったが、堅調に推移したといえよう。9月の終値ベースで最もペソ高となったのは21日の1米ドル=48.365ペソ、最もペソ安となったのは、7日の1米ドル=48.670ペソだった。21日の48.365ペソは、終値ベースで、2016年11月3日の48.340ペソ以来、約3年10カ月ぶりのペソ高水準である。


フィリピンの輸入大幅減少に伴う対外収支改善や米国実質金利の過去最低水準への低下などを背景にドル安ペソ高の動きが続いている。8月央には、マニラ首都圏の地域隔離措置が緩和されるとの観測が拡がったことで、ペソが一段高となり、終値ベースで約3年9カ月ぶりに48ペソ台へ上昇、それ以降も更なるペソ高基調となっている。


2020年年初9カ月間では4.41%のペソ高となっている。月間ベースでペソが下落したのは1月と5月のみである。米国がゼロ金利政策継続方針を表明する一方、9月には、フィリピンの上半期の経常収支が44億ドルの黒字転換(前年同期26億ドルの赤字)したとの発表、8月末の外貨準備高が15%増の989億5千万ドルで過去最高を更新し続けていることが判明したことなどで、ペソ高トレンドが続いている。ただし、フィリピンでの新型コロナ感染拡大に歯止めがかからないこと、景気や企業業績が悪化していること、フィリピン経済を下支えしてきた海外フィリピン人就労者(OFW)からの送金が今年は19年ぶりに減少する可能性が高いことから、ペソが一直線に上昇していくと見る向きはほとんどいない。

 
広告
広告
広告

その他の記事

9月29日付けビジネスワールド紙によると国家経済開発庁(NEDA)が、「ODA動向報告書」2020年上半期版を公表した。
フィリピン中央銀行(BSP)は9月25日、2020年第2四半期(4月~6月)の住宅不動産価格指数(RREPI)を発表した。
フィリピン中央銀行(BSP)の調査によると、2020年第3四半期(7月~9月)の全国消費者信頼感指数(CI)は-54.5%で、2007年に調査開始して以来、過去最低となった。
第8回フィリピン電動車(EV)サミットが、9月24日~26日に開催される。今回は、新型コロナウイルス感染拡大への対応のため、バーチャルイベントとなる。フィリピン電動車協会(EVAP)主導で開催される。
フィリピン証券取引所(PSE)上場のIT企業ナウ・コーポレーション(ナウ)は、9月21日、PSE回覧06602号において、「関連会社であるナウ・テレコムが、国家通信委員会(NTC)から、通信事業参入を暫定承認(PA)された」と発表した。
アジア開発銀行(ADB)は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響により、第53回(2020年)年次総会の第2ステージを9月17日~18日にバーチャルイベントとして開催した。
マンダム(本社:大阪市)は、9月16日、「ヤング男性向けコスメブランド『ギャツビー』は、withコロナの時代に、海外を舞台に挑戦する若きスポーツ選手と共に、アジアの人々に勇気や活力を届けたいという想いを込めて、新プロジェクト『GATSBY GLOBAL CHALLENGERS(ギャツビー グローバル チャレンジャーズ 以下、GGLC)』を始動させる」と発表した。
アジア開発銀行(ADB)は、第53回(2020年)年次総会の第2ステージを9月17日~18日にバーチャルイベントとして開催する。
新型コロナウイルス感染拡大やそれに伴う地域隔離措置で多くの企業の業績が落ち込む中で、巣籠り需要拡大を背景に、大手食品企業の業績が堅調に推移している。
ユニクロ・フィリピンは、9月中旬にフィリピン全店とオンラインショップにおいて、エアリズムマスクを販売すると発表した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー