ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】航空大手2社、上半期は新型コロナ響き大幅赤字に

【フィリピン経済ニュース】航空大手2社、上半期は新型コロナ響き大幅赤字に

2020年8月17日

広告
広告
フィリピン航空(PAL)の持株会社であるPALホールディングス(PALHD)が、8月14日、2020年上半期(1月~6月)の事業報告書を開示した。


それによると、PALHDの2020年上半期の営業収入は前年同期比(以下同様)54.7%減の368億ペソにとどまった。大幅減収は、新型コロナウイルス感染拡大にともなう旅行需要の減退、2月からの中国線運休、さらには、3月央からの地域隔離措置に伴う旅客便のほぼ全面運休が響いた。主力の旅客収入は58.9%減の293億ペソであった。特に、第2四半期の旅客収入は93.9%減の22億ペソへと激減した。


一方、運航便数の減少、燃料費値下がりなどで総営業費用は32.8%減の522億ペソへと減少した。金融費用を中心とするその他費用も81.4%減の112億ペソにとどまったが、54.7%減収をカバーするにはほど遠く、帰属純損失は6.3倍の209億ペソ、包括的純損失は7.1倍の221億ペソへと一段と悪化した。なお、ANAホールディングス(ANA)が、2019年2月28日、PALHD発行済株式総数の9.5%を9,500万米ドル(約105億円相当)で取得している。


一方、格安航空(LCC)最大手であるセブ航空(CEB、ブランド名:セブ・パシフィック航空)は、8月12日、2020年上半期事業報告書を公表している。それによると、CEBの2020年上半期の収入は61.2%減の173億ペソにとどまった。PALHDと同様、新型コロナウイルス感染拡大の影響が響いた。主力の旅客収入は65.5%減の115億ペソにとどまった。乗客数が60%減の450万人へと減少したうえ、平均運賃も13.6%減の2,571ペソへと低下したことによる。なお、第2四半期の旅客収入は99.3%減の1億ペソへと激減した。


運航便数の減少、燃料費値下がり、ペソ高効果などにより営業費用も32.2%減の243億ペソへと減少したが、その減少率は、減収率61.2%を大幅に下回った。その結果、営業損益は70億ペソの赤字となり、前年同期の88億ペソの黒字から悪化した。帰属純損益も91億ペソの赤字となり、前年同期の71億ペソの黒字から悪化した。

 
広告
広告
広告

その他の記事

三菱UFJ銀行(MUFGB)が20%出資する有力拡大商業銀行であるセキュリティバンク(SECB)は8月13日、PSE回覧05795-2020号にて、2020年上半期(1月~6月)の決算速報を発表した。
有力銀行のリサール商業銀行(RCBC)が、8月12日、2020年上半期(1月~6月)の事業報告書を発表した。
2020年8月11日のペソ対米ドル加重平均レートは、1ドル=48.970ペソで、前営業日の49.038ペソから0.068ペソ続伸した。
フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、8月10日新たに6,958例増加し、単日で過去最高を記録した
フィリピン・セブン社(PSC)は、8月6日、PSE回覧第05571-2020号にて、2020年上半期(1月~6月)の決算速報を開示した
 フィリピンを代表するコングロマリットとなったサンミゲル(SMC)が、8月7日、PSE回覧05615-2020号にて、2020年上半期(1月~6月)の決算速報を開示した。
在フィリピン日本国大使館は、8月6日、「日本の緊急無償資金協力によるアビガンがフィリピンに到着した」と発表した。
フィリピン統計庁(PSA)発表によると、2020年7月の総合インフレ率(総合消費者物価指数、2012年=100)は2.7%(速報値)で前月から0.2%ポイント上昇、2020年1月の2.9%以来、6カ月ぶりの高水準となった
日清食品グループ(日清グループ)は、フィリピンにおいて、ゴコンウェイ財閥の有力食品企業ユニバーサル・ロビーナ・コーポレーション(URC)との合弁企業「ニッシン・ユニバーサル・ロビーナ・コーポレーション」(ニッシンURC、1996年設立、会計期末12月、本社:マニラ首都圏ケソン市)を通じて即席麺(インスタントラーメン)事業を展開、カップ麺ではトップ企業となっている。
フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、7月30日新たに3,954例増加、 1日としての最多記録を大幅更新した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー