ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】PSE上場の小売企業、上半期は業態によって明暗

【フィリピン経済ニュース】PSE上場の小売企業、上半期は業態によって明暗

2020年8月21日

広告
広告
フィリピン証券取引所(PSE)上場の小売企業の2020年上半期(1月~6月)事業報告書提出がほぼ出揃った。


2020年上半期は、新型コロナウイルス感染拡大やその対策としての地域隔離措置のもとでのモール等の一時閉鎖や営業時間短縮などの影響を大きく受けた。ただ、そのなかでも、食料品や生活必需品の店舗や売場は営業継続を要請される一方、百貨店などは営業一時停止を余儀なくされた。したがって、業態によって大きく明暗を分けた。


食料品や必需品の比率が高く営業規制の影響がほとんどなかったピュアゴールド・プライスクラブ(ピュアゴールド)の売上高は前年同期比15.1%増の820億ペソ、純利益は20.1%増の34億ペソと二桁増収増益決算となった。PSE中小新興企業(SME)ボードに6月15日新規上場されたメリーマート・コンシューマーコープ(メリーマート)の収入も35.3%増の16億4,000万ペソ、純利益は23.9%増の1,367万ペソと二桁の増収増益になった。


一方、百貨店や贅沢品・非生活必需品比率の高い企業は、一時休業を余儀なくされ、苦戦という結果となった。ルスタンで知られるSSI、メトロリテールストアーズグループ(メトロリテール)は赤字を余儀なくされた。業界最大手のSMリテールの売上高も17.9%減の1,391億ペソ、純利益は90.8%減の5億2,200万ペソと大幅減益となった。


コンビニエンスストアは、地域隔離措置下でも営業継続を要請された業態ではあるが、移動の制限で従業員出勤や配送面での困難さという問題で一時休業を余儀なくされる店舗が出たこと、店内での飲食禁止などが響き厳しい決算となった。業界断トツのセブン-イレブンを展開するフィリピン・セブンも、一時休業店比率が最高で30%に達したこともあって、売上高は12.2%減の223億ペソ、最終損益は3億9,000万ペソの赤字に転落した。

 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピン航空(PAL)の持株会社であるPALホールディングス(PALHD)が、8月14日、2020年上半期(1月~6月)の事業報告書を開示した。
フィリピン自動車工業会(CAMPI)とトラック工業会が、8月14日、2020年7月及び7カ月間(1月~7月)の新車販売動向を発表した。
三菱UFJ銀行(MUFGB)が20%出資する有力拡大商業銀行であるセキュリティバンク(SECB)は8月13日、PSE回覧05795-2020号にて、2020年上半期(1月~6月)の決算速報を発表した。
有力銀行のリサール商業銀行(RCBC)が、8月12日、2020年上半期(1月~6月)の事業報告書を発表した。
2020年8月11日のペソ対米ドル加重平均レートは、1ドル=48.970ペソで、前営業日の49.038ペソから0.068ペソ続伸した。
フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、8月10日新たに6,958例増加し、単日で過去最高を記録した
フィリピン・セブン社(PSC)は、8月6日、PSE回覧第05571-2020号にて、2020年上半期(1月~6月)の決算速報を開示した
 フィリピンを代表するコングロマリットとなったサンミゲル(SMC)が、8月7日、PSE回覧05615-2020号にて、2020年上半期(1月~6月)の決算速報を開示した。
在フィリピン日本国大使館は、8月6日、「日本の緊急無償資金協力によるアビガンがフィリピンに到着した」と発表した。
フィリピン統計庁(PSA)発表によると、2020年7月の総合インフレ率(総合消費者物価指数、2012年=100)は2.7%(速報値)で前月から0.2%ポイント上昇、2020年1月の2.9%以来、6カ月ぶりの高水準となった

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー