ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】比パナソニック、19年度売上高3%増の119億ペソ

【フィリピン経済ニュース】比パナソニック、19年度売上高3%増の119億ペソ

2020年7月23日

広告
広告
パナソニックのフィリピン拠点であるパナソニック・マニュファクチャリング・フィリピンズ(PMPC、会計期末3月、フィリピン証券取引所{PSE上場})は、7月22日、2019年度(2019年4月~2020年3月)の情報報告書を公表した。それには、2019年度の決算速報などが掲載されている。


それによると、PMPCの2019年度の売上高は前年度比(以下同様)3.4%増の119億0,695万ペソとなった。消費者向けの冷蔵庫が13%増加、洗濯機が36.4%と好調であったことなどが全体の増収に寄与した。3月央からの新型コロナウイルス感染拡大に伴うルソン全域での「強化されたコミュニティー隔離措置」のもとでのリサール州タイタイやラグーナ州サンタロサでの生産一時停止がなければ、増収率はさらに高まったと考えられる。


増収効果にくわえ売上原価が2.6%増の95億1,149万ペソにとどまったことで、粗利益は6.3%増の23億9,546万ペソに達した。しかし、販売費が28.7%増の12億6,583万ペソへと大幅増加したこと、その他収入が2.3%減少したことなどで、税引き前利益は12.6%減の2億4,006万ペソにとどまった。所得税費用が6.2%増加したこともあって、純利益は28.5%減の1億0,616万ペソへと二桁減少した。1株当たり純利益(EPS)は0.35ペソとなった。


PMPCは、2020年5月7日現在の株主に対し1株(額面1ペソ)当たり0.2099179ペソの普通配当、2020年5月21日現在の株主に対し、1株(額面1ペソ)当たり0.1498ペソの特別配当を実施した。この普通配当と上記の特別配当を併せると約36%の配当率となる。  


PMPCの起源は、1963年5月に設立されたフェスティバル・マニュファクチャリング(FMC)である。FMCは1965年に、プレシジョン・エレクトロニクス(PEC)と社名変更した。このPECと松下電器産業(MEI、社名は当時)が1967年にフィリピンで合弁家電企業を設立した。当初の合弁企業名はPECだったが、25年後の1992年にマツシタ・エレクトリック・フィリピン(MEPCO)と変更された。さらに、2005年に現社名PMPCへと再変更された。すなわちパナソニックは、フィリピンで50年超の長い歴史を有している。


PMPCの前身が1983年1月にフィリピン証券取引所(PSE)に新規上場され、現在もPMPCとして上場が継続されている。PMPCの発行済み株式は額面1ペソの普通株式約4億2,272万株である。そのうち、フィリピン人のみが投資可能なA株約8,472万株がPSEに上場されている。2020年7月21日の終値は4.73ペソ、この1年間での高値は6.98ペソ、安値は2.56ペソである。


浮動株比率は14.91%。日本のパソニック本社のPMPC保有比率は2020年6月末時点で79.96%である。パナソニック本社の保有するのはPMPCのB株である。

 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、7月18日新たに2,357例増加し、18日現在で、累計6万5,304人となった。ASEAN地域では、インドネシアの8万4,882人に次ぐ2位。
世界的な会計コンサルティンググループである太陽グラントソントンは、7月16日、2020年5~6月に実施した非上場企業を中心とする2020年上半期の中堅企業経営者の意識調査(景況感)の結果を公表した。
フィリピン中央銀行(BSP)対外収支データによると、2020年4月のフィリピン人海外就労者(OFW)からの銀行経由による本国現金送金額(速報値)は前年同月比16.2%減の20億4,600万米ドル。月間ベースでは、2001年1月の33.5%減以来、約20年間で最大の減少率となった。
フィリピン貿易産業省(DTI)によると、投資委員会(BOI)による2020年上半期(1月~6月)の累計投資認可額は前年同期比112%増(約2.1倍)の6,453億ペソと急増した。
フィリピン証券取引委員会は、7月10日、アヤラランドグループのフィリピン初のREITの新規公募(IPO)、フィリピン証券取引所(PSE)への新規上場を承認した。
フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、7月8日新たに過去最高の2,486例増加し、8日現在で、累計5万0,359人となった。
大手商業銀行であるメトロポリタンバンク&トラスト(メトロバンク)グループの持株会社GTキャピタル・ホールディングス(GTCAP)が自動車事業を強化してきている。
フィリピンの損害保険(損保)業界は、2019年まで順調に拡大してきている。フィリピンの保険委員会(IC)速報値によると、2019年(1月~12月)の損害保険(損保)保険業界の正味保険料収入は15.7%増の588億2千万ペソであった。個別企業ベースでは引き続き、日系の出資・提携企業が純利益、保険料収入、総資産、純資産などで上位を占め、業界発展を主導してきている。個別動向は以下のとおり。
フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認例は、7月4日新たに1,494例増加、前日の1,531増に続く連続急増となった。
ドゥテルテ大統領は、7月3日、「2020年反テロ法(共和国法11479号)」(反テロ法)に署名した。反テロ法は6月9日に議会を通過、今回の署名で成立、公告から15日後に発効となる

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel