ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 比パナソニック、9カ月間で88%増益

比パナソニック、9カ月間で88%増益

2019年11月18日

広告
広告

パナソニックのフィリピン拠点であるパソニックのパナソニック・マニュファクチャリング・フィリピンズ(PMPC、会計期末3月、PSE上場)は、11月14 日、2019年度上半期(2019年4月~9月)の事業報告書を公表した。
 
それによると、PMPCの2019年度上半期の純売上高は前年度同期比(以下同様)6.2%増の62億2,825万ペソとなった。消費者向け製品、特にエアコンが好調であったことが全体の増収に寄与した。

増収ながら、原材料費上昇などにより粗利益は6%減の10億8,998万ペソにとどまった。しかし、販売費が25.5%減の4億ペソへと減少したこと、受け取り金利増加などでその他収益が12.5倍の1,396万ペソへと急増したことなどで、純利益は88%増の1億3,861万ペソへと大幅増加した。

       パナソニック・マニュファクチャリング・フィリピン業績推移(単位:万ペソ、18年度までは年間数値)

項目13年度14年度15年度16年度17年度18年度19年度上半期伸び率
売上高659.639671,343812,434997,4281,049,0081,152,081622,8256.2%
粗利益173,238142,566180,352246,739201,187225,380108,998-6.0%
税引前利益20,15221,69539,96966,72131,69227,45919,30461.7%
所得税費用3,9475,43714,87213,1385,28812,6075,44319.2%
純利益16,20516,25825,09853,58426,40314,85213,86188.0%

 (出所:PMPC事業報告書やインフォメーション・ステートメントなどから作成)

PMPCの起源は、1963年5月に設立されたフェスティバル・マニュファクチャリング(FMC)である。FMCは1965年に、プレシジョン・エレクトロニクス(PEC)と社名変更した。このPECと松下電器産業(MEI、社名は当時)が1967年にフィリピンで合弁家電企業を設立した。当初の合弁企業名はPECだったが、25年後の1992年にマツシタ・エレクトリック・フィリピン(MEPCO)と変更された。さらに、2005年に現社名PMPCへと再変更された。すなわちパナソニックは、フィリピンで50年超の長い歴史を有している。

PMPCの前身が1983年1月にフィリピン証券取引所(PSE)に新規上場され、現在もPMPCとして上場が継続されている。PMPCの発行済み株式は額面1ペソの普通株式約4億2,272万株である。そのうち、フィリピン人のみが投資可能なA株約8,472万株がPSEに上場されている。2019年11月15日の終値は5.30ペソ、この1年間での高値は7.80ペソ、安値は5.02ペソである。

浮動株比率は14.91%。日本のパソニック本社のPMPC保有比率は2019年9月末時点で79.96%である。パナソニック本社の保有するのはPMPCのB株である。

 
広告
広告
広告

その他の記事

鴻池運輸(本社:大阪市中央区)は、11月5日、「フィリピン最大級のグランドハンドリング企業『MacroAsia Airport Services Corporation (MASCORP、本社:マニラ市)』の株式20%を、その親会社でありルシオ・タン氏グループ企業である 『マクロアジア(MAC、フィリピン証券取引所上場、本社:マニラ市)』から譲受することで合意した」と発表した。
フィリピンの大手物流企業LBCエクスプレス・ホールディングス(LBC、フィリピン証券取引所上場)は、11月4日、日本の株式会社マーメイド(本社:東京都台東区)の全株式を20万米ドルで取得したと発表した。
ニッシンURCの業績が堅調に推移している。URCの事業報告書によると、ニッシンURCの2019年9カ月間(1月~9月)の売上高は前年同期比(以下同様)9%増の47億4,300万ペソ、EBITDA(税前・償却前・利払い前利益)は29%増の9億1,600万ペソ、純利益は31%増の5億7,900万ペソで二桁増益決算となった。
オンライン英会話など英語関連事業を運営するレアジョブ(本社:東京都渋谷区)は、10月24日、「フィリピンにて英語力評価(アセスメント)機能に特化した子会社RareJob English Assessment社を立ち上げる」と発表した。
ゴティアヌン財閥傘下の有力コングロマリットの一つフィルインベスト・ディベロップメント(FDC)の子会社であるフィルインベスト・アラバン(FAI)は、三菱商事(MC)と合弁事業契約を締結した。
環境を経営の最重要課題のひとつと位置付け、CO2排出ゼロにとどまらず環境へのプラスを目指すトヨタグループの一員として、トヨタ自動車のフィリピン拠点であるトヨタモーター・フィリピン(TMP)もクルマの製造時におけるCO2排出量ゼロを目指す「工場CO2ゼロチャレンジ」など環境マネジメントを強化している。
日立製作所(日立)は、現地最大の配電企業であるマニラ電力(メラルコ)と共同でフィリピンで蓄電システム(BESS)事業を展開しつつある。
米国フォーブス誌アジア版が、フィリピン富豪番付トップ50(2019年版)を発表した。
三越伊勢丹ホールディングス、野村不動産、フィリピン大手不動産企業のフェデラルランド は共同で、フィリピン・マニラ首都圏タギグ市ボニファシオ・グローバル・シティ(BGC)地区に位置する、フェデラルランドが開発したグランド・セントラルパーク地域において、分譲住宅及び商業施設の不動産複合開発に取り組んでいる。
キリンホールディングス)が48.39%出資しているサンミゲル ブリュワリーは、2019年9月末から、マニラ首都圏マカティ市とボニファシオ・グローバルシティ(BGC)の飲食店向けに「キリン一番搾り樽詰生」の販売を開始する。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel