ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】三菱UFJ出資のセキュリティバンク格付、A-に引上げ

【フィリピン経済ニュース】三菱UFJ出資のセキュリティバンク格付、A-に引上げ

2020年6月15日

広告
広告
日本格付研究所(JCR)は、6月12日、セキュリティバンクの外貨建長期発行体格付を、これまでのトリプルBプラス(BBB+)からAマイナス(A-)へと一段階引き上げた。格付自体が引き上げられたため、格付見通し(アウトルック)はこれまでのポジティブから安定的へと変更された。格付見通しが安定的というのは、A-という格付が当分維持されるであろうという意味である。


セキュリティバンクは、総資産規模でフィリピン第6位の民間拡大商業銀行である。国内大手財閥に属さない独立系銀行だが、Frederick Y. Dy氏が率いるDyグループが52.5%を出資する筆頭株主であり、次いで三菱UFJ銀行が2016年の出資・業務提携により20%を出資する第2位の株主となっている。また、三菱UFJ銀行はセキュリティバンクを持分法適用会社としている。


JCRは、今回のセキュリティバンクの格付引上げ理由に関して、「6月11日付けで公表されたフィリピン・ソブリン格付の格上げおよび見通し変更を反映したものである」とするとともに、「セキュリティバンクのフィリピンにおける比較的堅固な事業基盤、高い収益力、良好な資産の質、堅固な資本基盤などを反映している。また、三菱UFJ銀行との提携を生かしたリテール融資拡大などの提携シナジー効果も評価している」と説明している。


ただし、銀行業を中心とするセキュリティバンク業務は、国内規制環境や金融経済情勢の影響を受けやすいため、格付はフィリピンのソブリン格付(現在A-)までに制約されている。

 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピン証券取引所(PSE)に、小売企業であるメリーマート コンシューマー(メリーマート)が新規上場される。
6月8日、フィリピン・マニラにおいて、羽田浩二駐フィリピン日本国特命全権大使とテオドロ・L・ロクシン・フィリピン共和国外務大臣との間で、円借款2件及び無償資金協力3件に関する交換公文の署名が行われた
フィリピン航空(PAL)の持株会社であるPALホールディングス(PALHD)が、6月5日、2020年第1四半期(1月~3月)の事業報告書を開示した。
カジノ・ゲーミング事業を管轄するフィリピン・アミューズメント&ゲーミング・コーポレーション(PAGCOR=賭博公社)は新型コロナ対策委員会に対して、カジノの早期再開承認を要請しています。
ユニクロ・フィリピンは、今年広範囲eコマースプラットフォームを投入、すなわち、オンラインショップを開設、ウェブサイトとモバイルアプリケーションの双方で利用できるようにするとのことである。
新型コロナウイルス対策として地域隔離措置が緩和されたことから、各種インフラ開発が再開され、フィリピン初の地下鉄プロジェクトである日本支援の「マニラ首都圏地下鉄事業」が始動しつつある。
2015年9月に民間企業に委託された首都圏軽量高架鉄道(LRT)1号線の運営・維持事業の権益構成が変更される。
フィリピン財務局の発表した速報値によると、2020年4月の財政収支は2,739億ペソの赤字となり、前年同月の869億ペソの黒字から赤字に転落した
マニラ首都圏などの地域隔離措置が、6月1日から緩和されるとの観測が高まっている。
配車サービス大手のGrabフィリピン(グラブ)は、5月22日、「ルソン島バギオ市(ベンゲット州)やナガ市(南カマリネス州)でタクシーサービスを開始した」と発表した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel