ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > サンミゲルビール好調続く、9カ月間で12%増益

サンミゲルビール好調続く、9カ月間で12%増益

2019年11月11日

広告
広告

フィリピンを代表するコングロマリットとなったサンミゲル(SMC)が、11月8日、2019年9カ月間(1月~9月)の決算速報を発表した。
 
今9カ月間の純収入は前年同期比(以下同様)0.3%減の7,586億ペソ、営業利益は9%減の887億ペソ、純利益は5%減の397億ペソと小幅ながら減収減益決算となった。EBITDA(税前・償却前・利払い前利益)は1%減の1,230億ペソであった。損益面では、原材料費上昇や不安定な原油価格推移などが響いた。
 
SMCグループの食品と飲料事業が大統合して発足した「サンミゲルフーズ&ビバレッジ(SMFB)」の売上高は10%増の2,264億ペソ、営業利益は1%減の336億ペソ、純利益はほぼ横這いの229億ペソであった。増収にもかかわらず利益が伸び悩んだのは原材料価格の上昇などによる。
 
そのうち、キリン・ホールディングス(キリン)が約48%出資している、ビール製造子会社サンミゲル ブリュワリー(SMB、サンミゲルビール)の国内販売数量は9%増加、売上高は11%増の1,039億ペソ、営業利益は9%増の282億ペソ、純利益は12%増の198億3,500万ペソと好調であった。2018年まで3年連続での二桁増収増益が続いてきているが、2019年も好調を維持している。


洋酒事業を展開するヒネブラ サンミゲル(GSMI)の売上高は20%増の214億ペソ、営業利益は66%増の22億ペソ、純利益は68%増の13億ペソに達した。SMFBの食品部門(サンミゲル ピュアフーズ)の売上高は6%増の1,011億ペソとなったが、鶏肉価格の大幅下落などにより営業利益は53%減の32億ペソ、純利益は59%減の18億ペソへと急減した。一方、パッケージ部門(サンミゲル山村パッケージング)の売上高は3%減の264億ペソ、営業利益は2%増の25億ペソと底堅く推移した。
 
多角化事業の一つである電力事業の売電量は22%増の2万1,581ギガワット、収入は18%増の1,051億ペソ、営業利益は16%増の300億ペソ、純利益は161%増(約2.6倍)の114億ペソ。スアル、イリハン、及びサンロケの発電所の売電量の増加や効率化、マシンロック発電所のフル寄与などにより大幅増益となった。なお、サンミゲルの電力事業は、2010年第3四半期から持株会社SMCグローバル・パワー・ホールディングスのもとに集約されている。
 
石油製品部門(元売り最大手のペトロン)の売上高は9%減の3,817億ペソ、営業利益は38%減の139億ペソ、純利益は70%減の36億ペソと不振であった。税制改革第2弾に伴う石油製品物品税の再引き上げによる需要伸び悩みや不安定な原油市況の動きが響いた。

更なる多角化、事業基盤拡大の過程で有利子負債が膨張、2019年9月末時点で8,320億ペソに達し、2018年末の8,020億ペソから更に拡大している。一方、現金残高も2,860億ペソと高水準。総負債対自己資本比率は2.06倍(2018年末2.28倍)、有利子負債対自己資本比率は1.44倍(同1.57倍)、純負債対EBITDA比率は3.06倍(同3.02倍)となっている。また、総資産は1兆7,650億ペソ(同1兆6,770億ペソ)に達している(19年11月8日のフィリピン証券取引所回覧07846-2019号などより)。

 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピンの大手物流企業LBCエクスプレス・ホールディングス(LBC、フィリピン証券取引所上場)は、11月4日、日本の株式会社マーメイド(本社:東京都台東区)の全株式を20万米ドルで取得したと発表した。
ニッシンURCの業績が堅調に推移している。URCの事業報告書によると、ニッシンURCの2019年9カ月間(1月~9月)の売上高は前年同期比(以下同様)9%増の47億4,300万ペソ、EBITDA(税前・償却前・利払い前利益)は29%増の9億1,600万ペソ、純利益は31%増の5億7,900万ペソで二桁増益決算となった。
オンライン英会話など英語関連事業を運営するレアジョブ(本社:東京都渋谷区)は、10月24日、「フィリピンにて英語力評価(アセスメント)機能に特化した子会社RareJob English Assessment社を立ち上げる」と発表した。
ゴティアヌン財閥傘下の有力コングロマリットの一つフィルインベスト・ディベロップメント(FDC)の子会社であるフィルインベスト・アラバン(FAI)は、三菱商事(MC)と合弁事業契約を締結した。
環境を経営の最重要課題のひとつと位置付け、CO2排出ゼロにとどまらず環境へのプラスを目指すトヨタグループの一員として、トヨタ自動車のフィリピン拠点であるトヨタモーター・フィリピン(TMP)もクルマの製造時におけるCO2排出量ゼロを目指す「工場CO2ゼロチャレンジ」など環境マネジメントを強化している。
日立製作所(日立)は、現地最大の配電企業であるマニラ電力(メラルコ)と共同でフィリピンで蓄電システム(BESS)事業を展開しつつある。
米国フォーブス誌アジア版が、フィリピン富豪番付トップ50(2019年版)を発表した。
三越伊勢丹ホールディングス、野村不動産、フィリピン大手不動産企業のフェデラルランド は共同で、フィリピン・マニラ首都圏タギグ市ボニファシオ・グローバル・シティ(BGC)地区に位置する、フェデラルランドが開発したグランド・セントラルパーク地域において、分譲住宅及び商業施設の不動産複合開発に取り組んでいる。
キリンホールディングス)が48.39%出資しているサンミゲル ブリュワリーは、2019年9月末から、マニラ首都圏マカティ市とボニファシオ・グローバルシティ(BGC)の飲食店向けに「キリン一番搾り樽詰生」の販売を開始する。
出光興産の子会社であり防水事業などを展開する昭石化工(本社:東京都港区)は、9月19日、マニラ首都圏マカティ市デュシタニ・マニラにおいて、マニラ支店の開所式を開催した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel