ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】株式:10日は5.2%急騰し7千台回復、約9カ月ぶりの高値に

【フィリピン経済ニュース】株式:10日は5.2%急騰し7千台回復、約9カ月ぶりの高値に

2020年11月11日

広告
広告
2020年11月10日の株式市場は7営業日連続での上昇となった。PSE株価指数は前営業日比349.63ポイント、率にして5.22%急騰、7,035.48ポイントで引けた。米国で開発中の新型コロナウイルスワクチンの有効性の高さや経済正常化期待に伴うNYダウの急騰、フィリピンでの第3四半期の企業業績回復傾向を背景に、大幅続伸、7千ポイントの大台回復に至った。


この日の終値は、今年2月24日の7,187.44ポイント以来、約9カ月ぶりの高値水準となった。また、349.63ポイントという上昇幅、5.22%という上昇率は、今年3月26日の373.82ポイント、率にして7.44%上昇以来、約8 カ月ぶりの大きさである。年初から大幅に下落していた景気敏感株中心に幅広く買われた。


  全体の売買代金は前営業日比63%増の130億7,800万ペソ(約284億円)、総取引回数は25%増の17万5,295回。値上がり131銘柄、値下がり87銘柄、変わらず35銘柄。外国人投資家は22億7,700万ペソの買い越しに転じた。


 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピン統計庁(PSA)によると、11月10日(火)午前10時より、Zoomビデオ会議を通じて、2020年第3四半期(7月~9月)の国内総生産(GDP)など国民勘定統計が発表される。カール・ケンドリック・チュア国家経済開発庁(NEDA)長官代行とデニス・マパ国家統計官・市民登録局長が発表、解説する。
フィリピンを代表するコングロマリットとなったサンミゲル(SMC)が、11月5日、2020年第3四半期(7月~9月)と9カ月間(1月~9月)の決算速報を発表した。
フィリピンの代表的株価指数であるフィリピン証券取引所指数(PSEi)の2020年10月末終値は6,324.00ポイントとなり、前月末と比べて7.84%上昇、月間ベースで4カ月ぶりに上昇、月末終値ベースでの6,000ポイント台を回復した。
10月29日午前3時(日本時間、以下同様)、フィリピンの東で台風19号(国際名:コーニー)が発生した。
2020年9月末時点でフィリピンのユニクロ店舗数は60店で、2位のタイとマレーシアの51店を大きく上回っている。
フィリピンの最大銀行であるBDOユニバンク(BDO、本店マニラ首都圏マカティ市)は、10月26日、2020年第3四半期(7月~9月)及び9カ月間(1月~9月)の事業報告書を発表した。
ニッシンURCの業績が堅調に推移している。ニッシンURCの今9カ月間の売上高は前年同期比(以下同様)17%増の55億5,500万ペソ、EBITDA(税前・償却前・利払い前利益)は23%増の11億2,900万ペソ、純利益は19%増の6億9,000万ペソで二桁増収増益決算となった。
フィリピン証券取引所(PSE)上場企業の2020年第3四半期(7月~9月)及び年初9カ月間(1月~9月)の決算発表シーズン入りとなった。
新型コロナウイルスワクチン(ワクチン)のフィリピンでの臨床試験に、多数の海外製薬会社が関心を有している。
主要消費関連企業の2020年上半期(1月~6月)の決算発表が出揃った。多くの企業が新型コロナウイルス感染拡大やそれに伴う地域隔離措置による景気悪化の影響を受けた。また、外食制限、家庭内食事の増加というライフスタイルの変化により明暗が大きく分かれた。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー