ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 9カ月間の外資投資認可額、3倍の2,780億ペソに

9カ月間の外資投資認可額、3倍の2,780億ペソに

2019年12月9日

広告
広告

フィリピン統計庁(PSA)によると、2019年第3四半期(7月-9月)の政府の7投資機関による外資投資(FI)認可総額は前年同期比327.9%増の1,824億3,600万ペソと急増した。

機関別で最も認可額が多かったのは投資委員会(BOI)の1,709億8,300万ペソで、全体の93.7%を占めた。次いで、フィリピン経済区庁(PEZA)の102億9,400万ペソ(シェア5.6%)、スービック湾広域庁(SBMA)の4億7,600万ペソ(同0.3%)。

業種別では、トップは情報・通信の1,345億0,500万ペソ(シェア73.7%)。次いで、電気・ガス・蒸気・空調供給の350億1,100万ペソ(同19.2%)、製造業の70億5,800万ペソ(同3.9%)。管理・支援サービス産業の25億8,600万ペソ(同1,4%)、不動産業の13億9,000万ペソ(同0.8%)など。

国別では、トップがシンガポールの1,350億7,700万ペソ(シェア74.0%)、次いで韓国の343億ペソ(同18.8%)、日本の39億ペソ(同2.1%)。これら投資認可案件による推定雇用創出数は24.2%減の2万7,487人。

 

2019年年初9カ月間では、前年同期比216.6%増の2,779億9,600万ペソ。機関別で最も認可額が多かったのは、BOIの2,398億5,400万ペソで全体の86.3%を占めた。次いで、PEZAの337億8,000万ペソ(シェア12.2%)、SMBAの24億0,900万ペソ(同0.9%)など。PEZA認可額は機関別で2位であったが、税制改革に関する不透明感など背景に前年同期比32.2%減少となった。

業種別では、トップは、情報・通信の1,351億3,900万ペソ(シェア48.6%)。次いで電力・ガス・空調供給サービスの716億8,200万ペソ(同25.8%)、製造業の481億9,900万ペソ(同17.3%)、管理・支援サービス産業の92億1,500万ペソ(同3.3%)など。
 国別では、トップがシンガポールの1,743億2,600万ペソ(シェア62.7%)、次いで韓国の355億1,700万ペソ(同12.8%)、日本の173億3,000万ペソ(同6.2%)だった。

なお、これらの投資認可額は実際の外資直接投資流入額ではない。実際の外資直接投資流入額は中央銀行が発表している。現時点では2019年年初8カ月間の流入額が発表されている。それによると、8カ月間の流入額は前年同期比39.7%減の45億3,500万米ドルと不振であり、大幅増加の認可額とは対照的な動きとなっている(19年12月5日のフィリピン統計庁発表などより)。

 

 

 
広告
広告
広告

その他の記事

国際協力銀行(JBIC)は、日本の製造業企業の海外事業展開の動向に関するアンケート調査を実施し、11月27日に結果を発表した。
比ユニクロは2019年11月29日に国内61号店(比ユニクロのウェブサイト表示による、一時閉鎖店も含む)となる「SMシティ・バギオ店」をオープンする。
中日本高速道路(NEXCO中日本、本社:名古屋市中区)は、11月20日、「フィリピン現地法人『NEXCO-CENTRAL Philippines Inc.(ネクスコ-セントラル フィリピン社)』を設立、事業を開始する」と発表した。
三菱地所は、今年8月、「マニラ首都圏に拠点を有するデベロッパー 『アルタランド、フィリピン証券取引所上場)』が推進するオフィスビル開発計画『Savya(サビヤ)ファイナンシャルセンター ノースタワー』プロジェクトに参画した」と発表した。
パナソニックのフィリピン拠点であるパソニックのパナソニック・マニュファクチャリング・フィリピンズ(PMPC、会計期末3月、PSE上場)は、11月14 日、2019年度上半期(2019年4月~9月)の事業報告書を公表した。
フィリピンを代表するコングロマリットとなったサンミゲル(SMC)が、11月8日、2019年9カ月間(1月~9月)の決算速報を発表した。  
鴻池運輸(本社:大阪市中央区)は、11月5日、「フィリピン最大級のグランドハンドリング企業『MacroAsia Airport Services Corporation (MASCORP、本社:マニラ市)』の株式20%を、その親会社でありルシオ・タン氏グループ企業である 『マクロアジア(MAC、フィリピン証券取引所上場、本社:マニラ市)』から譲受することで合意した」と発表した。
フィリピンの大手物流企業LBCエクスプレス・ホールディングス(LBC、フィリピン証券取引所上場)は、11月4日、日本の株式会社マーメイド(本社:東京都台東区)の全株式を20万米ドルで取得したと発表した。
ニッシンURCの業績が堅調に推移している。URCの事業報告書によると、ニッシンURCの2019年9カ月間(1月~9月)の売上高は前年同期比(以下同様)9%増の47億4,300万ペソ、EBITDA(税前・償却前・利払い前利益)は29%増の9億1,600万ペソ、純利益は31%増の5億7,900万ペソで二桁増益決算となった。
オンライン英会話など英語関連事業を運営するレアジョブ(本社:東京都渋谷区)は、10月24日、「フィリピンにて英語力評価(アセスメント)機能に特化した子会社RareJob English Assessment社を立ち上げる」と発表した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel