ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】世界銀行、比の成長率-8.1%でASEAN最悪と推定

【フィリピン経済ニュース】世界銀行、比の成長率-8.1%でASEAN最悪と推定

2021年1月7日

広告
広告
世界銀行は1月5日、「世界経済見通し(GEP)」2021年1月版を発行、世界経済は2020年にマイナス4.3%を記録したとの推定を発表した。


そして、新型コロナウイルス感染症の初期ワクチンが広く普及した場合(ベースラインシナリオ)、2021年の世界経済は4%の成長が見込まれるとしている。ただし、今回の危機を封じ込め、投資拡大のための改革実行に向けて断固たる政策措置を講じない限り、回復は完全なものとはならない可能性が高いと指摘している。


ただし、短期的な見通しは依然として不確実性が極めて高く、成長にばらつきが生じることもまだあり得るとしている。感染が拡大し続け、ワクチンの展開が遅れるという下振れシナリオの場合(悲観シナリオ)、2021年の世界経済の成長率は1.6%にとどまると見ている。他方、危機の抑制に成功しワクチンが予想よりも短期間に普及するという上振れシナリオの場合(楽観シナリオ)、世界経済は5%近く成長する可能性もあるとしている。


ベースラインシナリオの場合(以下同様)、中国を含めた新興国・途上国全体のGDPは、2020年にマイナス2.6%だったが、2021年は5%の成長になると見ている。中国の成長率は2020年には2%だったが、2021年は7.9%に加速すると予想している。中国を除く新興国・途上国は、2020年にマイナス5%だったが、2021年は3.4%に回復すると予想している。


フィリピンGDP成長率については、昨年12月時点の予想が継続されている。すなわち、2020年はマイナス8.1%と推定されている。新型コロナウイルス感染問題が長引いていること、10月後半から11月にかけて台風が連続上陸、ルソン島南部中心に大きな被害をもたらしたことなどにより、大幅マイナスを余儀なくされたと見ている。


その他のASEAN諸国の2020年GDP成長率は、ベトナムが2.8%、ミャンマーが1.7%、ラオスがマイナス0.6%、インドネシアがマイナス2.2%、マレーシアがマイナス5.8%、タイがマイナス6.5%、東ティモールがマイナス6.8%と推定されており、フィリピンの落ち込みの大きさが目立つ。


今後に関しては、新型コロナウイルス対策の進展や世界経済の立ち直りを前提に、フィリピン経済は回復に向かうと予想されている。具体的には、2021年のGDP成長率が5.9%へ回復、2022年は6.0%へと小幅加速すると予想されている。

 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピン銀行協会(BAP)のペソ対米ドル為替データによると、2020年12月末の終値は1米ドル=48.023ぺソで、前月末から0.037ペソ、率にして0.08%のペソ高となった。
 12月23日付けビジネスワールド紙が、三井住友フィナンシャルグループや三井住友銀行が、米国の取引銀行と提携して、アジアでの銀行買収を模索していると報じた。
住友商事(本社:東京千代田区)及び総合車両製作所(J-TREC、本社:神奈川県横浜市)は、12月21日、「フィリピン運輸省(DOTr)よりマニラ首都圏地下鉄事業フェーズ1(北部ケソン市~南部パラニャーケ市)の車両納入パッケージCP107(マニラ地下鉄向け鉄道車両240両納入プロジェクト)を受注し、12月15日に契約を締結した」と発表した。
三菱UFJ銀行(MUFG)マニラ支店は、毎年後半に、MUFGセミナー(経済・為替関連講演会)を開催している。しかし、2020年は新型コロナ禍でMUFGセミナーは中止せざるを得なくなり、セミナーの代わりに、「フィリピン経済概況 ペソ為替・金利見通し」という資料を作成、顧客などに案内している。
日本政府観光局(JNTO)は12月16日、2020年11月の訪日外客数推計値を発表した。それによると、11月の訪日外客数は前年同月比97.7%減の5万6,700人で、14カ月連続で前年同月を下回ったものの、実数としては前月から増加した。
日本外務省は、「12月14日午後、菅義偉内閣総理大臣は、ロドリゴ・ドゥテルテ・フィリピン共和国大統領と電話会談を行った」と発表した。その概要は以下のとおり。
貿易産業省(DTI)付属の投資促進機関の一つであるフィリピン経済区庁(PEZA)が、2020年11月現在、過去25年間に認可した投資案件は総額3兆9,000億ペソ相当に達した。
臨床検査機器・体外診断用医薬品メーカーのアークレイ(本社:京都市中京区)のフィリピン製造子会社であるアークレイ インダストリー社(AII)は、「i-densy Pack UNIVERSAL」を使用した逆転写ポリメラーゼ反応(RT-PCR)新型コロナウイルス検査キットの製造を開始した。
2020年12月4日のペソ対米ドル終値は、1ドル=48.040ペソで前営業日の48.045ペソから0.005ペソ続伸した。
開発予算調整委員会(DBCC)は12月3日、2020年~2022年の中期マクロ経済目標やその前提条件見直しのための会議を開催した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー