ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 旅行・観光情報 > Pamilacan Island パミラカン・アイランド

Pamilacan Island パミラカン・アイランド

【ボホール】バンドウイルカ、サラワクイルカ、マダライルカ、ハシナガイルカ、ハナゴンドウといった種類のイルカを目撃することができる、パミラカン島へのショートツアーへ。この島はサンゴ島なので、イルカ以外のたくさんの生物を見ることも可能。

広告
広告

①遠くにイルカの群れが見ることができる

②高機能カメラをお忘れなく

③ボートからのみる美しい景色

 

アイランドホッピングでイルカ見学へ

 

バンドウイルカ、サラワクイルカ、マダライルカ、ハシナガイルカ、ハナゴンドウといった種類のイルカを目撃することができる、パミラカン島へのショートツアーへ。この島はサンゴ島なので、イルカ以外のたくさんの生物を見ることも可能。シロナガスクジラ、ゴンドウクジラ、カズハゴンドウ、そしてジンベエザメなど運が良ければ見ることができる。また、静かなパミラカン島の白い砂浜でのリラックスもオススメだ。

広告
広告

詳細情報

インフォメーション

住所:Pamilacan Island Bohol

広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他・旅する情報

【ボホール】ボホールを象徴する場所とも言えるのがここ、チョコレート・ヒルズ。大小連なる独特の形をした小高い山々が並ぶ景色は圧巻だ。チョコレート・ヒルズという名は、山に生い茂る草が乾季になると暑さの関係で茶色になり、まるでチョコレートのようだということから付けられたのだそう。
【ボホール】都会の喧騒から離れて、リラックスしたいあなたにパーフェクトなビーチ。穏やかな青い海、長く続く白い砂浜、まだ観光客が少ない知る人ぞ知るビーチだ。そばにはレストランもあり、のんびりと海を見ながら食事をすることもできる。
【ボホール】”血盟記念碑”と呼ばれるこのモニュメントは、1565年にスペイン人のレガスピ総督とボホールの首長が血で杯を交わし結ばれた血盟を記念したもの。自身の血をワインに混ぜて互いに飲み合い、スペインとフィリピンの初の友好条約を結んだ。
【ボホール】人口で植林されたマホガニーの木々が、まるでアーチのように続くこの森林。以前、森林伐採をしすぎたため、洪水を防ぐためにこの木々が植えられた。高い木々に囲まれた道路が続くこの場所は、少し涼しく感じることができる。
【ビガン】一昔前は、マニラでも主要な乗り物だったカレッサ(馬車)。現在は、観光用がほとんどだ。情緒あふれる石畳のビガンの街を、コトコトと馬車に揺られながらゆっくりと散策してみては?カレッサ観光ツアーの所要時間はおおよそ4、5時間。
【ビガン】職人が陶芸品を作っている様子を見学することも、実際に陶芸体験をすることもできるこちらの工房。文化芸術の国家委員会により、1990年に国立民族芸術家に認定されている。職人によって作られた陶器は、太陽の光にあてないよう日陰で3週間ほど乾燥させ釜で最低1週間は焼く。
【ビガン】ビガン名物のエンパナーダは、パイ生地の中にグリーンパパイヤや野菜、肉を詰めて揚げたもの。ビガン名産のソーセージ、ロンガニーサ入りのエンパナーダが特に人気だ。価格はP30からP50。
【ビガン】多くの土産店が立ち並ぶクリソロゴ通り。中でもビガン唯一のアンティークショップであるこの店は、この町で最大の土産店だ。アンティークなので、他にはない掘り出し物が見つかることも。
【ビガン】フィリピンの歴史が学べるリバー・クルーズ。メスティゾ川は、15世紀から19世紀にかけて、貿易や人々の往来に利用され重要な役割を担った川として知られている。約1時間のツアーでは、あらかじめ録音された説明を聞きながら川を下り、ビガンの歴史を再現した5か所を巡ることができる。
【ビガン】ビガン観光に最適なヘリテージビレッジの中心部に位置。ホテル名は、スペインの探検家でビガンの街を築いたフアン・デ・サルセドにちなんで名づけられた。伝統的な内装にモダンテイストをミックスさせた、アットホームな雰囲気の客室。
  

旅する

エリア

ホテル

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel