ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 旅行・観光情報 > Antipolo Church アンティポロ大聖堂

Antipolo Church アンティポロ大聖堂

【アンティポロ】中心地にある市のシンボルとも言える、歴史あるドーム型の教会。キリスト教のホーリーウィークに、多くの信者が集まるのがこの大聖堂だ。ブラックナザレという黒いキリストも祭られている。

ステンドグラスも美しく一見の価値あり

 

歴史ある美しい大聖堂

 

中心地にある市のシンボルとも言える、歴史あるドーム型の教会。キリスト教のホーリーウィークに、多くの信者が集まるのがこの大聖堂だ。ブラックナザレという黒いキリストも祭られている。

詳細情報

インフォメーション

所在地:Dela Paz St,Antipolo,Rizal
電話番号:0925-247-1234

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他・旅する情報

【アンティポロ】アンティポロを訪れたら立ち寄りたい、アビロン動物園。7.5ヘクタールの敷地には約3000種の野生動物を始め、鳥類や哺乳類、爬虫類など約500種以上の様々な動物を見ることができる。キリンやポニーへのエサやりなど、動物たちと触れ合える。
【アンティポロ】小高い山の広大な敷地に建つボセイは、ローカルに人気のリゾート施設。都会の喧騒から離れリラックスして休暇を過ごしたい方に最適だ。またリラックスできるだけでなく、プールでエンジョイする事も可能。7種類もあるプールの中でも、一番人気は大きな波のストーム・ウェーブ・プール。
【アンティポロ】ローレランド・ファーム・リゾート内に新しくオープンしたこちらは、週末トリップの快適な滞在を約束してくれる。ロケーションも良く、友人や夫婦、家族で滞在できる。プライベート空間には様々なタイプの部屋をご用意。屋外プールやフルサービスのスパまり、ダイニングエリアでは多国籍料理が楽しめる。
【ボラカイ(フィリピン)】ボラカイ島の北端にある、のどかなビーチ。白い砂浜にはプカと呼ばれる美しい貝殻がたくさんあったことから、プカシェルビーチと名づけられた。ホワイトビーチのように商業施設が少ないので、混雑とは無縁。ゆっくりと浜辺を散策しながら美しい貝殻を拾ったり、優雅な時間を過ごすことができる。
【ボラカイ(フィリピン)】ボラカイ南東に位置するクリスタル・コーブは、個人所有の2ヘクタールほどの小さな島。見所は島に2つある洞窟だ。洞窟から覗くクリスタルブルーの海は息を飲むほどの美しさ。
【ボラカイ(フィリピン)】ボラカイの大自然を体感できる場所として、地元の人々や観光客から注目のスポット。デイトリップパッケージではクリフダイブ、カヤック、パドルボード、シュノーケル、ボートクルーズが体験できる。
【ボラカイ(フィリピン)】ホワイトビーチとは少し違った雰囲気のディニウッドビーチに位置する、少しユニークなリゾート。洞窟を通り抜けるとバンブー造りの建物が現れ、まるで冒険気分で訪れることができる。
【ボラカイ(フィリピン)】数々の実績があるレインツリーホテルグループの、次世代を担う注目のホテルがここコースト・ボラカイ。ステーション2という絶好のロケーション、部屋は全部で71室ありデラックス、プレミア、ワンベッドデラックス、ブルーマリーナ、ロフトの5種類が用意されている。
【ボラカイ(フィリピン)】日本人スタッフ3名、日本語対応可能なスタッフ3名が常駐。多くの観光客で賑わう中心部からは少し離れた、静かな環境に位置する。部屋は全部で14室あり、オーシャンビューの広いバルコニーがついたジュニアスイート(P9,500〜P11,750)が人気だ。
【ボラカイ(フィリピン)】広大な敷地には全219室の客室があり、36室は最上級ランクのヴィラとスイートルームを用意している。スタッフがカティクラン空港まで出迎えてくれるので、空港からリゾートまでの移動は完全なプライベート。
  

旅する

エリア

ホテル

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー