ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 旅行・観光情報 > Calauit Island カラウィット島

Calauit Island カラウィット島

まるでアフリカに来たような錯覚に陥る、ここカラウィット島。

広告
広告

1 キリンに自分の手からエサをあげるなんて、はじめての体験です。 2 島を歩けばシマウマに当る。これぞサファリ! 3 野生のキリンがいるのは、世界でも稀だと言われています。 4 小鹿がエサを食べるのを、こんなに近くで見ることができます。 5 ツノが生えたままの、野生の牡鹿が島には多く生息しています。 6 クロコダイルをはじめ、他にもさまざまな動物たちに出会えます。
まるでアフリカに来たような錯覚に陥る、ここカラウィット島。 キリンやシマウマなど100種類以上の野生動物を間近で見られる、まるでサファリパーク。 動物園と違うのは、その野生動物たちのほとんどが放し飼いにされているということ。 入場料は入場料(P400/1名)。 動物たちは日差しが強くなると木陰に隠れてしまうため、午前中に行くのがおススメ。 カラウィット島へ行くには、各ホテルが手配している日帰りツアーに申し込むと便利です。 所要時間は、コロン町からボートで約1時間。 マルコス大統領時代にアフリカからこの地に来た野生動物たちと、島を歩きながら触れ合える、貴重なスポットです。

広告
広告

詳細情報

広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他・旅する情報

アロナ・ビーチの喧噪を避け、離れて佇む隠れ家リゾート。
セブ・マクタン空港から約2時間半のドライブで専用の桟橋に到着すると、そこからボートで約10分。
セブシティから1時間半、青くなっていく空と海に期待感が高まる。
花と緑に彩られた13ヘクタールの広大な庭園内には2つのプールがあり、入江にはプライベートビーチも。
シンキング・ベル・タワーのすぐ真下に見える教会。
タールの街の高台にある、フィリピン最大級の教会「聖マーチン教会」です。
元々アニラオでダイビングインストラクターをしていた高柿さんが独立し、昨年11月に完成した「海の家」。
Pacific Blue Dive Centerはフィリピン全土に8店舗を展開する、日本人経営のダイブショップ。
タガイタイの自然にとけこむ新規オープンホテル澄み切った空気を全身で感じてください。
タガイタイとナスグブの境界からすぐ、森に佇む2つの教会があります。
  

旅する

エリア

ホテル

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel