ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 旅行・観光情報

旅する 月間アクセスランキング

世界屈指のスパ、THE FARMで体質改善!ツアー・宿泊のお申し込みはPrimerからどうぞ!
【アンティポロ】こちらは、フィリピンでは知る人ぞ知る人気のゴルフクラブ。通常9ホール、または18ホールが一般的ですが、ここのホールは全部で21ホールある。また、ここのコースはすっきりと見晴らしがよいことで有名で、晴れた日にはマニラ首都圏が一望できるほど。
サンタローサが誇る、フィリピン最大級のテーマパーク。「フィリピンのディズニーランド」との評判に偽りはなく、平日も多くの人で賑わう。
  フィリピン中部のビサヤ諸島の中でセブ島の西隣に位置する「ネグロス島」。観光地として日本人にはまだあまり馴染みのない島ではありますが、手付かずの自然が残された豊かな島です。 そのネグロス島の南端、フィリピンで […]
【ケソン】マニラから専用小型機で約30分の、サンゴ礁に囲まれた美しい自然が残るリゾートアイランド。ホワイトサンズのビーチが広がり、島を取り巻く海洋環境の保護に力を入れているため、ダイビングでは様々な海の生物たちに会うことができる。宿泊施設は、メインのバレシンヴィラでは島一番の美しいビーチが目の前に広がり、ビーチでのスパやプールにウォーターアクティビティが楽しめる。
【ラグナ】ラグナ州アラミノスにあるヒドゥン・バレー・スプリングスは、知る人ぞ知る天然プールのあるリゾート。バナハオ山とマキリング山の合間の渓谷に位置するこの場所は、“大自然の楽園”という言葉がぴったりだ。
10個もの温泉プールを保有するこちらのリゾート。温度は40~49度に保たれおり日本人にも十分な熱さ。広々としたリゾート内のホテルはコテージのようになっており静かで落ち着いた空間。
【コロン】コロンのアイランドホッピングツアーで人気スポットとなっているのが、こちらの湖。アジアで1番透き通った湖と呼び名が高いターコイズ色の透明感のある湖は、コロンを訪れた際は是非見ておきたい絶景。人気スポットとなっている理由の1つに、時がたつことを忘れてしまうほどの静けさがあげられる。
【コロン】コロン島のブスアンガ空港から車とボートで1時間。神秘的なマングローブ林に囲まれた川を下り海を進むと、美しい珊瑚礁に囲まれた島クラブパラダイスがあらわれる。周辺は白い砂浜と自然豊かな生態系があり、家族や恋人同士での滞在はもちろん、シュノーケリングやダイビングスポットとしても人気。
【シアルガオ】ジェネラルルナに位置するクラウド9は、フィリピンのサーフィンの聖地として世界的にも人気のサーフスポット。多くの人がシャルガオを愛してやまない理由の一つがその波。波の種類が豊富で、プロから趣味の人まで楽しむことができ、高い波へのアクセスを考慮した足場も設けられている。
【ダバオ】世界中から人々が登山に訪れるフィリピンの最高峰で、フィリピンの国鳥であるイーグルや絶滅の危機に瀕した植物が多く生息している。また、頂上からの日の出はとても美しく、登山者を惹きつけている。また、国立公園に指定されている。
心温かい人々、どこか懐かしい雰囲気を感じさせる街、そして雄大な自然。豊かな魅力溢れる街ダバオへ、足を伸ばしてみませんか?
【プエルトガレラ】リーズナブルでありながら、良質なサービスを提供する注目リゾート。心掛けているのは、「おもてなし」。ムリエ・ベイに近く、日中はダイビングが楽しめ、日没後も活気にあふれる場所。
ゆっくりとくつろげる広いデッキの豪華なカタマランで大物狙い! スービック経済特別区近くのマリーナを出航して、バタアンのアンバヤコーブ沖やザンバレス域のスービック湾外側の綺麗な海へご案内します。
在比歴28年の岩ちゃん悠々紀行シリーズ第1回目に相応しく、旅ツウのみぞ知るフィッシングスポットをご紹介!
【ナスブ】マニラからおよそ3時間、”街の喧騒から離れてゆったりとした時間を過ごせる”と地元民や観光客から絶大な支持を得ているこちらのリゾート。
【アルバイ】ラグジュアリーな島として知られる、カグラライ島にあるパラダイスリゾート。静かな島の南東部に位置し、忙しい都会の生活を忘れ¥リラックスして過ごすことができる。客室タイプは、デラックス・ガーデン・ビュー、デラックス・ビーチ・フロントなど多数用意されている。
マニラ近郊観光スポットとして人気の1つ、スリリングな急流下りが楽しめるパグサンハ川急流下り。
【ボホール】ボホールは海だけでなく長時間を楽しめるリバークルーズがある。ロボックのポブラシオン オンドル(Poblacion Ondol)のリバークルーズは、休暇を満喫したいグループや家族に、最適なアトラクションだ。
【ダバオ】現大統領、ドゥテルテ氏の里として有名なダバオ市。その市内中心部から車で30分ほどの場所にあるドゥテルテ氏の家に、多くの人が訪れるようになった。自宅前でドゥテルテ氏の等身大パネルと記念撮影することも可能。
【ビガン】一昔前は、マニラでも主要な乗り物だったカレッサ(馬車)。現在は、観光用がほとんどだ。情緒あふれる石畳のビガンの街を、コトコトと馬車に揺られながらゆっくりと散策してみては?カレッサ観光ツアーの所要時間はおおよそ4、5時間。
【スービック】スービックで最も有名なリゾートの一つが、マニラから車で3時間のCamayan Beach Resort and Hotel。裸足で砂の上を歩き、ヤシの木で作られた伝統的な家・ニパハットの快適さを満喫し、クラシカルなフィリピン家庭のインテリアを感じてほしい。
【バタアン】広大なリゾートの敷地内には、運河やスペイン統治時代の様子を再現した建築が並ぶ。最高の宿泊体験ができるように、様々なエンターテインメント、リラクゼーション、レクリエーションを提供。
雄大なアポ山の山麓にあり、ダバオ市内から車で30分ほどの交通の便が良いゴルフ場です。
【セブ】オナガザメ、マンタ、ウミウシなど様々な海洋生物と出会えるだけでなく、楽園のような島そのものも魅力。隠れ家リゾートとも呼ばれる美しい自然が残る島は、ダイバーたちを魅了する有数のダイビングスポットでもある。
【バコロド】愛する妻を偲んでDon Mariano Lacson氏が1920年に建てた大邸宅。その後、第二次世界大戦中、日本兵を邸宅に入れたため、1942年にフィリピンゲリラ兵によって焼かれてしまうが一部が残り、現在一般公開されている。
【オカダマニラ】屋内ビーチとナイトクラブが融合したフィリピン最大級のエンターテインメント施設「コーブマニラ」。9000平米もの敷地内にはプライベートバスタブや豪華なガバナが点在しており、クラブ好きな方にはたまらない空間を味わえます。
船着き場からは、木造の通路が湖に向かって伸びる。剣山のような岩場を抜けると、淡水と海水で2層になったような不思議な湖が姿を見せます。
【タガイタイ】タガイタイに来たら一度は寄りたい観光スポット。タガイタイの名物タール火山やタール湖を一望できる絶景の公園だ。空に飛び交う多くの鳥のさえずりを聞いていると、自然とリラックスできるはず。
【スービック】巨大な水上プレイエリアは、滑り台、タワー、橋、人間発射台、ターザン・スイングなどなど様々なアトラクションに分かれている。最近新しく加わったアトラクションは、ユニコーン・アイランド。子供たちのために特別に作られた。
広大な土地を利用して大自然の中に作られた温泉プールHidden Valley Springs。まさに宮崎駿の世界を体感できます!
日本人に知られていない「秘境」「穴場」という言葉がふさわしいこれから大注目のリゾート地、プエルトガレラの魅力とは?
【ケソン】バナハオ山は南タガログ地方に位置し、ケソン州・ラグーナ州にまたがる巨大な不活性火山。2158メートル、1080フィートの標高があり、キリスト教のホーリーウィーク中には多くの人々が訪れる。また国立公園でもあり、フィリピン政府により保護されている。
【イントラムロス】1993年に世界遺産に登録され、幾多の地震や、第2次世界大戦の爆撃にも耐え抜き、当初からの姿を残しているため、奇跡の教会とも言われている。
【コロン】パラワンの北に位置するブスアンガ島の南西に浮かぶ、小さなリゾートアイランド。緑豊かな島を縁取る白い砂浜、その先に広がるターコイズブルーの海が美しいコントラストを生み出している。
【コレヒドール】アメリカの司令部、また防空壕として使用されていたトンネル。トンネルの中は膨大な量の弾薬、食料、生活必需品、1000人収容可能な地下病院を収容できるように設計されている。戦時中の出来事を再現した映像も視聴できる。
【バタアン】サマット山に立つ“戦時の勇気を讃える慰霊堂”は、、92メートルの巨大な十字架の他にもフィリピンの芸術作品を見ることができる。巨大な十字架の内部にはエレベーターがあり、頂上にはバターンを一望できる展望スペースがある。
【クラーク】ファミリーにオススメ!子供たちが楽しみながら学べるテーマパーク、ダイナソー・アイランド。恐竜を見ながらパーク内奥に進むと、恐竜の化石が展示されているフォッシルミュージアムがあり、珍しい恐竜の複製が見られる。
【スービック】スービックで一般公開されているヨットクラブ。誰でもがヨットクルーズや豪華なレジャーを楽しむことができる。ヨットでの食事、スイミング、また、釣りを楽しんだり、さまざまなパッケージが用意されている。
【ラウニオン】サンダーバード·リゾート·アンド·カジノは世界的にも有名な総合リゾート施設。南シナ海を一望できる高台に位置し、ギリシャ、サントリーニ島のリゾート地をモチーフにしたというコバルトブルーと白が基調の爽やかな造り。ワンランク上のバケーションを過ごすのにぴったりだ。
【ビガン】ビガン名物のエンパナーダは、パイ生地の中にグリーンパパイヤや野菜、肉を詰めて揚げたもの。ビガン名産のソーセージ、ロンガニーサ入りのエンパナーダが特に人気だ。価格はP30からP50。
【イントラムロス】イントラムロスのシンボル的存在となっている教会。ドーム状の屋根とベル・タワーが遠くからでも見えるほど大きい。1571年に創設されたが、第2時世界大戦で崩壊。その後1954年~58年に再建。
【エルニド】 岩山に囲まれたラグーン。小さな穴をくぐり抜けてやっと到達できるので、秘密の場所を見つけたようなワクワク感を味わえる。
【プエルトガレラ】フライデーズは、ムリエ湾沖の、Boquete島と呼ばれる専用の島に建つ。フライデーズ ボラカイが姉妹リゾートだ。ボラカイのあるアクラン州まで行かずとも、ここプエルトガレラで高級リゾートアイランド気分を味わうことが出来る。
【アルバイ】アバカを使用した伝統工芸品のバッグ、バスケット、玄関マット、ランプを始め様々な手作り製品を幅広く取り扱うこちらのショップ。仕入れているアバカは、マヨン火山の危険区域6km以内に生息している大変貴重な品だ。
【ケソン】プティン・ブハンギンとはタガログ語で「白い砂」という意味。その名の通りきめの細かい真っ白な砂が目の前に広がっているビーチだ海底に住む小さな水の生物までもはっきりと見えるほど透き通った水が特徴。また浅瀬の洞窟の見学も可能。
【アンへレス】”冒険・リラクゼーション・食”といった楽しみが3拍子揃った温泉施設。移動手段となる4輪駆動車から見る、その美しい景観にはきっと驚くはず。温泉はステーション3と呼ばれるエリアにあり、レストランや受付があるステーション1からは約30分。
マニラから北に5時間、サーファーズパラダイスとして名高いラウニオンで日帰りサーフィンを楽しんじゃいましょう!
【ナスブ】波の音をききながらゆったりしたい人のために、カバナと呼ばれる仕切りのあるプライベート空間が用意されている。カップルで過ごすのにはおすすめの場所だ。
世界中にファンを持つパール・ファ-ム・ビーチ・リゾートは、ダバオ市内の港からボートで約40分離れたサマール島に位置します。
アヤラセンターにあり、その立地の良さからビジネスマンの利用度が高い。2014年に開館45周年を迎えた。環境活動に力を注ぎ、環境保全認証制度「EarthCheck」でシルバーレベルを獲得している。
【アルバイ】人気観光スポット、ガグサワ遺跡、アルバイ・パーク、そしてショッピングモールにも近く便利なロケーションで手ごろな価格のホテル。低価格ながら、質の良いサービスとアメニティを提供している。30あるモダンな内装の客室は、スタンダード・ルーム、スペリア・ルーム、ツイン・スペリア・ルーム、デラックス・ルーム、ツイン・デラックス・ルーム。
【アルバイ】マヨン火山は、世界で最も完璧な円すい形と称され、どこから見ても美しく壮大なその姿を眺めることができる。フィリピンで最も活発な火山であり、1938年7月には国立公園に指定されている。標高は約2,500mあり、トレッキングすることも可能。
【アルバイ】息を飲むほどの美しい、完璧な円錐形のマヨン山や、広大なアルバイ湾、レガスピの街を見渡せるスタイリッシュなホテル。空港からわずか15分の市の中心に位置しながら、繁華街からは適度な距離があり静かに過ごすことができる。
自然と戯れ、フィリピン文化にも触れられるリゾートが、マニラ近郊にあるって知っていた?
60CMオーバーのランカーバスも釣れる!フィリピンでバスフィッシング
【ダバオ】ミンダナオ島南部の先住民族であるティボリ族は、豊かな伝統文化を代々受け継いでいることで知られ、特に色彩豊かな織物は有名。色鮮やかで美しい幾何学的な模様が特徴のタナラックと呼ばれる布を使用した伝統工芸品の購入が可能。
フィリピンの伝統的な料理、エンパナーダ。
【ビガン】ビガンのショップの織小物は、この手織り工場「Rowilda’s Loomweaving」でほぼ作製される。25人の手織り職人が織るのは伝統工芸・アベル織り。強度に優れカラフル、様々な製品に加工されお土産に最適だ。手織り体験は無料。製品はP140からP680で購入可。
【イントラムロス】フィリピンの国民的英雄、ホセ・リサールが囚われの身になっていた場所。 処刑当日に彼が処刑場に向かったときの足跡が残っている。
【アンティポロ】2010年のオープン以来、地元の芸術家たちの作品を展示した、美しい自然に囲まれた美術館として’多くの観光客が訪れている。展示作品は、絵画、彫刻、インスタレーションなど300点以上。竹であしらった暗い迷路のような”ルーム”と呼ばれるギャラリーコーナーは必見だ。
【イントラムロス】イントラムロス内の各名所をセグウェイに乗って巡るユニークなツアー。 White Knight Hotelによって運営されているツアーで、一時間コースはサン・オウガスチン教会、SanDiego Gardenをはじめとするイントラムロス内の9つのスポットを巡る。
【エルニド】 シュノーケリングをするならここ!豊かな生態系を有しており、多くの生物が見ることが出来る。運が良ければ、大イグアナを見られることも・・・・・・!
終戦1年前の第2次世界大戦の末期、アメリカ軍からの攻撃を避けるため、当時フィリピンを占領していた日本軍は、島が多く入り組んだ地形であるコロン湾に避難してきました。
昨年オープンしたばかりの5つ星リゾートホテル。フランス語でヤギの意味であるラ・シェブルリがここのトレードマークである。波のさざめきを聞きながら、高いホスピタリティーでリラックスしたひと時を楽しめる。
タガイタイで最も有名なホテル「Taal VistaHotel」。
【ダバオ】ダバオ市と中度語句の友情・団結を表し、赤色は金運と幸運を意味する入り口の門は地元のシンボル。ここでは4つのストリートで食料品から雑貨まで買い物を楽しむことができ、それぞれに4つの門がある。毎年、旧正月には多くの人で賑わう。
【ケソン】教会として宗教活動のためにのみ解放されていたこの場所は、懺悔、瞑想、感謝の祈り、病気平癒祈願を望む人々のため一般公開された。国内で最も人気の巡礼地の一つ。丘の上には、大きくそびえたつキリスト像があり、そこからは美しい景色が広がる。
【クラーク】パンパンガ州やクラークの魅力が満載なこの博物館、施設内の4Dシアターではクラークの歴史はもちろんのこと、アエタ族、ピナトゥボ火山噴火、第二次世界大戦、クラーク経済特区についてのショートムービーが上映されている。
フィリピンの海に暮らす、魚やサンゴなど様々な生物を見ることができる海洋テーマパーク。一番の目玉はイルカとの触れ合い。
【ダバオ】絶滅の危機にある、貴重なフィリピンワシを見学することができる野生動物の保護センター。フィリピンワシは、翼を広げると全長は2mにも及び世界最大。
72   Casino カジノ
【オカダマニラ】初心者から上級者まで楽しめる24時間営業のカジノフロア。多彩なゲームを備え、3000台以上のスロットマシンが並びます。バカラなど定番のテーブルゲームから最新マシーンまで、お好みのゲームをゆっくりと楽しめること間違いなし。
【イントラムロス】フィリピンの国民的英雄ホセ・リサールが当時使用していたコート、帽子、医療器具、本、名刺など、多彩な経歴を物語る多くの遺品が展示されている。
まるでアフリカに来たような錯覚に陥る、ここカラウィット島。
【ナスブ】フォーチュン・アイランド・ダイブ・リゾートには、宿泊施設はないが、日帰りツアーまたは宿泊ツアー用のテントの貸し出しを行っている。
【マニラ】マニラホテルは5つ星の高級ホテル。中でも、優雅なインテリアと完璧なサービスで有名なシャンパンルームはオススメ。ゲストはマニラホテルのバーやラウンジでグラスカクテルを飲みながらリラックスすることができる。ホテルのバーは、英国パブの雰囲気を色濃く残したインテリアになっている。
1581年に建設され、以来何度も改築されている。そのため、未だに美しさを保ち続け、バタンガス市におけるカトリックの中心である。日曜日になると讃美歌や人々の祈りが聞こえだす。
マニラ在住の女性の間で人気のイロッグ・マリア。
【サンタローサ】2012年2月にオープンしたウェイクボード施設。湖は人工的に作られていて、綺麗で安心。初心者コースと上級者コースが分かれている。
Dutyfreeの街、スービックではお買い物がいち段とお得です。
豪華クルーザーで行くサンセットクルーズ セブ1番のラグジュアリークルーザーでセブの海を満喫
【シアルガオ】シャルガオ アイランド ヴィラは、島本来の自然の中で時を過ごせる落ち着いたヴィラだ。本格インドネシア料理を提供するシワランシャルガオ(Warung Siargao)も。
道沿いから、10分ほどバンで石ころの道を進んだ場所、海のすぐそばに珍しい岩場があります。
【イロコス・スル】知る人ぞ知るサンチャゴ洞窟沿いの素敵なヴィラ・Vitalis Villasは、エーゲ海の著名な観光地・ギリシャサントリーニ島を彷彿させる白と青で彩られた美しい景観で私たちを出迎えてくれる。フランス芸術家Macario Vitalisに由来してなずけられたこのホテルの最高のおもてなしの一つだ。
【イントラムロス】人気ガイドカルロス・セルドランが贈る城壁に囲まれた街に現存するフィリピンの建築、文化、歴史や、その背後にある物語を探求するツアー。
神秘の楽園という名前にぴったりのパラワンを代表するリゾート、エルニド。
【バナウェ】バタッド・ライステラスでは、壮大な緑を楽しみながらトレッキングが出来る場所としても良く知られている。お勧めの時期は乾季の12月から6月。ちょうど収穫時に差し掛かることもあって、葉が緑から黄金に変わる様子も見ることができまる。
【バギオ】バギオ市そのものより古くはないが、創業以来その豪奢な設備に同業者たちから一目置かれ続けてきた、いわば規範とも言える存在。この16年間、”松の街”での至極のステイを旅客に提供し続けている。
【ナスブ】白く輝く砂浜と青く澄み渡る海に囲まれ、昼夜問わず美しい景観を讃える同リゾートでは、爽やかなヤシの木が天高く伸び、ニパハットの屋根がサンクチュアリーのような日陰をつくる。
【エルニド】パラワン島エル・ニドに位置する、325ヘクタールの規模を誇るリオ・ツーリズム・エステート内のリゾート「セダ・リオ」。世界的な観光地を目指すエル・ニドの地で、より多くの旅行者の皆様に当地に足を運んでいただくために、充実した設備とアメニティを完備しております。
バギオを代表する果物であるイチゴの農場や、お土産店が集まる人気スポット。イチゴそのものはもちろん、イチゴジャムやワインといった加工品も格安で購入可能。
Burnham Parkと並び、バギオ市民から愛される公園。園内の植物はきれいに手入れされており、フィリピン映画の撮影でも良く使われるスポットだ。乗馬が楽しめることでも有名。
【アルバイ】ビコール地方の伝統工芸品、陶磁器や民芸品が並ぶセンター。職人が丁寧に焼き上げた陶磁器は、世界的にも高い評判を得ている。センターでは制作過程の見学、そして花瓶、プレート、マグカップなど様々な完成品の購入が可能。
タガイタイと言えば、きれいな空気と豊かな土壌。
パグサンハン市街地から車で約20分、北上したところにあるリゾート施設。カリラヤ湖に面していて、カヤックやジェットスキーをはじめ、ウェイクボードなども楽しめる。
Solenad1にある、コイの餌やり。餌を求めて集まるコイはまるで赤い絨毯のよう。子供たちは餌に必死に食らいつくコイに興味津々。
2010年にオープンしたこちらは、ゲストの7割以上が日本人。きめ細やかなサービスに日本人ビジネスマンからの評価が高い。
【ケソン】ケソン州のルクバンで毎年5月15日に行われる祭り。元々は聖イシドロ・ラブラドール(農業の守護聖人)に感謝をささげるため、人々が収穫したものを祝福して豊作を祝うイベントだった。街全体が鮮やかに彩られ、パレードやバンド演奏で盛り上がる。
【ケソン】祭壇までの距離が国内で最も長いことでも有名な教会。古い教会としては珍しい鍵の形に造られた、ユニークなデザインも特徴だ。1743年には、地震により壁は残ったものの崩壊、その後再び改築されカトリック教徒の増加に伴い教会は増築された。
「スービックのテーマパークと言えば?」と現地の方に聞くと、真っ先に名前があがる人気の動物園。日本の動物園との違いは、動物との近さ!

旅する

エリア

ホテル

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel