ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 旅行・観光情報

旅する 月間アクセスランキング

世界屈指のスパ、THE FARMで体質改善!ツアー・宿泊のお申し込みはPrimerからどうぞ!
10個もの温泉プールを保有するこちらのリゾート。温度は40~49度に保たれおり日本人にも十分な熱さ。広々としたリゾート内のホテルはコテージのようになっており静かで落ち着いた空間。
サンタローサが誇る、フィリピン最大級のテーマパーク。「フィリピンのディズニーランド」との評判に偽りはなく、平日も多くの人で賑わう。
【アンティポロ】こちらは、フィリピンでは知る人ぞ知る人気のゴルフクラブ。通常9ホール、または18ホールが一般的ですが、ここのホールは全部で21ホールある。また、ここのコースはすっきりと見晴らしがよいことで有名で、晴れた日にはマニラ首都圏が一望できるほど。
心温かい人々、どこか懐かしい雰囲気を感じさせる街、そして雄大な自然。豊かな魅力溢れる街ダバオへ、足を伸ばしてみませんか?
フィリピン中部のビサヤ諸島の中でセブ島の西隣に位置する「ネグロス島」。観光地として日本人にはまだあまり馴染みのない島ではありますが、手付かずの自然が残された豊かな島です。 そのネグロス島の南端、フィリピンでも有数の美しい […]
60CMオーバーのランカーバスも釣れる!フィリピンでバスフィッシング
【セブ】セブの北端に位置するボラカイを彷彿させる、ホワイトサンズビーチの静かな島。エメラルドグリーンの海を眺めながらリラックスすることはもちろん、周辺へのアイランドホッピングなどのアクティビティもオススメだ。
【ナスブ】マニラからおよそ3時間、”街の喧騒から離れてゆったりとした時間を過ごせる”と地元民や観光客から絶大な支持を得ているこちらのリゾート。
【スービック】巨大な水上プレイエリアは、滑り台、タワー、橋、人間発射台、ターザン・スイングなどなど様々なアトラクションに分かれている。最近新しく加わったアトラクションは、ユニコーン・アイランド。子供たちのために特別に作られた。
【イロコス】ソードビーチの白い砂浜は、フィリピンを代表するビーチリゾート、ボラカイ島に匹敵する美しさで、 “北のボラカイ島”としても知られている。特に乾季には、サーフィン、スノーケリング、スキューバダイビングを楽しむ人々で賑わう。
【ビガン】ビガン名物のエンパナーダは、パイ生地の中にグリーンパパイヤや野菜、肉を詰めて揚げたもの。ビガン名産のソーセージ、ロンガニーサ入りのエンパナーダが特に人気だ。価格はP30からP50。
【アンティポロ】アンティポロから少し離れているが、巨大な石灰岩が連なる環境保護地区は必見だ。ここでは広大な大自然の中で、本格的なトレッキングが体験できる。特に“Sapot”と呼ばれる蜘蛛の巣状に張られたワイヤーの上からは、フィリピン最大のラグナ湖の壮大な景色が望める。
【オカダマニラ】世界的に有名なブランドはもちろんのこと、オカダマニラでしか手に入らない貴重なお買い物も存分に満喫していただけます。ショッピングアーケードはまだ未完成ですが、魅力的なショップが次々とオープンして行きます。
【ラグナ】ラグナ州アラミノスにあるヒドゥン・バレー・スプリングスは、知る人ぞ知る天然プールのあるリゾート。バナハオ山とマキリング山の合間の渓谷に位置するこの場所は、“大自然の楽園”という言葉がぴったりだ。
【タガイタイ】タガイタイに来たら一度は寄りたい観光スポット。タガイタイの名物タール火山やタール湖を一望できる絶景の公園だ。空に飛び交う多くの鳥のさえずりを聞いていると、自然とリラックスできるはず。
【カビテ・シラン】チャンピオンシップコースを2コースもち、日本人の会員も多い The Riviera Golf Club0 Silangはマニラと比較して標高が高いため、プレー中も気持ちの良い風を受けながらプレーすることがで きる。
ゆっくりとくつろげる広いデッキの豪華なカタマランで大物狙い! スービック経済特別区近くのマリーナを出航して、バタアンのアンバヤコーブ沖やザンバレス域のスービック湾外側の綺麗な海へご案内します。
19   Casino カジノ
【オカダマニラ】初心者から上級者まで楽しめる24時間営業のカジノフロア。多彩なゲームを備え、3000台以上のスロットマシンが並びます。バカラなど定番のテーブルゲームから最新マシーンまで、お好みのゲームをゆっくりと楽しめること間違いなし。
広大な土地を利用して大自然の中に作られた温泉プールHidden Valley Springs。まさに宮崎駿の世界を体感できます!
フィリピンといえばビーチリゾートは外せない!マニラから飛行機なしで行けちゃうおすすめリゾートがあるんです。
【StarThaterは10月2日の火災のため、現在許攸行中です。】38もの乗り物やアトラクションが楽しめるアミューズメントパーク。屋内外の両方にアトラクションがある。絶叫系が好きな方には「Star Flyer(スターフライヤー)」 や「Vikings(バイキング)」、「Jungle Splash(ジャングルスプラッシュ)」などがおすすめ。
【イントラムロス】イントラムロスのシンボル的存在となっている教会。ドーム状の屋根とベル・タワーが遠くからでも見えるほど大きい。1571年に創設されたが、第2時世界大戦で崩壊。その後1954年~58年に再建。
【コロン】コロンのアイランドホッピングツアーで人気スポットとなっているのが、こちらの湖。アジアで1番透き通った湖と呼び名が高いターコイズ色の透明感のある湖は、コロンを訪れた際は是非見ておきたい絶景。人気スポットとなっている理由の1つに、時がたつことを忘れてしまうほどの静けさがあげられる。
【ケソン】バナハオ山は南タガログ地方に位置し、ケソン州・ラグーナ州にまたがる巨大な不活性火山。2158メートル、1080フィートの標高があり、キリスト教のホーリーウィーク中には多くの人々が訪れる。また国立公園でもあり、フィリピン政府により保護されている。
フィリピンの伝統的な料理、エンパナーダ。
【アンティポロ】アンティポロの秘境、様々なフォーメーションの石灰岩を見ることができる穴場スポット。洞窟の中はとても広く神秘的な空間が広がり、“癒しの水”と呼ばれる湧き水もわいている。洞窟発見にまつわるストーリーも興味深い。
日本人に知られていない「秘境」「穴場」という言葉がふさわしいこれから大注目のリゾート地、プエルトガレラの魅力とは?
【バギオ】毎年2月に行われるバギオの祭典。多くの民族の亀裂を生まないように、シンプルにバギオの文化を祝う祭として始まった。1996年の第1回の成功から、今ではバギオ市民が誇りを持って自分たちの文化を表現する場になっている。
マニラ在住の女性の間で人気のイロッグ・マリア。
【ケソン】マニラから専用小型機で約30分の、サンゴ礁に囲まれた美しい自然が残るリゾートアイランド。ホワイトサンズのビーチが広がり、島を取り巻く海洋環境の保護に力を入れているため、ダイビングでは様々な海の生物たちに会うことができる。宿泊施設は、メインのバレシンヴィラでは島一番の美しいビーチが目の前に広がり、ビーチでのスパやプールにウォーターアクティビティが楽しめる。
在比歴28年の岩ちゃん悠々紀行シリーズ第1回目に相応しく、旅ツウのみぞ知るフィッシングスポットをご紹介!
【オカダマニラ】屋内ビーチとナイトクラブが融合したフィリピン最大級のエンターテインメント施設「コーブマニラ」。9000平米もの敷地内にはプライベートバスタブや豪華なガバナが点在しており、クラブ好きな方にはたまらない空間を味わえます。
【イントラムロス】フィリピンの国民的英雄、ホセ・リサールが囚われの身になっていた場所。 処刑当日に彼が処刑場に向かったときの足跡が残っている。
マニラ湾に浮かぶかつての太平洋戦争の激戦地を訪ねて。
【ナスブ】名前の由来にもなっているピコ・デ・ロロ山の美しい山並みを背に目前には青い海が広がるリゾート。 周辺には長期滞在者にはうってつけのコンドミニアムやカントリークラブなどがあり、余暇を思い切り楽しめる施設が点在している。
マニラ近郊観光スポットとして人気の1つ、スリリングな急流下りが楽しめるパグサンハ川急流下り。
3種類のホテルを有するこちら。おススメは断然Splash Suites HotelとSplash Oasis Resort and Hotel。Splash Suites HotelのStandard Suite roomには部屋の中に温泉がつく。
【シアルガオ】ジェネラルルナに位置するクラウド9は、フィリピンのサーフィンの聖地として世界的にも人気のサーフスポット。多くの人がシャルガオを愛してやまない理由の一つがその波。波の種類が豊富で、プロから趣味の人まで楽しむことができ、高い波へのアクセスを考慮した足場も設けられている。
【ビガン】一昔前は、マニラでも主要な乗り物だったカレッサ(馬車)。現在は、観光用がほとんどだ。情緒あふれる石畳のビガンの街を、コトコトと馬車に揺られながらゆっくりと散策してみては?カレッサ観光ツアーの所要時間はおおよそ4、5時間。
【ナスブ】波の音をききながらゆったりしたい人のために、カバナと呼ばれる仕切りのあるプライベート空間が用意されている。カップルで過ごすのにはおすすめの場所だ。
【タガイタイ】人里離れた丘の上に佇むホテル。曲がりくねった長い道をドライブしたら、息をのむほどに美しい田舎の景色が待っている。宿泊施設はkuboという、ニッパハット(フィリピン伝統の、ニッパヤシと竹で出来た小屋)。
スービック市街から東の郊外にある原住民族アイタ族に出会えるスポット。
「スービックのテーマパークと言えば?」と現地の方に聞くと、真っ先に名前があがる人気の動物園。日本の動物園との違いは、動物との近さ!
【ダバオ】世界中から人々が登山に訪れるフィリピンの最高峰で、フィリピンの国鳥であるイーグルや絶滅の危機に瀕した植物が多く生息している。また、頂上からの日の出はとても美しく、登山者を惹きつけている。また、国立公園に指定されている。
【ダバオ】ミンダナオ島南部の先住民族であるティボリ族は、豊かな伝統文化を代々受け継いでいることで知られ、特に色彩豊かな織物は有名。色鮮やかで美しい幾何学的な模様が特徴のタナラックと呼ばれる布を使用した伝統工芸品の購入が可能。
【イロコス・スル】サンタマリア教会は、ユネスコ世界遺産認定の植民地時代の面影残る教会。フィリピン4大バロック式教会の1つで”The Church of Our Lady of Assumption”(聖母の被昇天教会)とも呼ばれる。1769年にアグスチン会の修道士がナバナンのチャペルとして建築、横のベルタワーも見学したい。
【オカダマニラ】アクロバティックなサーカスや噴水ショー「THE FOUNTAIN」(ザ・ファウンテン)など、エンターテインメントが満載のオカダマニラ。息をのむような新鮮な驚きや感動を観客に提供しています。オカダマニラのパフォーマンスチームによるアクロバットやダンスはまさに圧巻。躍動的な音楽とともに五感で満喫しましょう。
【プエルトプリンセサ】ヤシの木が茂るホワイトビーチ。ビーチサイドにはNipaと呼ばれる南国風のコテージが多く並ぶ。
【マニラ】ホテルは元々1911に建設され、1970年代まで、ダグラス・マッカーサーを含め多くの著名人が所属したカントリークラブThe Manila Army and Navy Clubの施設として使われていた。
ハーバーポイントモールから徒歩15分の場所にある、日本人経営のコンドホテル。
【アルバイ】マヨン火山は、世界で最も完璧な円すい形と称され、どこから見ても美しく壮大なその姿を眺めることができる。フィリピンで最も活発な火山であり、1938年7月には国立公園に指定されている。標高は約2,500mあり、トレッキングすることも可能。
【クラーク】ファミリーにオススメ!子供たちが楽しみながら学べるテーマパーク、ダイナソー・アイランド。恐竜を見ながらパーク内奥に進むと、恐竜の化石が展示されているフォッシルミュージアムがあり、珍しい恐竜の複製が見られる。
Dutyfreeの街、スービックではお買い物がいち段とお得です。
【セブ】スペイン統治下で建てられた教会で、マゼランから贈られたというサント・ニーニョ像(幼きイエス)が祭られている。カトリックの聖地とされ、日曜のミサには熱心な信者が多く訪れ祈りをささげる。
雄大なアポ山の山麓にあり、ダバオ市内から車で30分ほどの交通の便が良いゴルフ場です。
【ビガン】ビガンの中心地、スペイン・コロニアル建築の建物が当時のまま残る美しい石畳の通り。この通りには、土産ショップ、カフェ、バー、ホテルなどが立ち並ぶ。また、カレッサと呼ばれる馬車もこの風情ある街並みに溶け込んでいる。
【タギッグ】フィリピン国内初となるグランドハイアットホテルが1月15日、タギッグ市のボニファシオ・グローバル・シティーにオープンしました。461室の客室とスイートルーム、多種多様な7つのユニークなレストラン、1,190平米にも及ぶ洗練されたファンクション・スペース、そしてその中のグランド・ボールルームにある160平米のショーキッチンなど、贅沢なステイを叶える設備が目白押しです!
【アンティポロ】2010年のオープン以来、地元の芸術家たちの作品を展示した、美しい自然に囲まれた美術館として’多くの観光客が訪れている。展示作品は、絵画、彫刻、インスタレーションなど300点以上。竹であしらった暗い迷路のような”ルーム”と呼ばれるギャラリーコーナーは必見だ。
都心部マニラから車で2時間の隠れたリゾート、ロックポイント。会合やミーティングから結婚式まで幅広い用途でご利用できます。
【イントラムロス】1993年に世界遺産に登録され、幾多の地震や、第2次世界大戦の爆撃にも耐え抜き、当初からの姿を残しているため、奇跡の教会とも言われている。
アヤラセンターにあり、その立地の良さからビジネスマンの利用度が高い。2014年に開館45周年を迎えた。環境活動に力を注ぎ、環境保全認証制度「EarthCheck」でシルバーレベルを獲得している。
【コロン】コロン島のブスアンガ空港から車とボートで1時間。神秘的なマングローブ林に囲まれた川を下り海を進むと、美しい珊瑚礁に囲まれた島クラブパラダイスがあらわれる。周辺は白い砂浜と自然豊かな生態系があり、家族や恋人同士での滞在はもちろん、シュノーケリングやダイビングスポットとしても人気。
元々アニラオでダイビングインストラクターをしていた高柿さんが独立し、昨年11月に完成した「海の家」。
【パンパンガ】ピナトゥボ山が観光スポットとして認識される以前は、20世紀最大の噴火が起こった危険な山として知られていた。噴火が起きたのは1991年の6月、火砕流、火山ガス、大量の土砂が周囲を広く厚く埋め尽くした。
【スービック】スービックで一般公開されているヨットクラブ。誰でもがヨットクルーズや豪華なレジャーを楽しむことができる。ヨットでの食事、スイミング、また、釣りを楽しんだり、さまざまなパッケージが用意されている。
フィリピンのガイドブックに必ずと言っていいほど登場している国鳥「フィリピン・イーグル」。
【ラウニオン】30年以上の経験をもつGapuz Garapes Farmでは、ブドウ狩り、セミナー、農園相談を行っている。ぶどうの下で食べるブードル・ファイト式の食事(Boodle Fight:フィリピンの伝統的な軍隊式の食べ方)も体験できるから訪れてみて。
【イントラムロス】マニラ市内のど真ん中でプレイを楽しめるゴルフ場。城塞都市イントラムロスの城壁回りをぐるっと囲うように設けられたコースが特徴。フィリピンの観光行政機関が運営する公共ゴルフ場であり、料金はリーズナブル。
【アンティポロ】アンティポロで自然を満喫しながら、心も体も癒せる絶好のスポット。大自然と調和した建築デザインも特徴的なこちらは、山の斜面を利用した絶壁側からの景色が絶景だバエ湖を眺めながらのマッサージは最高。
マニラから北に5時間、サーファーズパラダイスとして名高いラウニオンで日帰りサーフィンを楽しんじゃいましょう!
花に包まれたダバオ市の中の魅惑のオアシス、マルコポーロダバオ。
【プエルトガレラ】リーズナブルでありながら、良質なサービスを提供する注目リゾート。心掛けているのは、「おもてなし」。ムリエ・ベイに近く、日中はダイビングが楽しめ、日没後も活気にあふれる場所。
【スービック】スービックで最も有名なリゾートの一つが、マニラから車で3時間のCamayan Beach Resort and Hotel。裸足で砂の上を歩き、ヤシの木で作られた伝統的な家・ニパハットの快適さを満喫し、クラシカルなフィリピン家庭のインテリアを感じてほしい。
タガイタイと言えば、きれいな空気と豊かな土壌。
【サンタローサ】ジップラインに、3.4kmのバイクトレイル。中でも人気なのは、ローラーコースター・ジップライン。たったのP190でアジア最大級のジップラインを楽しめる。ちょっと怖い。。っていうあなたは、短いジップライン(P150)を試してみて。
【バタアン】サマット山に立つ“戦時の勇気を讃える慰霊堂”は、、92メートルの巨大な十字架の他にもフィリピンの芸術作品を見ることができる。巨大な十字架の内部にはエレベーターがあり、頂上にはバターンを一望できる展望スペースがある。
【バタアン】原子力発電所のそばにある、ウミガメの保護区。雌のウミガメは卵を産むために海岸に戻る8月から2月がベストシーズンだ。ピークシーズンには、学生などが海岸を見回り卵の孵化を監視するボランティアとして活動している。
【アンへレス】”冒険・リラクゼーション・食”といった楽しみが3拍子揃った温泉施設。移動手段となる4輪駆動車から見る、その美しい景観にはきっと驚くはず。温泉はステーション3と呼ばれるエリアにあり、レストランや受付があるステーション1からは約30分。
フィリピンの海に暮らす、魚やサンゴなど様々な生物を見ることができる海洋テーマパーク。一番の目玉はイルカとの触れ合い。
【ボホール】”血盟記念碑”と呼ばれるこのモニュメントは、1565年にスペイン人のレガスピ総督とボホールの首長が血で杯を交わし結ばれた血盟を記念したもの。自身の血をワインに混ぜて互いに飲み合い、スペインとフィリピンの初の友好条約を結んだ。
【セブ】オナガザメ、マンタ、ウミウシなど様々な海洋生物と出会えるだけでなく、楽園のような島そのものも魅力。隠れ家リゾートとも呼ばれる美しい自然が残る島は、ダイバーたちを魅了する有数のダイビングスポットでもある。
旅行に出たらお土産屋さんを見て回るのも楽しみの一つ。
【ケソンシティ】ケソンに行くなら外せない定番スポット。緑が気持ち良い国立公園のなかに「ケソン・メモリアル・モニュメント」と呼ばれる記念塔がそびえ立つ。こちらは初代大統領のマニュエル・ケソンを記念に建てられたもの。
【イントラムロス】フィリピンの国民的英雄ホセ・リサールが当時使用していたコート、帽子、医療器具、本、名刺など、多彩な経歴を物語る多くの遺品が展示されている。
【イントラムロス】人気ガイドカルロス・セルドランが贈る城壁に囲まれた街に現存するフィリピンの建築、文化、歴史や、その背後にある物語を探求するツアー。
【バギオ】バギオ市そのものより古くはないが、創業以来その豪奢な設備に同業者たちから一目置かれ続けてきた、いわば規範とも言える存在。この16年間、”松の街”での至極のステイを旅客に提供し続けている。
【ナスブ】客室はそれぞれの客に合った部屋を選ぶことができ、全16室で二階からはオーシャンビューが楽しめる。
【セブ】セブ島北部の離島、美しいホワイトサンズのビーチで有名なバンタヤン島にあるリゾート。静かな自然に囲まれた、リゾートからは美しい景色を望むことができる。アクセスも便利な抜群のロケーションに位置する。
【オカダマニラ】マニラ湾や施設内の噴水など、素晴らしい眺望をそれぞれのお部屋から楽しみながら、贅沢なひとときを堪能できるセレブリティースイートルーム。565平米の広さの部屋に、2つのベッドルームが併設されています。
アポ山とダバオ湾を見下ろすマルコ・ポーロ・ダバオは、旅行業界関係者が口をそろえて推薦するダバオの代表的なホテル。
【パラニャーケ】パラニャーケのEntertainment Cityの中に位置するリゾートホテル。客室はBay TowerとSky Towerの両方の建物にあり、Chairman's SuiteからSky Suiteまでの全ての部屋が、室内デザインからアメニティにいたるまでエレガントでラグジュアリーな空気で統一されている。
大きな灯台がランドマークのリゾートホテル。スービックの海の保全活動を行っているオーナーのこだわりで、陶器のシャンプー入れや、布製で洗濯可能なゴミ箱を使用するなど「環境に優しい」ホテルであることが特徴。
全43棟のコテージが立ち並ぶリゾート。敷地内には大きなプールや、子供向けの遊具が多数あり、家族連れに大人気。
SBMAから車で西に20kmにある「WhiteRock」このホテルお勧めはプール!
【アルバイ】アバカを使用した伝統工芸品のバッグ、バスケット、玄関マット、ランプを始め様々な手作り製品を幅広く取り扱うこちらのショップ。仕入れているアバカは、マヨン火山の危険区域6km以内に生息している大変貴重な品だ。
ゴルフ場やジェットスキー、ウェイクボード、バナナボート、ジップライン、乗馬、釣りなど、様々なアクティビティを有する超巨大リゾート。
30年前の日本を連想させるホテル。部屋の中には畳や照明器具などオーナー自身が日本から持ってきた家具。お風呂は石畳で熱々の温泉に入り放題。
【バタアン】バターン州バガックに位置し、広さは12ヘクタールの東京ドーム約2.5個分。質の高いサービスを提供するこちらのクラブでは、美しい海を眺めながら贅沢な時間を過ごすことができる。客室は89室あり、楽園をイメージしてデザインされている。
【クラーク】フィリピン空軍の使用していた航空機が、各所に展示された公園。敷地内には遊具やピクニックができる広場もあり、ひと休みできる木陰も各所にあるのが嬉しい。

旅する

エリア

ホテル

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー