コラム
ビジネス特集
企業検索

HOME >  フィリピンのビジネス

フィリピンの製造企業紹介

フィリピンにおける製造業の国内規模、そして業種別構造はどうなっているのか?またフィリピンで製造業を展開する強みは何か?など、フィリピンの製造業について紹介します。

    他のカテゴリーを見る

静岡製機株式会社 / Shizuoka Seiki Co.,Ltd.

日本で20年以上にわたり冷風機を開発・製造・販売してきており、フィリピンでは2017年から販売しております。

ASUS Philippines Corporation
エースス・フィリピン・コーポレーション

IoTソリューションコンピュータ部品

ASUSは、当社の企業理念である「In Search of Incredible」のもとに、常に品質と生活の向上に対する情熱と追求を続けてきました。ASUSは、世界が日々経験...

トヨタグローバルシティ/Toyota Global City

Toyota Global Cityは日本人が多く住むBonifacio Global Cityに位置するトヨタディーラ―です。
2012年の設立以来”No.1顧...

Toyota Motor Philippines Corporation
トヨタ・モーター・フィリピン

自動車リース車のサブスク

UPDATE !

トヨタ・モーター・フィリピン (以下”TMP”)はヴィオスとイノーバの2車種を生産し、20車種以上のトヨタ車の販売サービスを行っております。
販売・整備に関しては...

TAU CORPORATION
タウ コーポレーション

中古車の買取・販売

株式会社タウはフィリピンのマカティ市にある、損害車・中古車の買取・販売、配送サービスを行う日系総合リサイクル商社です。2015年よりジャパンクオリティの質の高いサービスをご提...

TOYOTA SANTAROSA
トヨタサンタローサ

中古車の買取・販売修理定期点検新車販売

2017年にオープンしたばかりの、従業員230名、マニラから南に車で30分、アラバンから15分の、サンタローサに位置する新しい元気いっぱいのトヨタディーラーです。SLEX S...

SEIKO PHILIPPINES
セイコーフィリピン

SEIKOアルバウォッチ腕時計

セイコーフィリピンは100%フィリピン人オーナーの企業で、フィリピンにおける「セイコーウオッチ株式会社」の公認販売店・サービスセンターです。日本のセイコーウォッチコーポレーシ...

HYS Metal Plastic and Electronics (Philippines), Inc.
エイチワイエス メタルプラスティックアンドエレクトロニクス

板金加工樹脂成形金属プレス

HYSは2004年に設立され、金属プレスの金型やプレス加工、板金加工を手がける専門会社です。10年以上にわたって、中国や日本、アメリカ、韓国などの有名メーカーに製品を提供して...

MESCO, Inc 株式会社メスコ

弊社は1956年に創業した工作機械商社です。フィリピン製造業界の中では最大手となります。製造業界の中でも信頼の厚い日系メーカー製品を中心に取扱い、弊社からご購入頂いた機械設備...

MIYASAKA POLYMER (PHILIPPINES), INC. / 宮坂ポリマー・フィリピン 株式会社

長野県茅野市に本社の有る宮坂ゴム株式会社(1970年操業)の現地法人です。
宮坂ポリマーフィリピンは、宮坂グループで海外最初の拠点として1995年に操業を開始。<...

Covac Philippines., Inc.
コバック フィリピン

株式会社コバックの100%出資生産拠点として、2018年にLIMA Technology Center内に設立。主に合成ゴム製のプリンターインクカートリッジ用部品、、シリコン...

フィリピンの業務用厨房機器ならFUJIMAK PHILIPPINES CORPORATION / フジマック・フィリピン

業務用厨房機器大手メーカーのフジマックがフィリピンで事業開始。レストラン、ホテル、食品工場、従業員食堂、ケータリング、病院、船舶どの分野でも対応可能。日本で培った70年以上の...

ENOMOTO PHILIPPINE MANUFACTURING, INC.(EPMI)
エノモトフィリピンマニュファクチャリング

コネクタ用部品およびパワー半導体用リードフレームのプレス加工/めっき加工/インサート成形/プレス金型製作/金型パーツ加工・販売をしております。

これでわかる!フィリピンの製造業

 

今回のビジネス特集はフィリピンの製造業をとりあげます。フィリピンでの国内規模、そして業種別構造はどうなっているのか?またフィリピンで製造業を展開する強みは何か?などジェトロ・マニラ事務所 安藤さんに解説していただきました。

 

フィリピンの製造業の比較優位

 

フィリピン製造業の規模は?

 

IMF によるとフィリピンの米ドル建て GDP 総額は2020 年で 3620 億ドルと推定されます。製造業のシェアは約2割なので、約640億ドルになります。また、輸出型製造業の規模を試算すると、先ずGDPの物品輸出は総額の 14.2%で 510 億ドル。輸出の品目別内訳から農業、水産業、その他を除いた部分を概ね製造品とみなすと、その割合は 78.5%で 400 億ドルです。こうするとフィリピンの製造業と輸出型製造業の位置付けがざっと分かります。

 

製造業における日系企業のプレゼンスは?また業種別構造は?

 

輸出型製造業においては、ご存じの通り外資系企業が主導的な役割を果たしています。また国別で見た場合、件数ベースでは日系が最も多いと思われます。付加価値額や売上等の数字はないですが、認可件数については、輸出型製造業の投資認可で最もシェアの大きい PEZA の資料があり、それを業種・品目別および資本国籍別に整理することが可能です。(表1)

 

表 1 フィリピン経済区庁の輸出製造案件内訳

註:件数はオリジナル案件のみカウント。日系は資本国籍に日本が含まれるもの全て
出所:フィリピン経済区庁認可案件リスト(2021 年 7 月 15日版)に基づきジェトロ作成

 

先ず、21 年 7 月 15 日現在の資料を基に数えると、PEZA の認可を受けている製造分野のオリジナル案件数は 1531 件となっています。これらの内、日本の出資が含まれる案件は 603 件で、ほぼ 4 割に当ります。業種・品目別にみると、多い順に金属加工(24%)、次いで樹脂製品(19%)、コンピューター、電子、光学機器 (17% ) となっており、これら 3 つで 6 割弱に当ります。その他では、電気機器(8.8%)、輸送機器関係(7.8%)等が目立ったところで、その他の分野はさらにぐっと割合が小さくなります。金属加工や樹脂についても、輸出の品目別構造をベースにして考えれば、全体として、事務機器や医療・精密・光学機器等も含む電機・電子製品、部品等につながる分野に偏っていることが推定されます。

 

フィリピン製造業の強味は何?

 

アジア地域全体で見た製造拠点の立地先としてのフィリピンの優位性に係るデータを紹介します。恐らく最も重要なのは人的資源です。一億人の人口に加えて、若年層の割合が多いのですが、今後もかなりの期間にわたりその状態が続くと期待されます。他の ASEAN 主要国では、ベトナムも含めて年齢層別人口構成が、既にピラミッド型ではな くなっています。国連の労働人口の長期予測を見ると良くわかります。また、人的要素との関連では人件費水準が安定的に推移していること、労使関係が他国との比較で安定していることも優位性の一つに挙げられます。
人件費の水準と上昇率は、経営上の大きな関心事項ではありますが、製造コストは人件費のみに依存する訳ではありません。実際、かつては安価だった中国の人件費は、現在フィリピンの数倍となっていますが、それでも価格競争力でフィリピンに勝る製造品目は多数あります。大型投資が必要な工業原料の供給、サプライチェーンの幅広さなどがその背景となります。フィリピンはこれらの要素が不足しています。ジェトロのアンケート調査でも、他の ASEAN 主要国では現地調達率が 40 から 50%台にあるのに対し、フィリピンのそれは長く 30%前後に留まっていることが分かります。
しかし同じ調査で、製造コスト指数については、フィリピンの数字が域内でもベトナムと順位を争うほどの高水準が維持されていることも明らかになっています。これは生産性向上の取組が継続的に行われていることに加え、先ほど弱点と申し上げたサプライチェーンについても、電機・電子等特定分野については、小型の金属部品、樹脂部品等を中心に集積が進んできたことが考えられます。直近でもワイヤーハーネスの新規投資や工場拡張がみられることや、プリンターの輸出額が 10 年間で十数倍 に拡大したこと等はそれを背景にしていると思われます。(表2)

 

表2 日系企業の製造コスト指数
~日本での製造コストを 100 とした場合 ~

 

出所:ジェトロ、アジア・オセアニア進出日系企業実態調査 各年版よりジェトロマニラ作成

 

 

ご執筆: ジェトロ・マニラ事務所 安藤 智洋 氏

広告
広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you