ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 暮らしのガイド > フィリピンのBPO産業

フィリピンのBPO産業

なるほど!フィリピンのBPO産業

今回のビジネス特集はフィリピンの BPO 業界です。フィリピンで活況を呈している BPO 産業。 今やフィリピンにおける一大産業となっています。 その市場規模や変遷、 そして今後の見通しは?また日系企業で活躍する会社は? 業界についてお話を伺ったのは日本貿易振興機構(JETRO・ジェトロ)マニラの吉田さん。特に最近はフィリピンにおける経済のデジタル化に向けた動きもあるそうです。本特集の詳細は WEB にも掲載しています。ぜひ右ページ下の QR コードにアクセスしてご覧ください。

 

豊富な若年理系人材と語学力で、比の一大産業へ

 

日本貿易振興機構(ジェトロ)マニラ /
Japan External Trade Organization (JETRO) Manila

吉田 暁彦さん Mr. Akihiko Yoshida

2015 年、ジェトロ入構。本部、ジェトロ名古屋を経て、2020年9月より現職。フィリピン経済についての調査・情報発信と、日系スタートアップに対するフィリピンへの展開支援を主に担当。

BPO とは?比の市場規模は?

 

BPO とは Business Process Outsourcing のことで、業務委託全般を指し、様々なサービス分野を包含しています。 たとえば、バック・オフィス業務(データ入力、書類管理)、顧客対応業務(コールセンター、テレマーケティング)、財務・会計、システム管理・ヘルプデスク、調査、顧客分析、リスクマネジメント、技術開発・新製品設計等が挙げられます。
フィリピンにおける BPO産業の市場規模を見ると、2020年の収益は 267 億ドル(対前年比 1.4%増)、 雇用者数は 132 万人(対前年比 1.8%増)にも及びます(出所:「ビジネス ・ ミラー」 紙 2021 年 6 月 11 日付)なお、 フィリピンの個人送金の受取額は 349 億ドルですから、(世界銀行データ参照)、 それから見ても、 いまやいかに大きな産業に成長しているか、 お分かりいただけると思います。

比でBPO産業が活況となった背景は?

 

欧米企業側からの視点とフィリピン側からの視点で、 フィリピン BPO 産業の変遷をご説明しましょう。

まず欧米系企業側からの視点では、 1990 年代以降、 主に米国企業において、①市場競争の激化によるコスト削減圧力によって社内業務の一部をアウトソースする誘因が発生していたこと ②社内資源のコア ・ コンピタンスへの集中により比較的給与水準の低い国にサービス業務を移転する誘因が発生したこと、この 2 つの要因が挙げられます。 その背景にはインターネットの普及等で、 情報 ・ 通信技術が発達、 サービス業務の国際間の受発注が容易になったことが大きいでしょう。

フィリピン側からの視点でみると、 外貨獲得源、 就労機会提供の観点から、 フィリピン政府が BPO 産業の立地を支援し、BPO 産業に関する投資に対して、 投資誘致機関であるフィリピン経済特区庁(PEZA)や投資委員会(BOI)が税制面でのインセンティブを付与したことが挙げられます。

それらの背景の中、 多国籍企業を中心とした BPO 産業がフィリピンに集積してきました。1992 年にはアクセンチュア・グループの企業がコンタクトセンターをフィリピンに設置し、 また 1990 年代終盤から 2000 年代前半にかけては、 米国系をはじめとする多国籍企業によるコンタクトセンターの設立が相次ぎました。 フィリピンの BPO産業は、 サービス精神旺盛な英語話者を豊富に供給できることを強みに急成長を遂げてきたのです。

BPO 産業内の内訳と主な輸出先を教えてください

 

欧米企業側からの視点とフィリピン側からの視点で、 フィリピン BPO 産業の変遷をご説明しましょう。
まず欧米系企業側からの視点で フィリピンにおける BPO産業の内訳をみると、 コールセンターを含む、 カスタマー ・ リレーションシップ ・ マネジメント(IT を活用した顧客との関係を管理するサービス)の割合がトップ、 次いで、 コンピューター ・ プログラミング等が挙げられます。

 

サービスの輸出先は、 2017年のデータでは米国が 65.7%を占め、 次いで、 オーストラリア(8.5%)、 英国(6.3%)、オランダ(2.1%)。 となっています。 また、フィリピンの BPO産業の特徴として、 主要企業の大半は米国系の多国籍企業(アクセンチュア、 Concentrix、 JP モルガン ・ チェース等)が占めていることが挙げられます(DFA 資料より)。

一方フィリピンの地場資本企業は比較的少なくまた小規模です。 これは、 欧米企業が発注を行う際に、 受注側がある程度の水準を保ってサービス提供を行なう必要なことが理由として考えられます。 多国籍BPO企業は、入社後、社内研修・トレーニングが非常に充実しており、 社員のマネージメントも効率化されている傾向にあります。そのため、一定水準のサービス提供が可能となっているのです

比でBPO 事業を行うメリットと留意点は?

 

メリットとしては、 高度な能力を持つ、 若年の理工系人材がフィリピンでは比較的に豊富に供給されていることがあります。そして、 賃金の上昇率が近隣の東南アジア諸国と比較しても低位に抑えられていることも挙げられます。 英語が公用語であることも大きな要因ですね。
一方フィリピンで BPO 事業を行うにあたり特に留意すべき点としては、 フィリピンでの法人設立を検討した場合、 手続き面で労力が発生すること。 また、 法人税率が高かったことです。ただし、 CREATE の成立によって、 税率が 30%から 25%に低下したため(条件を満たす小規模事業者は 20%まで下がった)、 状況は改善しつつあるといえます。

今フィリピンは、 経済のデジタル化に伴い、 技術 ・ サービスをフィリピン市場に展開する動きが生まれつつあります。このなかで、サービスの高度化を目指している BPO 企業はスタートアップのターゲットにもなりつつあり、 JETRO マニラでもフィリピンへの参入にあたり日系企業から相談を受けるケースが増えています。 この中での日系企業の留意点、 JETRO としてのサポートを次にお話したいと思います。

フィリピンにおける BPO 産業の展望と日系企業の留意点を教えてください。

 

労働は AI・自動化等の先端技術で代替がされやすく、サービスの高度化が目指されている現状です。(ILO レポートより)。そこで、現在のBPO産業においては、コールセンターから、比較的に高度な分野であるプログラミングやソフトウェア開発、データ調査・分析へとサービス分野を移行し、より産業全体の収益力を高めることが目指されています。産業高度化に伴い、情報通信分野に明るい人材の供給増加もあわせて志向されているのです。
そのような状況下において、日系企業・スタートアップの中には、フィリピン経済のデジタル化に伴い、技術・サービスをフィリピン市 場に展開する動きが生まれつつあります。サービスの高度化を目指している BPO 企業は、そのようなスタートアップ企業のターゲット先に一つになりつつあり、今後参入が進んでいくことが予測されます。

フィリピンにおいて BPO をする際の JETRO としてのサポート体制を教えてください。

 

JETROとしては、特にBPO産業に特化しているわけでなないですが、日系スタートアップの海外展開を支援する「ジェトロ・アクセラレーション・ハブ」という事業を行っています。日系スタートアップとフィリピンの BPO 企業をマッチングも行っています。
異なる商習慣や法律制度の中で、新しいビジネスを展開する時、様々な予想外の展開があることが多いですが、フィリピンでビジネスを始められる場合はJETROマニラ支店もぜひご利用いただき、円滑なビジネスの推進にお役立ていただけたらと考えております。

JETRO マニラ
https://www.jetro.go.jp/world/asia/ph/

 

 

フィリピンの日系BPO関連企業紹介

フィリピンに拠点を持ち、フィリピンの特性を活かしながら活躍する日系の BPO 関連企業をご紹介します。

Reno Happia BGC INC. / リノ・ハピア ビージーシー

CEO・代表取締役
渡邉 清彦さん

マンション、アパート、ビルなどの修繕工事を 50 年以上にわたり手掛けて来た同社。高い技術を持ったオペレーターが作図を行い、経験豊富なスタッフが図面の検査を行う事で高精度の図面を提供する。丁寧で確実な施工はもちろん、安全面、環境面への配慮も怠らない。そして建物改修を通じて顧客に喜んでいただき、地域の皆様の役立つ会社を作っていくこと、そのために社会に貢献できる人材の育成が不可欠だと考える同社は、「リノ・ハピア」という社名に込めた想いを通じて、社員一人一人が高い意識で業務に取り組む。国内外の最新案件に携わる技術者・経験者を揃え、高度な作成技術にも対応可能だ。日本本社はISO9001、ISO4001 認証。

 

■対応言語:日本語・英語

■対応エリア:日本 

■サービス内容:CADデータサービス2次元の少量案件から大規模案件まで、仮設図、外壁補修図や積算などで必須となる3次元での作図も対応可能です。

 

■沿革、強みとサービスの特長

弊社はマンション、アパート、ビルなどの修繕工事を50年以上にわたり手掛けてまいりました。丁寧で確実な施工はもちろん、安全面、環境面への配慮、そして何よりお客様に笑顔で喜んでいただけるように日々取り組んでいます。建物改修を通じてお客様に喜んでいただき、地域の皆様のお役に立てるような会社を作っていくこと、そのためには社会に貢献できる人材の育成が不可欠です。「リノ・ハピア」という社名に込めた想いを通じて、社員一人一人が高い意識をもって行動できる会社でありたいと考えています。「建物を元気に、人を笑顔にする会社」として常により一層努力し、お客様のご期待に応えてまいります。

 

日系のBPO企業を利用するメリットを教えてください。

高度な作成技術にも対応可能。国内外の最新案件に携わる技術者・経験者を揃えています。

高い技術を持ったオペレーターが作図を行い、経験豊富なスタッフが図面の検査を行う事により高い精度の図面をご提供致します。日本本社 ISO9001、ISO4001 認証

 

これからクライアントになる皆様にメッセージをお願いします。

私達の理念である「建物を元気に、人を笑顔に」を日本国内だけではなく、海外にも広め世界の人々を笑顔にしたいと思っております。

 

■お問合せ先

住所:東京都大田区北千束3-1-3渡辺ビル一階
営業時間:08:00~17:00
電話:(03)37484481
E-mail:[email protected]
WEB:RHBGChttp://www.renohappia-bgc.com/
リノハピア株式会社http://reno-happia.co.jp/

担当者:笹川芳和  ササガワ ヨシカズ

 

Xtreme Offshore Outsourcing Inc. / エクストリームオフショアアウトソーシングインク

XOO Inc. は 2019 年に設立。まだ新しい会社だがメンバー全員が長年、フィリピンで様々な分野のアウトソーシングを経験しているプロフェッショナル集団だ。BPOの単なる「As is」業務ではなく、新たな革新的なツールやソフトウェアのご紹介、ブリッジ人材を置いたアウトソーシングサービスの確立など、 今までにない視点で顧客の課題解決のための提案を行う。
 コスト削減を維持しつつ、サービス品質の向上の付加価値をつける BTO(Business Transformation Outsourcing) が最も得意とするサービスだ。
 IT 分野では、フィリピンの開発エンジニアやクリエーターが、US など全世界から最新のテクノロジー情報をサーチし、最適なソリューションを用いて開発、納期短縮とコストの削減を実現する。幅広い分野で対応するのも同社の特長だ。

 

■対応言語:日本語・英語・タガログ語

■対応エリア:フィリピン・日本

■サービス内容:SES(システムエンジニアリングサービス)、ドキュメントビジネス、コンタクトセンタービジネス

 

■沿革、強みとサービスの特長

弊社XOO Inc.は2019年に設立したばかりの会社ですが、メンバー全員が、長年に渡りフィリピンにて様々な分野のアウトソーシングを経験しているプロフェッショナルです。弊社ではBPOの単なる「As is」業務ではなく、新たな革新的なツールやソフトウェアのご紹介、ブリッジ人材を置いたアウトソーシングサービスの確立など、今までにない視点でお客様の課題を解決するご提案させていただきます。このコスト削減を維持しつつ、サービス品質の向上の付加価値をつけるBTO(Business Transformation Outsourcing)が私達の最も得意とするサービスです。
IT分野におきましては、フィリピンの開発エンジニアやクリエーターが、USなど全世界から最新のテクノロジー情報をサーチし、最適なソリューションを用いて開発するので、納期の短縮とそれによるコストの削減を図ります。また、お客様の要求に応じた開発も行っており、組込み系開発、スマホゲームアプリのローカライズから、セキュリティ対策・保守運用も承っております。そのほかWEB・DTPデザイン、2D・3Dデザイン、翻訳などのドキュメントビジネス、コンタクトセンタービジネスなど幅広い分野にて対応しております。

 

フィリピンのBPO企業を利用するときに特に注意すべき点、知っておきたいポイントを教えてください。

フィリピンオフショアによるコストメリットは大きなものかと思います。しかしながら「これもやってくれるだろう」と曖昧な形で進めてしまうと、成果物のレベルが低く、やり直しに期間とコストが余計にかかってしまった、などという事もよくあります。
期待通りの成果物を出せるよう、日本で依頼する時よりも気を付けて、しっかりと仕様を明確にしておくことがポイントかと思います。

 

日系のBPO企業を利用するメリットを教えてください。

弊社とお取引のある企業様がまさにそうなのですが、組込み開発のローカライズ業務にて、日本の本社からの依頼でローカライズ言語の翻訳を行い、フィリピン拠点からの依頼で組み込み開発を行った経験があり、全体の業務がスムーズに流れたとお喜びいただいた経験がございます。このように日本拠点の課題もケア出来る事がメリットと言えるかと思います。
もちろん、弊社のエンジニアはすべてローカル人材ですので、コスト面でもメリットを感じて頂けるものと思います。

 

これからクライアントになる皆様にメッセージをお願いします。

オフショア開発、自社開発、セキュリティ対策・保守運用を始めとするIT開発、Web・DTPデザイン、SNSマーケティング、2D・3Dムービー制作を始めとするドキュメントビジネス、またコンタクトセンタービジネスなど幅広い分野にてご提案が可能でございます。是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

■お問合せ先

住所:8/F King's Court I, 2129 Chino Roces Avenue, Pio del Pilar, Makati City, Philippines 1229
営業時間:9:00am-6:00pm
電話:(02) 7906-1073
E-mail:[email protected]
WEB:https://www.primemanpower.jp/xoo
担当者:宮崎

 

Offshore CAD & Management Inc /オフショア・キャド・アンド・マネジメント

代表者の林さんが2007 年にゼネコンを退社した後にフィリピンに設立した同社。外注しにくいと言われている日本の大規模建築(意匠図のみ)の作成をメイ ンに行っている。
 AutoCAD 用のプログラムを自社で作成し、属性や外部参照、エクセルとの連携などにより、やみくもにマンパワーで作図するのではなく、効率的な作図を行っているのが特長だ。林さんによれば、フィリピンにおける BPO をうまく利用するコツは、「言葉をなるべく使わず、画像や図表を使って、正確なコミュニケーションを行えるかどうかに尽きる」という。林さんは一級建築士 米国公認会計士(WA)の資格をもち、現在は日本で同社のマネジメントを行っている。日本国内でフィリピンのに会社設立からエンジニアの採用、運営、税務申告までサポートしてくれる。「一度請けた仕事からは逃げません」とのモットーで、AutoCAD でも会社摂理に設立時にも力強い味方になってくれそうだ。

 

■対応言語:日本語・英語

■対応エリア:日本、フィリピン

■サービス内容:AutoCAD を使った日本の大規模建築物の詳細図作成

 

■沿革、強みとサービスの特長

2007年にゼネコンを退社して設立。外注しづらいと言われている日本の大規模建築(意匠図のみ)の作成をメインで行っています。やみくもにマンパワーで作図するのではなく、AutoCAD用のプログラムを自社で作成し、属性や外部参照、エクセルとの連携などにより、効率的な作図を行っています。現在フィリピンに日本人はおりません。以前は私がマニラにおりましたが、遠隔で全員をマネジメントする方法がうまくいったので、3年前から日本からの遠隔マネジメントに切り替えています。

 

フィリピンのBPO企業を利用するときに特に注意すべき点、知っておきたいポイントを教えてください。

言葉をなるべく使わず、画像や図表を使って、正確なコミュニケーションを行えるかどうかに尽きると思います。

 

日系のBPO企業を利用するメリットを教えてください。

いざとなったら日本語で文句を言えるというのは、顧客にとって重要!

 

これからクライアントになる皆様にメッセージをお願いします。

一度請けた仕事からは逃げません。

 

■お問合せ先

住所:12F Jaka Bldg., 6780 Ayala Ave.,Makati City
営業時間:ほぼ年中無休
電話:8831-2822
E-mail:[email protected]
WEB:https://www.offshorecad.com.ph/
担当者:林 秀生

 

HOWAY PHILIPPINES INC. / 豊栄産業株式会社

 

担当:土田さん

2017 年設立した同社。翌年 5 月にはフィリピンの英語の通じる豊富な人材を武器に、オフショアでの映像制作、2D、3DCG、アニメーション、キャラクタ制作、各種 DTP デザイン等のマルチメディアデータ制作サービスを提供する BPO マルチメディアラボ事業を立ち上げた。現在は、主に日本の印刷・制作系企業の DTP、切り抜き、トレース(図形や画像修データ修正)や 3DCG(カタログ用データ制作)を請け負う。日本の企業文化を理解し、品質や納期管理はフィリピンで運用していても日本品質で提供。クリエイティブツール情報や動向は英語ベースで最新のものを取り揃える。人事管理や作業環境構築はすべて同社 BPO サイド管理のため、顧客が本来の業務に集中できる。英語で最新のクリエイティブツールの情報が入手でき世界で勝負できる xR,DX を共に創るパートナーとして活躍している。

 

■対応言語:日本語・英語・タガログ語

■対応エリア:フィリピン、日本、英語圏

■サービス内容:動画制作、DTP 制作、3DCG・CAD

 

■沿革、強みとサービスの特長

2017年HOWAY PHILIPINES INC 設立
(関連会社HAPPYROAD JP INC:Mr.Printer/印刷業2014年設立)

2018年5月、フィリピンの英語の通じる豊富な人材を武器に、オフショアでの映像制作、2D、3DCG、アニメーション、キャラクタ制作、各種DTPデザイン等の マルチメディアデータ制作サービスを提供するBPOマルチメディアラボ事業を立ち上げました。 2021年現在では、主に日本の印刷・制作系企業様からの ①DTP(大手通販カタログのデータ補正)
②切り抜き、トレース(図形や画像修データ修正)
③3DCG(カタログ用データ制作)などのご依頼が多くなっています。

 

フィリピンのBPO企業を利用するときに特に注意すべき点、知っておきたいポイントを教えてください。

クリエイティブ系でも業務のプロセスをルーティン化、マニュアル化できる、可視化できるなら英語でオペレーションが出来るフィリピンのBPOをおすすめいたします。BPOへ現場業務をアウトソースするための業務細分化も是非お気軽にご相談ください。

 

日系のBPO企業を利用するメリットを教えてください。

日本の企業文化を理解し、品質や納期管理はフィリピン運用でも、日本品質。クリエイティブツールの情報や動向は英語ベースで最新。人事管理や作業環境構築はすべて弊社BPOサイド管理のため、クライアントは重要なお仕事に集中できます。弊社クライアントでなんとGoogle翻訳とスカイプ、グーグルスプレッドシートだけで日常業務を日本-フィリピン間でこなされているクライアントもいらっしゃいます!

 

これからクライアントになる皆様にメッセージをお願いします。

働き方改革やウィズコロナに伴うテレワークの恒常化、また5G、6Gの超高速データ通信の近未来が目前に迫っています、英語で最新のクリエイティブツールの情報が入手できる、世界で勝負できるxR,DXを共に創るパートナーとしてHOWAY PHILIPPINES INC.BPO Multimedia Labのサービスをぜひご活用ください!

 

■お問合せ先

住所:G/F Unit 102 Casino Suites , 4508 Casino St. Palanan.Makati City 1235
電話番号:+632 810 5966
営業時間:日本時間8:30~17:30(フィリピン時間7:30~16:30)
E-mail:[email protected]
WEB:https://www.howay.com/bpo/
担当者:土田

 

 

Philippine Ishihara Cad Service Inc / フィリピンイシハラCADサービス

担当:井口さん

2012 年に PEZA の認定を受け、日本顧客向けは CADセンターとして設立した同社だが、現在は CAD にこだわらない幅広いアウトソーシングサービスを展開し、日本全国から様々な案件を受注。フィリピンでは、PICS( ピクス ) という愛称で親しまれている。親会社のイシハラ株式会社は 1949 年の創業。愛知県豊橋市に本社と東海に8社のグループ会社がある。日本に一級建築士を有し、建築 CAD では様々なソフトに対応。またコールセンタースタッフやプログラマー、Web デザイナー等も受け入れ可能だ。主主に日本の住宅向け建築図面の作成を請け負いと、アウトソーシングサービスというに会社設立の言質にこだわらないシェアオフィスを展開している。

 

■対応言語:日本語・英語・タガログ語

■対応エリア:日本全国、フィリピン全土、その他英語圏

■サービス内容:建築系 CAD(トレース、パース作成等)、建築積算業務、その他CAD、各種デザイン制作、ネットショップ運営、各種サイト制作、コールセンター、動画編集※その他 CAD 以降ははアウトソーシングサービスのみ対応可能

 

■沿革、強みとサービスの特長

フィリピンイシハラCADサービスは、2012年4月4日、PEZAの認定を受け、マカティ市に日本顧客向けはCADセンターとして設立されました。 その後、CADにこだわらないアウトソーシングサービスを展開し、日本全国から様々な依頼を頂いております。 フィリピンでは、PICS(ピクス)という愛称で親しまれ、今年で設立10年目となりました。

親会社のイシハラ株式会社は、1949年の創業。愛知県豊橋市に本社と東海に8社のグループ会社があります。

主に日本の住宅向け建築図面の作成を請け負いと、アウトソーシングサービスという現地に会社設立のいらないシェアオフィスを展開しています。

【特徴】
①日本に一級建築士を有し、建築CADでは様々なソフトが対応可能
②アウトソーシングサービスでは、フィリピン人の専属スタッフが月額12万円~雇用可能
③CADだけでなくコールセンタースタッフやプログラマー、Webデザイナー等も受け入れ可能
④人材の採用に力を入れており、1名の枠でも毎回100名以上の応募の中から厳選して採用
⑤採用後に日本語研修を行い、通訳なしで日本顧客とメッセージやMTGを実現

 

■フィリピンのBPO企業を利用するときに特に注意すべき点、知っておきたいポイントを教えてください。

フィリピンのBPO企業では、当然のことながら"納期"や"品質"の概念が日本と違う場合もございます。いくら技術力があっても、1分遅延したらアウトですし、いくら金額が安くてもミスがあればアウトです。そのような日本の"普通"が分かる会社を選ばれるのが良いかと思います。

 

■これからクライアントになる皆様にメッセージをお願いします。

PICSでは、コロナ禍でもおかげさまで一人の人員整理もなく、事業を継続させることができ、無事に10年目を迎えることが出来ました。今後も皆様とともに発展出来るよう精進して参ります。日本人スタッフが常駐しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ぜひ私たちご相談ください。

■お問合せ先

住所:4th Floor, 6788 Ayala Avenue, Oledan Square, Makati City, 1226, PHILIPPINES
営業時間:(月~金) 8:00 ~ 17:00
電話:63-2-8800-7992
E-mail:[email protected] / [email protected]
WEB:https://www.ishihara-group.co.jp/pics/
担当者:井口 哲

 

Touei Cad Design Corporation / トーエイキャド・デザイン・コーポレーション

 

株式会社東栄住宅の CAD 作図拠点として 2014 年 4 月にフィリピンマニラにて創業。日本人スタッフ指導のもと、フィリピン人スタッフによる日本製の CAD ソフトを使用した作図を行なっており、約 83,000 戸の供給で培った東栄住宅のノウハウを活かし、高品質で安定した図面を提供している。
 年間 5000 棟近くの作図を行っており、スタッフのスキルアップは目覚ましい。これまでは日本の親会社(株式会社東栄住宅)からの受注が 100% を占めていたが、今後は事業拡大のために他社から作図依頼を受けることも計画中だという。
 同社では日本人がフィリピン人スタッフの指導にあたることが多く、顧客は日本語で細かい規制や条件を正確に伝えられる。その一方で、コストパフォーマンスがとても良いので初めて海外の BPO 企業を利用される日系企業にもメリットは大きいそうだ。

■対応言語:日本語・英語・タガログ語

■対応エリア:フィリピン全土

■サービス内容:CAD 日本の戸建住宅の建築図面や完成予想パースなどを作成、日本製の CAD ソフトを使用。建築確認申請図、電気図、基礎・土台伏図、住宅の外観パースやおよび内観パース(静止画、3D パノラマ、VR、AR)

 

 

■沿革、強みとサービスの特長

株式会社東栄住宅のCAD作図拠点として2014年4月にフィリピンマニラにて創業。当社は日本人スタッフ指導の下、フィリピン人スタッフによる日本製のCADソフトを使用した作図を行なっており、約83,000戸の供給で培った東栄住宅のノウハウを活かし、高品質で安定した図面を提供しております。年間5000棟近くの作図を行っておりますので、日々スタッフはスキルアップしています。現在は東栄住宅からの受注が100%を占めておりますが、今後は事業拡大のために他社から作図依頼を受けることも計画しております。

 

フィリピンのBPO企業を利用するときに特に注意すべき点、知っておきたいポイントを教えてください。

日本人とフィリピン人では考え方や価値観が全く異なるので、こちらがやりたい事をただ押し付けるのではなく、お互いに尊重しあえる職場環境を作る事が大切です。
「こちらの意図を組んでもらいたい」「言わなくてもわかるだろう」という心情は日本人ならば理解できますが、フィリピン人にははっきりと意図を伝えることが必要です。
BPO企業を利用する際に要件定義や委託範囲などを明確にしておくことで、トラブル回避につながります。

 

日系のBPO企業を利用するメリットを教えてください。

日本人がフィリピン人スタッフの指導にあたっていることが多いため、日本語で細かい規制や条件が正確に伝えられるのに対し、コストパフォーマンスがとても良い点。 特に初めて海外のBPO企業を利用される日系企業の場合は、メリットは大きいと思います。

 

■お問合せ先

住所:Unit 3B, Valero side, 3rd Floor, Lepanto Building, 8747 Paseo De Roxas, Makati City
営業時間:月~金(フィリピン祝日除く)午前8時~午後5時
電話:02-8821-1844
E-mail:[email protected]
WEB:http://www.touei-cad.com/
担当者:山内(日本語/英語)

 

Tensei Philippines, Inc. / 天晴フィリピン

マネージャー
西川さん

日本の銀行・保険システムなどの金融システム開発で 25 年以上の実績がある天晴グループ。そのキャリアを活かし日本基準の高品質なシステム開発をオフショア・現地で提供するほか、BPO 事業も行っている。そのサービス内容は、英語圏向けのコールセンターやカスタマーサポート、フィリピン国内向けのコールセンターやカスタマーサポート ( 英語、タガログ語 )、英語圏・フィリピン国内向けのバックオフィスサービス(RPA 提供による自動化にも対応)、書類の電子化(書類管理システムの開発・提供)のほか動画編集など多岐にわたる。IT 企業という強みを活かし、BPO を活用した DX を提供できるのが天晴フィリピンの強みだ。

 

■対応言語:日本語・英語・タガログ語 

■対応エリア:日本国内 / フィリピン国内

■サービス内容:コールセンター、カスタマーサポート、バックオフィスサービス、 書類の電子化、動画編集

 

■沿革、強みとサービスの特長

天晴グループは日本の銀行・保険システムなどの金融システム開発で25年以上の実績があります。 そのキャリアを活かし日本基準の高品質なシステム開発をオフショア・現地で提供しております。 システム開発だけでなく、天晴フィリピンではBPO事業も行っています。
★英語圏向けのコールセンターやカスタマーサポート
★フィリピン国内向けのコールセンターやカスタマーサポート(英語、タガログ語)
★英語圏・フィリピン国内向けのバックオフィスサービス→RPA提供による自動化にも対応。
★書類の電子化→書類管理システムの開発・提供
★動画編集

IT企業という強みを活かし、BPOを活用したDXを提供できることが天晴フィリピンの強みです。

 

■お問合せ先

住所:9th Floor AAP Tower, 683 Aurora Blvd, New Manila, Quezon City,Metro Manila
営業時間:8:00-17:00 PST / 9:00-18:00 JST
電話:(+63) 2-8634-9033
●E-mail:[email protected]
WEB:https://www.tenseiph.com/
FB:https://www.facebook.com/tenseiph/
担当者:Armando M. Osias Jr.

 

 

まだまだあるフィリピンの日系、外資系、ローカル BPO 関連企業を一挙にご紹介します!

 

Well Treasure / ウェルトレジャー

電話番号:02 7217 2008

E-mail:[email protected]

WEB:https://welltreasureph.com/

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

American TESOL Institute Philippines / アメリカンテソルインスティチュート

電話番号:(02) 584 7200

WEB:http://www.americantesolphils.com

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Fusion BPO Services Philippines, Inc. / フュージョンビーピーオーサービ

E-mail:[email protected]

電話番号:(02) 506 8932

WEB:http://www.fusionbposervices.com

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

eData Services Philippines In corporated. / グイーデータサービスフィリピン

E-mail:[email protected]

電話番号:(02) 884 1567

WEB:http://www.edataservices.com

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Flat Planet (Philippines) Inc. / フラットプラネット

E-mail:[email protected]

電話番号:(02) 8479 1870

WEB:https://flatplanet.com.au/philippines-2/

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Transnational Diversified Group / トランスナショナルダイバーシファイドグループ

電話番号:(02) 830 8888

WEB:http://www.tdgworld.com

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

TELUS International Philippines / テルスインターナショナルフィリピン

電話番号:(02) 638 9440

E-mail:[email protected]

WEB:http://www.telusinternational.com.ph

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

TeleTech / テレテック

電話番号:(02) 7739 7510

E-mail:[email protected]

WEB:http://www.teletech.com

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

TaskUs / ユタスクアス

電話番号:046 856 4416

WEB:http://taskus.com

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

SPi Global Inc. / エスピーアイグローバル

E-mail:[email protected]

電話番号:(02) 2 884 6222

WEB:https://www.spi-global.com/

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Concentrix / コンセントリックス

E-mail:[email protected]

電話番号:(02) 423 8700

WEB:http://www.concentrix.com/

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Sykes Asia, Inc. / サイクスアジア

E-mail:[email protected]

電話番号:(02) 817 8781

WEB:https://www.sykes.com/philippines/

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Teleperformance Philippines / テレパフォーマンスフィリピン

E-mail:[email protected]

電話番号:(02)82345678

WEB:https://www.titanium.ph/

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Genpact Service / ジェンパクトサービス

電話番号:(02) 8792 2702

WEB:http://www.genpact.com/

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

IBM Business Services / アイビーエムビジネスサービス

E-mail:[email protected]

電話番号:(02) 423 7585

WEB:https://www.ibm.com/my-en/services

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Alorica Philippines Incorporated. / アロリカフィリピン

E-mail:[email protected]

電話番号:(02) 717 7500

WEB:http://www.alorica.com/

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

VXI Global Holdings / ヴィクシーグローバルホールディングス

E-mail:[email protected]

電話番号:(02) 899 2200

WEB:https://vxi.com/

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

IBEX Global Solutions Philippines Inc. / アイベックスグローバルソルーションズフィリピン

E-mail:[email protected]

電話番号:(02) 667 1100

WEB:https://www.ibex.co/

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Sitel Philippines / サイテルフィリピン

E-mail:[email protected]

電話番号:(02) 860 0000

WEB:https://philippines.sitel.com/

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Sutherland Global Services Philippines Inc / サザーランドグローバルサービス

E-mail:[email protected]

電話番号:(02) 459 2900

WEB:http://www.sutherlandglobal.com/

ページ上に戻る

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you