ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 暮らしのガイド > フィリピンの不動産

フィリピンの不動産

これでわかる!フィリピンの不動産 賃貸徹底解説

ご好評をいただいているビジネス特集、今回は不動産の中でも特に不動産賃貸に焦点をあててお届けします。コロナ禍において、多くの外国人が帰国している現状ですが、今不動産賃貸の動向はどうなっているのか?また実際にフィリピンで賃貸物件を利用する際の具体的な注意点、物件選びのポイントなどを弊誌でおなじみのBED&GOの石橋さんにお話を伺いました。日系の不動産会社や、ローカルの大手不動産会社もご紹介しますので、あなたの物件選びにお役立てください!

より快適な生活のために!賃貸物件選びの秘訣は!?

フィリピンの不動産賃貸市場の現状をおしえてください

私たちが取り扱う賃貸物件の多くは、日本人を含めた外国人テナント(借主)向けです。コロナ禍において、20年のフィリピン訪問外国人は84%減の 130 万人になったというデータをみました。テナント対象がこれだけ減少しているなかで、住居・商用含めて賃貸物件の空室率は各段に上昇しています。テナントの中にはフィリピンに入国できずに契約後にターミネーション(契約解除)する例も散見されます。賃貸市場は非常に厳しい状況といえるでしょう。ただここに来て売買がすこし動き始めているのが不動産業界としてプラス材料ではあります。

BEDANDGO INC.
Director of Operation
石橋 正義さん
Mr. Masayoshi ishibashi

いま、賃貸物件を選ぶポイントを教えてください

今は借り手市場、賃貸料も値下がり傾向ですので、コロナ前には4万ペソだったサルセドの40m2の物件が3万ペソに下がるなど、賃貸料の値段交渉ができる状況です。ただこの時期、入居の際にはPCR検査結果やメディカルサティフィケイト、渡航履歴等の提示が求められるケースがほとんどです。また内覧の際にもPCR検査結果の提示、マスク、フェースシールドはもちろんのこと、防護服や手袋の着用を求めるケースもあります。コンドミニアムのレギュレーションによりますので、注意が必要です。

 実際に内覧をする時のポイントをいくつかお教えしましょう。まず、『天井にシミがあるかないか』。コンドミニアムは上位階と間取りが同じことが多いので、内覧した部屋の水回りの天井にシミがあったらなんらかの水漏れがあると考えられますので要注意です。また『キッチンのグリンストラップ(水道下のタンク)の臭いがないか、また水もれがないか』。臭いがあればパッキングが緩んでいるかもしれません。内覧時には水道がとまっていても開錠してもらい、水漏れしないかどうかなどを、チェックしましょう。

 そしていざ、入居を決めた時には契約前に扉などの建付けも含めて綿密に現状確認をし、事前にオーナーや管理会社に連絡、修繕を依頼することが大切です。  ここフィリピンでは日本とルールが違います。入居後のトラブルは、基本、テナントの責任となることを覚えておきたいですね。ですから、記録をきちんとつけ、何かあったらすぐにオーナーや管理会社に連絡する、これがとても重要です。

 

退出時にトラブルにならず快適にすごすための秘訣は?

ある仲介をしたテナント様から、シャワー中にシャワールームの扉ガラスが壊れてガラスが降ってきた!なんとかしてくれ!との連絡がありました。慌てて駆けつけてみると扉ガラスは粉々、テナント様は切り傷だらけ。幸い大きな負傷はなかったのですが、その扉の修繕費をどうするかでオーナーとテナント様のトラブルになったケースがありました。弊社の管理物件ではありませんでしたが、仲介元としてコンドミニアムのアドミンにも掛け合い過去の事例なども調べましたが、結局テナント様の費用での修繕となりました。原因は止め金が金属疲労のためでした。なかなか気が付きにくいとは思いますが、気づいた時点ですぐにオーナーに相談していれば、事態は変わっていたかもしれません。。

 実は物件選びの時に見落としがちなのが『物件管理をどこがしているか』 という点です。信頼できるオーナー、信頼できる管理会社であれば物件のトラブルも、連絡すれば、迅速に対応してくれ不便がありませんし、退出時に起きがちなトラブルも回避できます。物件を探している方にぜひ留意していただきたい点です。

 

最後にBED&GO設立までの経過をおしえてください

2003年に大手ハウスメーカーの生産管理部門のマネジメントを担当したのを始めに、フィリピンの不動産販売会社での販売マネージャーを担当後、現在の会社を設立。フィリピンの不動産事情を、建築、販売から学ばせていただきました。 誠実に!がモットーです。オーナー様に対しては現地の代理人として資産を最大化できるように、そしてテナント様に対しては、フィリピンで快適に過ごすことができるように、何かあればしっかりサポートしてまいります。不動産賃貸、管理、それに売買などのご要望があれば、ぜひご連絡いただけたらと思います。

 

物件紹介アプリを利用してみよう!

フィリピンでも不動産物件をさがす際によく利用されている不動産検索サイト。rentpad などの他にも力強い味方になってくれます。今回はその一つBerentaをご紹介します。不動産賃貸をお探しの方!ぜひアクセスしてみてください!


https://berenta.ph/ja

 

 

日系不動産会社

フィリピンには、フィリピンの不動産事情を知り尽くした日系の不動産会社が活躍しています。 ここでは代表的な日系の不動産会社をご紹介します。

 

BEDANDGO INC. / ベッドアンドゴー

フィリピン不動産業界における日本人の代表の一人として、フィリピン不動産に関する書籍(フィリピンを知る為の64 章、2016、明石書店出版)でも執筆している上記・石橋氏が所属。2017 年6 月に設立。日本人の方にフィピンの不動産をもっと安心して、身近にご利用いただくために、社員教育、仕組みづくりに日夜奮闘する。日本人オーナーの物件を多く管理しており、迅速な対応を身上に、日本クオリティのサービスを提供する。

 

■対応言語:日本語 英語 タガログ語

■対象物件エリア、特に強い物件種類:マカティ、BGC、パサイのコンドミニアム。マカティとBGCの店舗物件

■拠点の場所および数:マカティ

■対応業務:不動産取引業【不動産仲介業】、不動産賃貸管理業【コンドミニアム、戸建て、店舗、オフィス】、その他の業務【エアビーエヌビー管理代行】

 

■沿革、強みとサービスの特長

弊社は2017年6月に設立しました。代表の石橋は2011年からマニラとセブの不動産業界で活躍し、現在フィリピン不動産業界の日本人の代表の一人として、フィリピン不動産に関する著書(フィリピンを知る為の64章 明石書店出版)も執筆しております。フィピンの不動産を日本人の方にもっと安心して、身近にご利用いただく為の社員教育、仕組みづくりに日夜奮闘しております。不動産に関して何かございましたらお気軽にご相談願います。迅速かつ、真心のこもった日本人クオリティーのサービスを提供させていただいております。

 

■フィリピンで賃貸物件を利用するときに特に注意すべき点

水回り、特に水漏れが発生していないか、天井に水漏れの跡がないか。キッチンは汚臭がしないかどうか、グリースストラップはきちんと清掃済みか。エアコンはしっかりとクリーニングされているかなどは、特に注意して確認をされることをお勧めしております。

 

■ブローカーを選ぶポイント、日系の不動産会社を利用するメリット

迅速にしっかりと対応してくれるブローカーを選ぶべきです。フィリピンにはブローカーだけでなく、ライセンスを持たない不動産エージェントも多くいます。しっかりと対応してくれるエージェントもいないわけではないですが、不動産会社の方が、サービスの質が高く期待できます。 日系の不動産会社は、日本人オーナー様の物件を多く管理していますので、なにか家のトラブルが発生したときに迅速に対応してくれるところが多いです。

 

■日本人、外国人だから起きがちな不動産賃貸貸借のトラブル

家のトラブル、例えば、水漏れが発生した、子供が家具を傷つけてしまった、家電が壊れたなど、なにか問題が発生したらすぐに不動産会社に連絡してください。問題が発生しても連絡をしないテナント様は、退出時に現場復帰の修繕費をより多く請求されるケースが多いです。

 

■利用者の方へメッセージ

お客様に信頼いただける不動産のパートナーをめざしております。

日本では当たり前のことでも、フィリピンでは全く異なる常識のものも沢山あります。遅刻、ドタキャンがフィリピンでは頻繁に発生しますが、Bed&Goではそれを非常識とし、待ち合わせの約束に対して、急なキャンセル、遅刻、返信なしがないよう徹底教育しております。Bed&Goは当たり前のことをきちんとできる会社を目指しています。 また、弊社のスタッフには常に正直に、フレンドリーに皆に接する様、教育しております。写真一同でお客様の為に常に全力を尽すことをお約束します。

 

お問合せ先

電話:(02) 8256 9633
E-mail:[email protected]
住所:Room 400 VGP Center, 6772 Ayala Ave., Makati City 1226
営業時間:平日8:30-17:00  定休日 土日祝日
WEB/SNS:https://www.bedandgoinc.com/
お問合せ先窓口担当:石橋正義

 

LEAD JUHTAKU CENTER ,INC / エイブルマニラ

ABLE は2013年よりマカティに事務所を構え不動産仲介業を開始した。母体は名古屋の不動産会社リードワン。不動産においても商習慣の違うフィリピンだが、フィリピン人オーナーと日本人のテナントの間に入り、両者のストレスが軽減されるよう業務を行う。この先に起こることを予想し、最悪の事態が回避できるよう確認を怠らず、きめ細かく対応し「当社に声をかけてよかった」と思っていただけるようまい進している。

 

■対応言語:日本語 英語 タガログ語

■対象物件エリア、特に強い物件種類:マカティ、BGC,アラバン、オルティガスーコンドミニアム&事務所

■拠点の場所および数:フィリピン、日本、アジア

■対応業務:不動産取引業【賃貸、売買】、不動産賃貸管理業【管理】

 

■沿革、強みとサービスの特長

2013年よりマカティに事務所を構え不動産仲介業をしています。母体の会社は名古屋の不動産会社リードワンです。フィリピン人家主と借主の日本人の間に日本人の我々が入ることで借主の日本人テナントのストレスが軽減されるよう 日々責任の重さを痛感しつつ、この先に起こることを予想し最悪の事態が回避できるよう確認を怠らずに務めていきます。

 

■フィリピンで賃貸物件を利用するときに特に注意すべき点

・通常1年契約で期間内に途中解約をするとペナルティは発生する
・契約書は家主が提供する
・公的領収書が必要な場合は12%のVAT税がかかる
・エアコンの清掃費用はテナントの支払い
・コンドミニアムはアドミンが仕切っており人の出入りや荷物の出入りはアドミンの許可が必要

 

■ブローカーを選ぶポイント、日系の不動産会社を利用するメリット

常識のある対応をしているか否かということだと思いますがそれぞれ業者を使った経験者に聞くのが一番良いと思います。 日系業者を使うメリットとして価値観が同じ、細かいニュアンスがわかる どうすれば一番良いのかを教えてくれる などがあげられると思います。

 

■日本人、外国人だから起きがちな不動産賃貸貸借のトラブル

・借主貸主双方合意し、すりあわせをして今日契約&小切手を渡し明日外国から入居者が来るという段階のおいて家主が急に家賃の値上げを言い出し、値上げにに応じられなければ契約しないと言われたこと。
・新しい契約で入居に必要な書類を提出しアドミンから書類を受け取ったというメールをもらい、実際に入居をしようとしたら入口のガードマンに入居に必要な書類が届いていないので入居出来ないといわれた。翌日確認したところ、アドミンのマネージャーがその日早引きし私が提出した入居に関する書類はマネ-じゃ-の机の上に放置されていた、とのこと。

 

■利用者の方へメッセージ

当社に声をかけてよかった、と思っていただけるよう努力してまいります。

 

お問合せ先

電話:63-2-8551-1914
E-mail:[email protected]
住所:8th Floor 111 Paseo de Roxas Bldg,111Paseo de Roxas St, Legaspi Village Makati City Phlippines
営業時間:9時~18時 (GCQ期間中は 9時~16時)
WEB/SNS:https://www.able-manila.com/
お問合せ先窓口担当:鈴木

 

 

Kanejin Corporation / 株式会社 かね甚

1998 年創業以来、フィリピンに駐在する日本人にコンドミニアム、事務所などを紹介。約30 年以上の経験から、ある程度起こりうるトラブルなども事前に説明をしてくれるのが強み。不動産にか関わらず、ご契約中のいろいろなトラブルについても相談を受け付けている。

 

■対応言語:日本語 英語 タガログ語 その他

■対象物件エリア、特に強い物件種類:マカティ、ロックウェル、ボニファッシオ、アラバン、マニラのコンドミニアム、及び賃貸事務所等

■拠点の場所および数:フィリピン、日本、アジア、その他

■対応業務:不動産取引業、不動産賃貸管理業、ゴルフ会員権の賃貸、売買、フィリピンでの終了ビザ等の申請手続きなど

 

■沿革、強みとサービスの特長

1998年創業以来、フィリピンに駐在する日本人の方のコンド、事務所などを主にご紹介しております。既に約30年以上の経験からある程度起こりうるトラブルなども事前にご説明が出来るのが強みかと思います。不動産にか関わらず、ご契約中のいろいろなトラブルについてもお気軽にご相談頂ければと思います。

 

■フィリピンで賃貸物件を利用するときに特に注意すべき点

当たり前の事ですが、契約者が本当にオーナーかどうかについては、確認する必要があります。また、入居前にお部屋の状況をよく確認し、破損、ダメージなどがあれば入居後、直ぐに写真など添付してオーナーへ知らせることが重要かと思います。入居後は、通常エアコンの定期的な清掃点検(専門業者に依頼)をして、その領収書を証拠として保管しておくことも費用に重要ですね。 最後に、電気、水道、インターネットなど契約中に支払いをした領収書は契約終了してしばらくは保管した方が良いです。

 

■ブローカーを選ぶポイント、日系の不動産会社を利用するメリット

日系不動産会社を使うメリットは、まずは、言葉の問題ですね。 また、経験からフィリピン人の方の対応なども理解しているでしょうから、事前に説明を受けらえる点も大近点かもしれません。

 

■日本人、外国人だから起きがちな不動産賃貸貸借のトラブル

コンドミニアムにはそれぞれ、異なったルールがあります。特にコロナ禍では、様々なルールが発令されて、ブローカーでも理解に苦しむようなルールもありました。また、説明する人によって、内容が少しづつ違い事も多々ある事なので何度か内容を確認する必要がありますね。

 

■利用者の方へメッセージ

弊社にてご契約後は、なんでもお気軽にご相談いただけれと思います。特に何かの支払いをする際には、その内容を確認して、不振があれば支払う前に確認することが大事です。弊社でも出来る限りお手伝いをしますので、お気軽にご連絡下さい。

 

お問合せ先

電話:(02) 8521-1151, (02) 8521-1152
E-mail:[email protected]
住所:Unit 323 Legaspi Tower 300, Roxas Blvd. Manila
営業時間:平日午前9時〜午後5時、土曜日 午前9時〜12時
WEB/SNS:http://www.kanejin.com/c10.html
お問合せ先窓口担当:安間、マリサ、ジュリオス

 

 

JNP Real Estate Corp.

JNP Real Estate Corp.の取扱い賃貸物件は、すべてオーナーとダイレクトに繋がっている。そのため、各種問い合わせやテナントのご要望に対し迅速に対応可が可能。また、お部屋の工事やメンテナンスは外注業者ではなく、自社で施工しており、タイムリーに確実に実施してくれるのが強みだ。設立は2014 年。 

 

■対応言語:英語 タガログ語

■対象物件エリア、特に強い物件種類:Chino Roces Ave. リトル東京周辺のコンドミニアムがメイン

■拠点の場所および数:マカティー

■対応業務:1,中古不動産の売買仲介 2,物件管理 3,管理物件のリーシング 4,内装工事の施工 5,開発業務

 

■沿革、強みとサービスの特長

JNPの賃貸物件は、すべてオーナーとダイレクトに繋がっている為、各種問い合わせやご要望に対し迅速に対応可。また、お部屋の工事やメンテナンスは外注業者ではなく、自社で施工する為、タイムリーに確実に実施するのが強み。設立2014年9月。英語対応。

 

■フィリピンで賃貸物件を利用するときに特に注意すべき点

ロケーション 安全性 洪水の有無 ビル管理(セキュリティー)の品質 エアコンの種類(スプリット or ウインドウ)洗濯機スペースがあるか? 雨漏り、水漏れ等がないか? 換気扇が機能してるか?(ダクト配管できてるか?)等

 

■ブローカーを選ぶポイント、日系の不動産会社を利用するメリット

多数の不動産ブローカーがいますが、経験豊かで信頼性の高いライセンスブローカーと契約する事が必須です。都合が悪くなると連絡が取れなくなるブローカーも多数いるので、逃げも隠れもしない信用第一で仕事をしてるブローカーと良い関係を築く事が本当に大切だと思います。

 

■日本人、外国人だから起きがちな不動産賃貸貸借のトラブル

1,保証金が返却されない 2,法外な原状回復費用が請求される 3,部屋の不具合の修理に応じてもらえない など。

 

■利用者の方へメッセージ

Chino Roces Ave.沿いのコンドミニアム(トレビタワー、シティーランド・パソンタモ、ビーコン、オリエンタルプレース、パセオデロセス、オリエンタルガーデン)は、JNP Real Estateへお問い合わせください。

 

お問合せ先

電話:(02) 7752-1733 or (02)7754-1450
E-mail:[email protected]
住所:UG-21 Cityland Pasong Tamo Tower, Chino Roces Avenue, Pio del Pilar, Makati City
営業時間:9:00 am - 5:30 pm (Monday - Friday)
WEB/SNS:https://www.jnp-realestatecorp.com/
Facebook page: JNP Real Estate Corp.
Instagram: @jnprealestate.corp
お問合せ先窓口担当:Raine Cara Quierrez / Angela Joyce Q. Nesperos

 

 

Dao Realty Corporation / ダオ不動産

 1987 年創業以来、一貫してマカティを中心とした日本人駐在員の居住するエリア限定で業務を展開。物件オーナーやコンドミニアム管理会社と信頼関係を構築しており、想定外の事態にもネットワークをフル活用し対応してくれる。仲介料など手数料無料。

 

■対応言語:日本語・英語・タガログ語

■対象物件エリア、特に強い物件種類: Makatiマカティ:Legaspiレガスピ 、Salcedo サルセド、RockWell ロックウエル、BGC、Ortigas オルティガス、Alabang アラバン、-コンドミニアム賃貸物件、オフィス賃貸物件 対象物件エリアは上記の他、
Quezon cityケソンシティ、Manila cityマニラ市 ―コンドミニアム
工業団地が周囲にある、Santa Rosaサンタローサ周辺 ―コンドミニアム、タウンハウスも取り扱っています。

■拠点の場所および数:フィリピン 2店舗

■対応業務: 不動産取引業【不動産仲介業  貸家業、貸間業、不動産管理業】
不動産賃貸管理業【不動産賃貸業 】
その他の業務【 長期不在中の住居の・点検・荷物の梱包・配送手配代行サービス/搬出した家具や衣類、貴重品などの一時預かり/不動産売買、賃貸・仲介/オフィス、駐在員用住居、店舗、戸建、コンドミの賃貸/事業用地、工場、工業団地の情報提供・仲介不動産売買及び賃貸の仲介業  新築・中古コンドミニアムの売買・賃貸・仲介】

 

■沿革、強みとサービスの特長

ダオ不動産は、1987年に創業致しました。当初は、お客様の国籍を問わずに営業をしていましたが、なかなかビジネスが安定しませんでした。転機となったのは、某日系商社駐在員様に、賃貸仲介を行った時です。ありがたいことに、弊社のサービスを気に入っていただき、他の日系駐在員様を多数ご紹介頂きました。そこから、日本人向け不動産会社へと変化していきました。30年以上経った現在も、日本人顧客をメインターゲットとして、主に駐在員様向けに、賃貸住居とオフィス物件をご紹介しています。

創業から一貫してマカティを中心とした、日本人駐在員様がお住まいになるエリアに限定して営業をしてきました。地元に根差して仲介業を営んできましたので、多数の物件オーナーや各コンドミニアム管理会社と、強い信頼関係を形成することができました。想定外な事態が生じた際に、社内だけではなく、社外の人的ネットワークもフル活用して、問題解決にあたることができるのが、弊社の最大の強みだと自負しております。

 

■フィリピンで賃貸物件を利用するときに特に注意すべき点

契約書の途中解約(PRE-TERMINATION)の覧に注意
内覧後 、物件選定し家主から契約の承諾が得られたら契約書のドラフトを確認していただきます。 契約書の途中解約(PRE-TERMINATION)の条項では、One year guaranteed Lease 、途中解約2ヶ月分の賃料のペナルティのどちらかを採用しているケースがほとんどです。One year guaranteedLeaseは途中解約の場合、未使用分の賃料は没収となります。例えばこのコロナ禍で急に日本に帰国することになったとしても、退去後の家賃は返金となりません。

ほとんどの家主はOne year guaranteed Leaseを採用する傾向にあります。万が一途中解約になったとき、「知らなかった」とならないように契約前に確認することが重要です。

 

■ブローカーを選ぶポイント、日系の不動産会社を利用するメリット

●ブローカーを選ぶポイントは

個人ブローカーではなく、会社を設立していて、きちんとオフィスがあり、そのなかでも賃貸実績の多くある仲介業者を選ぶことをお勧めします。

賃貸の業務は、内覧後→家主との交渉→契約手続き→支払い手続き→入居手続き→入居後のトラブルの対応→退去手続き→セキュリティデポジットの返金手続き、と多岐にわたります。ノウハウを熟知している経験豊富なスタッフがいたり、多くの修理業者と取引きがあったりする不動産業者でないと、それぞれの手続きがスムーズにいかない場合があります。 また、ネットで探してきた個人ブローカーと契約した場合、入居中に所在不明になるなんてことがあったら、自身で家主とやり取りしなければならないことになりかねません。

●日系の不動産会社を利用するメリット
弊社はフィリピンの会社ですが日本人スタッフが4人常駐しています。フィリピン人スタッフと家主だけでは解決できないことがあったとき、われわれ日本人スタッフが間に入り解決にあたります。例えば入居後の家電製品の故障や、家具の不具合などのトラブルがあったとき、通常はフィリピン人スタッフが家主とやり取りをします。 まれにあきらかに入居者側の責任ではないのに、全額の費用負担を求めてきたりすることがあります。家主から強くいわると、スタッフにもよりますが、そのままお客様に伝えるだけの一方通行のコミュニケーションとなることがあります。そこで、お客様の気持ちを汲み取りつつ家主との間に入り解決へと導くのが、日本人スタッフの役目でメリットといえます。

 

■日本人、外国人だから起きがちな不動産賃貸貸借のトラブル

日本と異なりお部屋の水回りや電化製品の不具合が起こりやすいです。その場合、メーカーや家主の修理業者を手配しますが、手配をするのに日にちがかかったり、アポイントが取れても時間の指定ができなかったり、時間に遅れて来たりします。また、初日は調査だけして修理はまた後日ということがほとんどです。日本のつもりでいるとイライラがつのりストレスがたまり、そこで苦情をいってもさらに時間がかかってしまうということになりかねません。「家電は壊れやすいし、対応が遅くなるのはフィリピンの慣習なので当たり前」と割り切っていただくのがいいでしょう。

 

■利用者の方へメッセージ

ダオ不動産では、仲介手数料などの一切の手数料がかかりません。調査のためのリストアップ、内覧だけでもかまいませんので、お気軽にご利用ください。スタッフ一同ご連絡をお待ちしております!

 

お問合せ先

電話:0917-812-4471
E-mail:[email protected]
住所: ・マカティオフィス:1506 Antel Corporate Center, 121 Valero St., Salcedo Village, Makati City
・BGCオフィス:2903, High Street South Tower 2,26th Street cor. 11th avenue, BGC,
営業時間: 月曜~金曜:午前9時30分~午後5時30分
土曜:午前9時30分~午後12時00分
定休日:日曜、祝日
WEB/SNS:https://daorealty.net/home/
お問合せ先窓口担当:福井(フクイ)

 

 

81 Property Management Inc / 81 プロパティマネジメント

2013 年創業、コンドミニアムの管理業務では業界最長の経験を持つ。管理不動産住戸数500 室以上( コンドミニアムのみ)。多くは日本人が所有のコンドミニアムで、何かとトラブルの多いフィリピンでも迅速に対応し、専属の建築メンテナンス会社に入居後のメンテナンスもしてもらうことができる。

 

■対応言語:日本語 英語 タガログ語

■対象物件エリア、特に強い物件種類: メトロマニラ全般に管理物件はありますが、特にご紹介可能な物件が多いのがマカティのビジネスエリア内になります。40~50平米の単身~2人組向けワンベッドルーム(1DK~1LDK)物件が多く家賃は日本円で10万円前後の物件が多くあります。またそれ以外にも要望に応じて100平米前後の2ベッドルームや逆に小規模なスタジオタイプのお部屋(1Kタイプ)もございますのでまずはご要望をお聞かせください(入居状況に応じてはご紹介できないことがございます)。

■拠点の場所および数:マカティ

■対応業務: 不動産取引業【不動産売買仲介、不動産売買代理】
不動産賃貸管理業【不動産賃貸管理、不動産賃貸仲介】
その他の業務【アセットマネジメント、建築・メンテナンス、サービスアパートメント運営】

 

■沿革、強みとサービスの特長

2013年創業の不動産管理会社でコンドミニアムの管理業務に関しては業界最長の経験があります。2017年に現社名に変更し、マカティ本店とセブの支店も合わせ管理不動産住戸数500室以上(コンドミニアムのみ)、従業員グループ総勢約100名体制で管理・賃貸・売買・サブリース・サービスアパートメント事業を行っています。管理物件の多くは日本人が所有しているコンドミニアムで、何かとトラブルの多いフィリピンのお部屋でも迅速に対応、またグループ会社には専属の建築メンテナンス会社もあり入居後の物件のメンテナンスもお任せいただけます。

 

■フィリピンで賃貸物件を利用するときに特に注意すべき点

契約の内容は十分に理解したうえで契約を結ぶようにしてください。日本の賃貸契約のように有資格者による重要事項説明などがフィリピンでは義務付けられていないため、契約内容の確認はあくまでお部屋を借りる賃借人の責務になります。賃料が事前に合意したものか?保証金や前払い家賃は正しく記載されているかなど必ず確認することをお勧めします。

 

■ブローカーを選ぶポイント、日系の不動産会社を利用するメリット

賃貸契約が決まり入居した直後からブローカーと連絡が取れなくなるケースがよくあります。入居後も万一トラブルが生じた際にきちんと責任もって連絡が取れるブローカーあるいは入居する物件にきちんとした管理会社がついているかどうかは大きなポイントになります。また日系の仲介会社、不動産管理会社だったとしてもそこで働く多くの人は現地のフィリピンの人々です。日系だから大丈夫、言語バリアがないなど安易に考えず入居後の管理体制はどのようになっているか?という点までチェックできるとよいと思います。

 

■日本人、外国人だから起きがちな不動産賃貸貸借のトラブル

トラブルは様々ありますが、いずれのケースも「自分の生まれ育った国とのギャップ」が必ずあるはずです。フィリピンで申しますといわゆる白物家電(エアコンや冷蔵庫など)が1年未満で故障することも多々あります。契約に重要事項説明がなく、その結果「思っていたことと違う」などもよくあるトラブルの例です。

 

■利用者の方へメッセージ

当社は不動産管理を専業している不動産管理会社です。賃貸仲介でお部屋をご契約いただいてからが当社とお客様との関係が始まります。入居期間中、何もトラブルが起きないことが第一ですが、そうはいっても問題が起きたときには頼れる管理会社が必ず必要となります。ぜひ我々が管理するお部屋にご入居いただきハッピーなフィリピンライフを満喫してください!また当社ではマカティ市内でマンスリーレジデンスやサービスアパートメントなども運営しています。あいにくのコロナ禍につき通常通りにご案内できない場合もございますが、ご希望ありましたらまずはお知らせくださいませ。

 

お問合せ先

電話:+632-8801-3009(固定), +63-915-933-8667 (ローカル営業直通)
E-mail:[email protected]
住所:L&H Realty Corporation Building, 2310 Don Chino Roces Ave., Makati City, Metro Manila
営業時間:9:00~18:00 月から土 祝日除く
WEB/SNS:https://81property.com/
Facebook:https://www.facebook.com/81property.japan
お問合せ先窓口担当:江副(エゾエ)

 

 

PRIME ZONE GLOBAL REALITY INC. / プライムゾーン グローバル リアルティ インク

2015 年よりフィリピンでの不動産の取扱を始め、仲介業、建設工事全般を中心に業務展開する同社。 10年以上のフィリピン不動産のノウハウを持つ代表を筆頭に 「クオリティ・ファースト」精神でサービスを提供する。コストに見合った建設の実現のため、自社での建設工事部門を起ち上げ、細部への「コダワリ」を実現。コンドミニアム、オフィスや店舗の内装工事を得意とする。

 

■対応言語:日本語 英語 タガログ語

■対象物件エリア、特に強い物件種類: マカティ、BGC、マニラ・ベイエリア 及び、セブ・マクタン島

■拠点の場所および数:フィリピン

■対応業務: 売買仲介,賃貸仲介,建設工事全般

 

■沿革、強みとサービスの特長

弊社は2015年より、フィリピン不動産の取扱を始め、仲介業、建設工事全般のサービスを提供させて頂いております。 10年以上のフィリピン不動産のノウハウを持つ代表を筆頭に 「クオリティ・ファースト」精神でサービスを提供しており、日本人を含む外国籍の方でも、フィリピンで安心してお取引頂く事を大事に考えております。 不動産サービスを提供する中、「クオリティー」「コスト」の合わない建設工事の実態を目の当たりにし、自社での建設工事部門を起ち上げました、細部への「コダワリ」を大切にしたコンドミニアム、オフィスや店舗の内装工事を得意としております。 不動産仲介(売買・賃貸)、管理も含めご相談ください。

 

■フィリピンで賃貸物件を利用するときに特に注意すべき点

フィリピンの物件では、エアコン、水回りの問題が多く発生します。 エアコンの使用頻度が高い場合、エアコンフィルターが目詰まりを起こし、故障の原因となりますので、定期的に確認掃除を心がけましょう。 水回りに関しては、殆どのコンドミニアムのキッチンシンク下にグリストラップが設置されており、コンドミニアムの管理組合(アドミン)で定期的な清掃業者によるクリーニングを周知、実施しております。 ご自身または、仲介会社などにスケージュールを確認し、清掃を行うようにしましょう。 清掃を怠ると、害虫の発生、排水管のつまり、汚水の漏れ出しなどが

 

■ブローカーを選ぶポイント、日系の不動産会社を利用するメリット

入居時の契約など、条件は物件の貸主によって内容が変わります、入居前の要望をしっかり伝えてくれる(確認してくれる)ブローカーを選びましょう。 個人ブローカーまたは、現地不動産会社を使う場合、仲介手数料(サービス料)が掛からず、初期費用を抑えられるメリットがありますが、入居後のサポートがしっかりなされない場合が多く感じられます。 日系不動産会社を使うことで、入居前の要望などを交渉や、入居後のトラブルが発生場合に日本的な(言語でも)サービスを受けることが出来ます。

 

■日本人、外国人だから起きがちな不動産賃貸貸借のトラブル

契約時の契約書の確認をしっかり行いましょう。 日本では借り主側の事を考えた内容で契約書が作成されますが、フィリピンでは貸り主が有利な内容になっている場合が多いです。 ブローカーまたは、不動産会社にしっかり内容の確認してもらいましょう。

 

■利用者の方へメッセージ

弊社では、お客様により安心をして、マニラでの生活をして頂けるよう、生活相談窓口を設置しております。 不動産関連以外でも生活におけるご相談ください。

 

お問合せ先

電話:0917-703-3058
E-mail:[email protected]
住所:Unit 501 G.C. Corporate Plaza, 150 Legaspi St., Legaspi Village, Makati City, Metro Manila 1229 PHILIPPINES
営業時間:月〜金曜日 9:00〜18:00 (コロナ収束までは、10:30〜17:00)
WEB/SNS:http://primezone.ph/

お問合せ先窓口担当:澤木

 

 

ローカル系不動産会社

フィリピンの大手不動産会社をご紹介します。なかにはDMCI HOMES のように日本人が駐在して対応にあたってくれる会社もあります。またリストでは、大手不動産会社のブローカーも記載しました。

 

●大手ローカル系などの会計事務所

DMCI HOMES / ディーエムシーアイ ホームズ

創業60年以上、フィリピン最大手の建築会社DMCIグループを母体とした、フィリピ ンを代表するディベロッパー。同社は不動産開発会社としてフィリピン国内最高位ライセンスAAAA(クアドラプルA)に 国内で初めて認定されており、フィリピン最高水準の建築技術を誇る。日本人2名が駐在し、物件内覧から契約手続きまでの工程すべてを対応してくれるのも強み。リタイアメントビザ取得のお手伝いもしている。

 

■対応言語:日本語 英語 タガログ語

■拠点の場所および数:マカティ

■対応業務: DMCI Homesのプレセール物件販売、不動産取引業、不動産賃貸管理業

お問合せ先

電話:0995-963-4948
E-mail:[email protected]
お問合せ先窓口担当:中矢

 

その他の大手不動産会社


※記載のブローカーの他にも大手不動産会社傘下には多くのブローカーがいますので調べてみましょう。

Ayala Land Inc.
Broker: Xavier Casanova
電話:09175686794
E-mail:[email protected]
WEB:https://www.ayalaland.com.ph/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

SM Prime Holdings, Inc.​
BrokersNetwork
電話:09176681880, 09610909940
E-mail:[email protected], [email protected]
WEB:https://www.smprime.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Megaworld Corporation
Broker: Ryan Vaflor
電話:09179255447
E-mail:[email protected]
WEB:https://www.megaworldcorp.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Filinvest Land, Inc. (FLI)
Broker: Dominic Lorico
電話:09209213829
WEB:https://www.robinsonsland.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Robinsons Land Corporation
Broker: Bryan Ramones
電話:09171737388
E-mail:[email protected]
WEB:https://www.robinsonsland.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Federal Land
Broker: Frederick Castor
電話:09065324604
E-mail:[email protected]
WEB:https://federalland.ph/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Vista Land & Lifescapes Inc.
Vista Land Brokers:
電話:09431334113/09360888420
E-mail:[email protected]
WEB:https://www.vistaland.com.ph/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Century Properties Group Inc.
Century Properties Real Estate
電話:09178524510
E-mail:[email protected]
WEB:https://www.century-properties.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Empire East
Empire East Broker Network
電話:09178584823
E-mail:[email protected]
WEB:https://www.empire-east.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Sta. Lucia Land Inc.
Sta. Lucia Land and Realty
電話:0917-861-9586
E-mail:[email protected]
WEB:https://stalucialand.com.ph/

 

ページ上に戻る

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー