ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 暮らしのガイド > フィリピンの牛乳・植物性ミルク

フィリピンの牛乳・植物性ミルク

フィリピンでもスーパーマーケットなどで大量に陳列される牛乳。たくさん種類があるけれど、いったいどれがおいしいの?定番の牛乳から、最近、人気の植物性ミルクまで、さまざまなミルクをご紹介します!実際にプライマー編集部で試飲をして、おすすめの牛乳をセレクトしました!

 

 

 

日本人に飲みやすい牛乳

 

 

ローカルに人気!一度は試してみたい牛乳!

 

 

最近人気の植物性ミルク

 

 

その他にも、ピスタチオやマカダミア、カシュ―ミルクなど、さまざまな植物性植物性ミルクが販売されています。料理用で使われることが多いココナッツミルクは、飲用も商品展開されています。お気に入りのミルクを探してみましょう。

 

  • 植物性ミルクはなぜ人気?!
  • ・美容・健康のために:植物由来なのでノンコレステロールで脂肪分、カロリーが低いものも多い
  • ・食の選択肢として :ヴィーガンやベジタリアンの選択肢として
  • ・牛乳の代わりに  :乳糖不耐症など牛乳が体質に合わない方の代替品として

 

フィリピンの牛乳はなぜ常温保存で、消費期限が長いの?

ロングライフ(LL)牛乳と呼ばれる牛乳は、フィリピンだけではなく、ヨーロッパでも主流です。牛乳は、製造の過程で殺菌されますが、140度程度で2~3秒程度の超高温殺菌(UHT)されたものを、無菌充填しています。また、牛乳パックにもアルミが加工されるなど、光と空気を遮断する工夫がされているため、長期保存が可能なのです。疑ってしまう方もいるかもしれませんが、長期保存のために保存料が使われているわけではないのです。日本でも、防災の観点からロングライフ牛乳が増えつつあります。もちろん低温殺菌をしている牛乳もあるので、保存方法は売り場やパッケージで確認を。そして、ロングライフ牛乳の場合も、開封後は冷蔵庫で保管し、早めに飲み切りましょう。

 

本記事は、プライマー2022年8月号(Vol.172)から抜粋しています。

 

ページ上に戻る

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you