HOME > 暮らしのガイド > フィリピンのマナー

フィリピンのマナー

   フィリピンでは当たり前のことでも、 日本人にとって
は馴染みがなく驚くことも多いでしょう。

   このページでは、お互いが異文化を持っていること
を認識し、気持ちよく過ごすために知っておきたいフィ
リピンと日本の文化・マナーの違いについて、 厳選し
た10コをご紹介します。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

① チップ

    チップは、サービスに対して支払う、規定料金とは別の
心づけです。例えば、タクシーやウェイトレス、ウェイター、
ルーム・ サービスなどが対象になります。


相場はどのくらい?

-空港/ホテルのポーターには荷物1個につき10ペソ
-タクシーは料金の10%
-レストランでサービス料が含まれていない場合は請求額の5~10%
*サービス料が含まれている場合でも、お釣りのコインを置いていく人が多いようです。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

② 道の横断

    歩行者優先の日本とは違い、  フィリピンでは車優先社
会です。 またドライバーは運転が荒く、信号無視も日常茶
飯事です。 通勤時間帯は特に渋滞が激しいため、 少しで
も早く着こうと車・バイクは常に車線変更を行い、少しの隙
間に入り込みます。信号機も設置されているところは少な
いです。道路を渡るタイミングは「 車が切れたとき 」です。

十分に気を付けて渡りましょう!


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

③ ショッピングモール

    暑いフィリピンでは週末をクーラーの効いたモールで過
ごすのが人気!  ただモール内はクーラーの効きすぎてい
て、寒いくらいです。羽織ものを用意しましょう。また、入口
では荷物検査があるので鞄などをすぐ開けられるようにし
ましょう。 主要なモールでは無料wifiもあり、カフェやレスト
ランでインターネットを楽しむことができます。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

④ トイレ

    フィリピンのトイレは、配管が細く詰まりやすいため、トイ
レットペーパーを流してはいけません。便器の近くにゴミ箱
が設置されているので、そちらへ捨てましょう。 公共のトイ
レでは、トイレットペーパーは設置されておらず、自分で用
意するのがフィリピン流です。ただ最近は高級モールなど、
設置されている場所が増えてきています。個室の外に1つ
だけホルダーが設置されている場合もあります。また、トイ
レの便座がないこともしばしば有ります!



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

⑤ お風呂

    フィリピンのバスルームは、 基本的にトイレと共用です。
バスタブはなく、シャワーだけ設置していることが一般的で、
冷たい水でシャワーを浴びます。 お湯でシャワーを浴びた
い場合は、 別で電気給湯器を取り付ける必要があります。
いわゆる「お風呂」はスパなどに行けば入ることができます。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

⑥ 名前の呼び方

    通常、 ファーストネームで呼びます。 フィリピン人は、名
前とは別のニックネームで呼ばれるのを好む人もいます。
話しかける場合には会話の最後に名前を付けることで、親
近感が沸きます。名前の前に男性はSir(サー)、女性はMa’
am(マム)を付けると丁寧です。

* 「Professor」 や 「Mr. / Ms. / Mrs.」 などの尊称をつけるよう指定する人もいます。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

⑦ 喫煙

    メトロマニラ首都圏内は、公共の場で喫煙を禁止してい
るエリアもあるので注意しましょう。 (マカティ市では、面積
100㎡以下の公共施設は全面禁煙、それ以上は排気設備
が整った場所のみ喫煙が許されています。)


違反者には罰金が科せられます!

      初犯:1,000ペソ / 2回目:2,000ペソ
      3回目:3,000ペソ、もしくは3~6日の勾留処分


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

⑧ クリスマス

    キリスト教が主な宗教のフィリピンでは、 クリスマスは一
大行事です。 毎年9月からお祝いの準備が始まり、 あちら
こちらでクリスマスツリーが飾られ、クリスマスソングが流れ
ます。 クリスマス・イブと当日は、家族で過ごすのが一般的
です。 教会で開かれるミサに参加し、キリストの生誕を祝い
ます。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

⑨ 誕生日

    フィリピンでは、パーティーの手配は誕生日を迎えた人が
本人で行い、 支払も本人が負担します。 誕生日パーティー
を派手にやるのが、フィリピン人にとってのステータスです。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

⑩ ドレスコード

    ドレスコードとは、「その場にふさわしい服装の基準やマ
ナー」のことです。 高級レストランなどでは短パンやサンダ
ルを禁止するのも、ドレスコードです。ビジネスや正式なパ
ーティーでは、指定がある場合が多いので注意しましょう。
民族衣装で、 現在も正装として認知されているバロンタガ
ログを持っていると、どんなシチュエーションにも便利です。


【フィリピンにおけるドレスコード】


フォーマル(formal) バロンタガログ、ダークスーツ、タキシード イブニング・ドレス、カクテル・ドレス、振袖、留袖
セミフォーマル
(semiformal)
バロンタガログ、フォーマルすぎないスーツ フォーマルすぎないドレス、ワンピースなど
スマート・カジュアル
(smart casual)
スーツ、ジャケットなどの上着にネクタイ スーツなど
ビジネス・アタイヤ
(business attire)
バロンタガログ、スーツ、ジャケットなどの上着にネクタイ スーツなど
カジュアル(casual) 襟付きのシャツ、ショーツ、ジーンズなどの普段着 襟なし、タンクトップ、スカート、ショーツなどの普段着


ページ上に戻る

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Google+