ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 暮らしのガイド > インターネット

インターネット


    フィリピンでビジネスを始めるにあたって、インターネットは重要なビジネスツールのひとつです。

こちらのページでは、法人向けインターネットの開設方法についてご説明いたします。

フィリピンのインターネットブロードバンドサービスは主に、
ケーブル回線と電話回線(DSL)、光ファイバーを利用するタイプの3種類があります。
※現在、光ファイバーは高級住宅(Village)エリアのみ対応

ポケットWiFiはこちら


ケーブル回線と電話回線の違いとは?


   ケーブル回線はケーブルテレビのインターネット専用回線を利用した高速通信のため、DSL 回線のように基地局からの距離で通信速度が落ちることはほとんどなく、常時接続でインターネットが利用できます。 DSL 回線の場合は電話回線を使用するので、電話料金とプロバイダー料金が必要です



契約する前のチェックポイント!

※ ビルやコンドミニアムなどで契約できるプロバイダーもしくは回線が決ま っているので、
    アドミン(管理者)やオーナーに事前に尋ねておくことが必要です!                             

  • 建物が古いと建物内の回線用のメタル線が劣化している場合があり、契約した回線速度よ り速度が落ちることがあります。
  • コンドミニアムの上層階になると速度が落ちてしまう回線もあるので併せて直接プロバイダーに確認をしておきましょう。

※ 利用を開始したい日を早めに伝えておくといいでしょう。
    また、日にちが迫ってきたら再確認を行って下さい。      

  • フィリピンでは当初の予定からずれてきてしまうことも多くあるので余裕を持って行動することがポイントです。


オフィスで利用する際の大事なポイント!

※ プロバイダー別で2 回線以上契約することをオススメします!

急速にインフラが発展しているとはいえ、まだまだフィリピンの回線は不安定。 また、最近ではめっきり少なくなりましたが、フィリピンは停電が多く、突然プロバイダーがシステムダウンしてしまうことも…そんな時の緊急対策用に別プロバイダー最低でもプロバイダー2 社とそれぞれ回線を契約し、バックアップ用の回線を持っておくと良いでしょう。



※ブロードバンド回線とは別にLTE wifi を契約すれば、
ネット環境は盤石と言えるでしょう!


オフィスで契約するには?

フィリピンで起業する、オフィスを構える…そんなビジネスパーソンのための ブロードバンド契約の簡単HOW TO STEP についてご説明していきましょう!



STEP1 問い合せと申込み

ブロードバンド契約の事前チェックを行います。

問題がなければ、PLDT のカスタマーサービス、もしくはお近くのPLDT ビジネ スセンターに直接、問い合わせまたは回線契約申込ができます。 最新のキャンペーンプランなど気軽に問い合わせが可能です。

営業時間: 月—金 8:00~7:00
PLDT WEB サイト http://www.pldtsme-nation.com.ph/



STEP2 契約に必要な書類を用意する

  • SEC Registration
    SEC登録書(上場企業でSECに登録の場合)

  • Corporate Secretary's Certificate (notarized)
    公証済秘書認定書

  • 2 valid IDs of authorized signatory
    署名公証済の2種類の有効な証明書

  • Company TIN number/copy of COR
    企業TINナンバー/認定書の写し

  • Contract of Lease in the office address
    住所が記載されたオフィスレンタル契約書

  • Authorization letter if applying via representative
    委任状(代理人を通して契約する場合)

  • Filled-up application form (Business Customer Information Form)
    記入済ビジネスカスタマーインフォメーションフォーム

STEP3

必要書類を提出し、プランに申し込めば契約完了です。
毎月の支払い方法については、発行される領収書をPLDT オフィス、BAYAD Center、各種銀行に持ち込めば払い込み可能です。また、「Bills Online 決済」 なども対応しています。
詳しくはこちら(https://www.pldt.com.ph/billsonline/)



いかがでしたでしょうか?
契約に必要な書類を取得するのに手間はかかりますが、揃えてしまえば後は「フィリピン人スタッフに立ち会ってもらう」、もしくは「委任状を託して契約してもらう」だけでオッケー!
しかし、くれぐれも事前の確認、再確認は早めに行いましょう。




▽ ここからはフィリピンでメジャーなブロードバンドプロバイダー2 社をご紹介します。


① PLDT
(http://www.pldt.com/)
フィリピンで固定・携帯通信事業におけるマーケットシェア第一位の通信事業社で、
2011 年よりNTT ドコモが出資しています。

PLDT には大きく3 種類のブロードバンドプランがあります。

DSL
BRO
Fibr

固定電話最大手PLDT から提供されている有線DSL 接続サービス。 5Mbps から最大15Mbps までのプランが月額固定料金で用意されています。

(↑http://pldthome.com/dsl )

プラン名 料金 回線速度 備考
FAMPLAN 999 月額P999 最大で5Mbps
FAMPLAN 1995 月額P1,995 最大で8Mbps
FAMPLAN 3000 月額P3,000 最大で15Mbps

※他にも割引プランあり。



家庭用ハイスピードブロードバンドインターネット回線。 SMART の携帯端末ネットワークを介してワイヤレスインタ ーネットサービスを提供しています。

(↑http://pldthome.com/bro )

プラン名 回線速度 通信上限 備考
FUN PLAN 699 最大速度3Mbps 30GB/月
FUN PLAN 999 最大速度5Mbps 50GB/月
FUN PLAN 1599 最大速度10Mbps 70GB/月



国内で次世代ブロードバンドサービスが利用できる家庭用超高速回 線。従来のブロードバンドサービスよりさらに速く、繋がりやすいハイスピードブロードバンドプラン。 現在はVillageといわれる高級住宅エリアのみ対応しています。 ※iflix and FOX Networks Groupの有線テレビ視聴可能

(↑http://pldthome.com/fibr )

プラン名 回線速度 通信上限 備考
LITE PLAN 1899 最大速度50Mbps 80GB/月
LITE PLAN 2899 最大速度50Mbps 無し
LITE PLAN 3500 最大速度50Mbps 無し (Cignal Digital TV Channelsが追加)

※ 5800PLAN からはCignal チャンネルのTV 番組が料金内に含まれています。
※ 電話回線は追加オプションで利用することができ、1 回線につきP250 から。


▼ 対応地域についてはこちらをご参照ください。
(http://pldthome.com/fibr/fibr-villages)



② SKY Cable


(↑http://www.mysky.com.ph/metromanila/plans-and-bundles/broadband)
ケーブルテレビで有名な「SKY」のブロードバンドサービス。
ケーブルTV のインフラを使用するタイプで、3Mbps から最大で50Mbps までのプランが月額固定料金で用意されています。

プラン名 料金 回線速度 備考
SKYbroadband P999/月 3Mbps
SKYbroadband P1,399/月 8Mbps
SKYbroadband P1,999/月 16Mbps
SKYbroadband P4,498/月 50Mbps (HDケーブルテレビプラン込み)



<その他のブロードバンド>

PLDT ALPHA(ビジネス向け)
http://pldtalpha.com/broadband/broadband-solutions/business-dsl/

Tatoo ブロードバンドHOME(家庭、ビジネス向け)
http://tattoo.globe.com.ph/product/tattoo-platinum-home-broadband



ページ上に戻る

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel