HOME > 暮らしのガイド > 携帯電話

携帯電話


    フィリピンではプリペイド式かポストぺイド式のどちらかで携帯電話の利用が可能です。

    このページではプリペイド式、ポストぺイド式の詳しい使用方法について説明します。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

メニュー

    プリペイド式について
    ポストぺイド式について
    滞在期間別お勧めの使い方
    使用方法詳細(プリペイド式)
    使用方法詳細(ポストぺイド式)


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

1. プリペイド式

プリペイド式とは、フィリピンの通信業者各社のSIMカード、プリペイドカードを用意し、
使用分を携帯電話にチャージしながら使用していく方法です。
 
手軽に使い始める事が出来るため、短期滞在の方からおすすめの使用法です。


※この3点を用意するだけ

2. ポストぺイド式

ポストペイド式とは、日本と同様に申込みの際に自分の使い方に合うプランを選び、月末にその料金を支払う仕組みのこと。 毎回ロードカードを買わずに引き落としで済む、プリペイド式よりもお得なプランがある (中には二年使用で一台携帯が無料など)といった点から、長期滞在の方などから利用されることが多いです。
※ポストぺイド式の場合、身分証明書等の書類が必要です。


プリペイド式とポストぺイド式のメリット、デメリット

 メリットデメリット
プリペイド手軽、即座に使用可能ロードが切れるたびに購入しなければならない
ポストぺイド毎回ロードカードを買う必要がない(口座引き落とし)
プリペイド式よりもお得なプランがある
手続きが大変、収入証明書、外国人登録証の用意など


フィリピンではどのように携帯電話を使うべき??

短期滞在

無料のWi-Fi、もしくはプリペイド式での使用がおすすめ

フィリピンには旅行者など短期滞在の方が訪れる観光スポット、ショッピングセンター周辺には無料で使用できるWi-Fiスポットがたくさんあります(Wi-Fiが使える宿も多い)。そのため短期滞在の方には無料のWi-Fiスポットを活用しデータ通信するのがお勧め。「インターネットは常に 使いたい、でも国際ローミングサービスは高いから使えない」という方は、プリペイド式での使用をすれば1000円程度(例:SIMフリーの携帯電話を日本より持参し、SIMカードとプリペイドカードを購入し、SMART社のLTE 299プランに登録)で7日間無制限でインターネットを使用することも可 能です。この方法だと、別料金でメールや通話も可能ですが、日本の携帯番号、携帯アドレスとは変わってしまう点に注意が必要です。


中期滞在

プリペイド式もしくは無料のWi-Fiでの使用がおすすめ

語学学校など常時Wi-Fiを使えるという環境が整っている方は良いのですが、そうでない方にはSIMフリーの携帯電話を持参、もしくは購入し、プリペイド式での使用がお勧め。フィリピン人の方と連絡を取る場合もあると思うので、テキストや通話等、自身の目的にあったお得な料金プラン を探し適用するのが○


長期滞在

ポストぺイド式での使用がおすすめ

ポストぺイド式にすると、長期契約する事によって端末がもらえるプランなどがあります。また、支払いが引き落としになり、毎回ロードをする必要がないため長期滞在の方にはポストぺイド式での利用がおすすめです。



プリペイド式で携帯電話を使い始めるまでの流れ



1.携帯電話の用意・購入


フィリピンでは大きなショッピングセンターから街中、いたるところで携帯電話の購入が可能です。日本のように購入の際に身分証明書等を用意する必要はありません。一番安いタイプでP 500程度、タッチスクリーン式のインターネットを閲覧できるようなタイプはP4000程度で比較的まともなものが購入できます。




※このような路地裏でも携帯電話が売られている


※機能にこだわらないならばP500程度から購入が可能

携帯電話本体についてよくある質問

Q. 日本で使っている携帯電話をフィリピンで使いたい

日本の携帯電話には、基本的にSIMロック※がかかっており、フィリピン通信会社各社のSIMカードを使う事が出来ません。機種によっては手数料を支払う事により、SIMロックが解除できる通信会社もあります。SIMロックを解除した携帯電話は、フィリピンの通信会社各社のSIMカードが使える ようになりますので、海外の渡航前にSIMロックを解除しておくというのも一つの手でしょう。詳しくは通信会社各社にお問い合わせください。
 
※総務省が携帯電話会社に端末を他社で使えないように制限する「SIMロック」の解除を、2015年度にも義務づける方針を固めました。来年度以降購入の携帯電話はとくに手続き等せずに日本でご使用されていた携帯電話で海外SIMが使えるかもしれません。

Q. フィリピンで購入した携帯電話を他の国でも使用できるの?

SIMフリーの携帯電話がほとんどの為、SIMカードを滞在先の国のものに差し替える事によって他国でも使えるようになります。しかし各国の使用している電波の周波数によって使用できない場合もあります。機種によって使える国が異なりますので購入時に確認するようにしましょう。

また、GLOBEや、SMART社のSIMカードを挿入したまま使う事が出来る国もあります。料金、対応する国等については各社の海外プランをご確認ください。

Q. 自分の電話番号はどうやって確認するの?

フィリピンで購入する携帯電話はもちろん英語表記が主です(日本語設定にする事が出来る機種も購入できます)。機種によって異なりますが、SIMカード挿入後携帯電話を起動し、Menu→Contacts→Own number などで確認できます。

Q. フィリピンで購入できる携帯の品質は?壊れた時どうすればいいの?

安売り店が数多くあり、保障や初期不良への対応に不安があるお店もあります。購入時には十分な注意が必要です。保障等についてはお店の人とよく相談するようにしましょう。

大きなショッピングセンターにはAPPLEストアやSONYショップなども入っています。正規品を購入したいという方はこういったお店に行きましょう。

Q. フィリピンブランドの携帯は?

フィリピンの国産携帯会社としては、My phone, cherry mobile, starmobileなどがあります。
安いインターネットが使える携帯電話が欲しいという場合はこれらの会社の製品も選択肢の一つになるでしょう。




2.SIMカードの購入



携帯電話を購入したら次にSIMカードと呼ばれる携帯電話に挿入するICチップを購入します。SIMカードのサイズは端末によって異なります。SIMカード購入の際に挿入口を見せる、店員さんに尋ねるなどして自分の携帯電話にあったサイズのSIMカードを買うように気をつけましょう。携帯 電話を販売している周辺、もしくはショッピングセンター内のインフォメーションなどでプリペイドカードとともに売られている事が多いです。




※携帯電話によってSIMカードのサイズが異なる


※ショッピングセンターのインフォメーションなど
様々な場所で購入が可能

SIMカードに関するよくある質問

Q. SIMカードはいくらくらいするの?

通常サイズ、MICROサイズのSIMカードはP40、NANOサイズのSIMカードはP100程度で買う事が出来ます。

Q. どこの会社のSIMカードをかえばいいの?

フィリピンではSMART・GLOBE・SUN が代表的な携帯電話通信会社です。同じ会社のSIMを使っていると通話やメールがお得になることが多いため、友達の使っている会社に合わせる、またはふたつのSIMカードを買っておくという人も少なくないです。後述するプロモと呼ばれる割引きサービス(後述のところにリンク)の内容で決めると良いでしょう。特にこだわらないという方はSMART社またはGLOBE社のSIMカードを購入すれば間違いありません。



3.プリペイドカード購入



次にプリペイドカードを購入し、購入したプリペイドカードの金額を携帯電話に”ロード(チャージ)”する必要があります。プリペイドカードはP100、P300、P500など数種類用意されているのですが、ここで注意しなければいけない点は、プリペイドカードは最初に購入したSIMカードと同じ会社のものを購入して下さい。他社のプリペイドカードでは”ロード”することはできません。




※このような看板が至る所で見受けられる


※P100~500までの各社のプリペイドカード

プリペイドカードに関するよくある質問

Q. ロードって何?

プリペイドカードの料金を携帯電話にチャージする事をロードと呼びます。
また使える残高の事もロードと呼びます。例:ロードが後P10しかない…

Q. どこで購入できるの?

SIMカード同様に街の至る所で購入可能です。歩いていれば販売店が簡単に見つかります。セブンイレブンやミニストップなどのコンビニエンスストアでも購入できます。

Q. いくら分のプリペイドカードを買えばいいの??

自分が使うだけの金額分を買いましょう。基本的にはプロモプラン(リンクを貼る)で使う分を購入すればよいでしょう。とくにプランを設定しないという方は使用分にあう金額(使用しない際の料金にリンク)を購入することになります。


4.携帯電話にプリペイドカードの金額をロード(load)



このプリペイドカードの料金を携帯電話にチャージする事をロードと呼びます。プリペイドカードを購入後、カードの裏面のPINナンバーをコインでスクラッチし確認し、その番号を各社指定の電話番号に発信し使えるようにする方法が一般的です。ロードの方法が分からなければプリペイドカード購入時に店員さんに携帯電話を渡してロードしてもらうことも可能!です。



SMART社の例

    ① プリペイドカード裏面を削りPINナンバーを確認                     ② 1510+PINナンバーを打ち込み発信
    

③ ロードを確認しましたという応答を聞く事が出来ればロード完了です。



GLOBE社の例

    ① プリペイドカード裏面を削りPINナンバーを確認                              ② まず223宛に電話を発信
    

音声ガイドを聞き、カード左側にある「Call & Text Card No.」の数字を打ち込み「#」を押すPin」の数字を打ち込み「#」を押す
    
その後「Call & Text Card No.」の右にある「Call & Text Card

⑤ ロードを確認しましたという応答を聞く事が出来ればロード完了です。

ロードに関するよくある質問

Q. プリペイドの残高はどうやって確認するの?

SMART社))1515に電話を発信、もしくは214宛に本文「?1515」と打ち込み送信する

GLOBE社)) 222宛に本文空白,もしくは「BAL」と打ち込み送信する

Q. ロードの残高が切れた時着信、受信はできる?

着信、受信は無料ですのでロードが切れていても着信、受信はできます。ただ、ロードがゼロになり120日間ロードをしない場合(SIMカードによって期間が異なる場合があります)、そのSIMカードが無効になってしまいますのでそうなると着信、受信もできなくなります。

Q. ロードの有効期限は?

ロードの有効期限は下の表のようにロードした金額によって異なり、期間中に使いきらない分は失効されてしまいます。例えばP100ロードしたものの、30日間でP70しか使わなかった場合P30は失効してしまいます。

<SMART社の例>
ロード度数 P15P30P50P60P100P115P200P300P500P1000
有効 期限15日15日15日30日30日45日60日75日120日120日

Q. お店だとP15~からロード出来るって聞いたけど?

プリペイド式の携帯電話は自分の使用できる金額を他人に譲ることができます(同じ会社のSIMカードでなければいけない)。 そのためサリサリストアと呼ばれる小さいコンビニエンスストアなどでは、最も安いプリペイドカードであるP100より少ない金額をロードできます。この場合、お店に3ペソ程度の手 数料を支払います。帰国前など自分の携帯電話にロードが余っており友人が同じ会社のSIMカードを使っているという場合等はこの機能を利用しその分を譲ってから帰国するという事も可能です。
 
譲る手順
 
SMART間「Pasa Load」
新規メールを作成し、宛先を808にする。本文に「譲る人の携帯番号(スペース)譲る金額」を入力し送信。金額は2,5,10,15,20,30,60ペソから選ぶことが出来る。
 
GLOBE間 「 Share A Load」
新規メールを作成し、宛先はロードを譲る人の番号の先頭の0を2に替えたものにする。本文に「譲る金額」を入力し送信。


5.各社の提供している料金プランに申し込み



お金をロードした後はいよいよ携帯電話が使用出来ます。この段階で携帯電話はメール、電話、インターネットなど使えるのですが、プロモと呼ばれる通信会社各社が実施している割引サービスプランに申し込みをするとお得に携帯電話が使用できます。

料金プランに関するよくある質問

Q. 料金プランを申し込まなかった時の通話、テキスト、インターネット料金は?

 テキスト通話インターネット
SMARTP1/通(160字以内)P6.5 / 分(SMART同士) P7.5 / 分
(SMARTから他の通信会社へ)
通常 P10/ 30分※
GLOBEP1/通(160字以内)P6.5 / 分(GLOBE同士) P7.5 / 分
(GLOBEから他の通信会社へ)
通常 P5 / 15分※
SUNP0.5/通(SUN同士) P1/通
(SUNから他の通信会社へ)
P5.5 / 分(SUN同士) P6.5 / 分
(SUNから他の通信会社へ)
通常P5/15 分※
※このインターネットの料金は一度インターネットにつないだ段階でこれらの料金が加算されます。
15分使わず機内モードなどにしてつけなおしても、そのたびに料金が加算されますのでご注意ください。

Q. どんなプランがあるの?

各社それぞれ割引サービス(プロモと呼ばれる)を実施しており、1日通話し放題、1日TEXTし放題、LINEが1日使い放題プランなどアプリケーション単位でのサービスもあります。

各社内容やプロモ期間が異なりますので、詳細は下記の各社ホームページご確認ください。

GLOBE http://www.GLOBE.com.ph/help/prepaid/promos/
SMART http://www1.SMART.com.ph/prepaid/offers/
Sun  http://www.suncellular.com.ph/prepaid.php

Q. お勧めのプランは?

日本人の方が気になるプランとしてはやはりインターネット使い放題のプランかと思います。

SMART社のインターネット使い放題の例

プラン名内容登録方法
LTE 501日の間P50で3G/LTE回線無制限使用本文LTE 50 と 宛先2200へ送信
LTE 2997日間P299で3G/LTE回線無制限使用本文LTE 299 と 宛先2200へ送信
LTE 99530日間P995で3G/LTE回線無制限使用本文LTE 995 と 宛先2200へ送信


このプランはLTEが入るエリアではLTE、入らないエリアでは3G回線を使って無制限にインターネットが使用できるプラン(インターネットのみ、通話、メールは別料金)です。インターネットさえ使えればLINEやFACEBOOKなどを使い、日本にいるご家族、ご友人ともコンタクトが取れるため、インターネットを使えるプランは非常に有用です。
 

GLOBE社のインターネットプロモプランの例

プラン名内容登録方法
GoSURF 301日の間P30で50MBまで通信可
通信料が超えた分はP5/15分かかる
本文GoSURF 30 と 宛先8888へ送信
GoSURF 503日間P50で250MBまで通信可
通信料が超えた分はP5/15分かかる
本文GoSURF 50 と 宛先8888へ送信
GoSURF 29930日間P299で700MBまで通信可
通信料が超えた分はP5/15分かかる
本文GoSURF 299 と 宛先8888へ送信


これは一例ですので各社のプロモプランを調べてみましょう。これらのプランは期間限定の場合がありますのでご注意ください。

Q. プランの登録方法は?

SMART社のLTE 50の例でしたら、宛先に2200と打ち込み、本文にLTE 50と送れば完了です。
半角スペースのあるなしで認証されない事がありますのでしっかりと確認して送信しましょう。
登録完了のメールが届いた場合、認証は完了し、そこから24時間の間インターネットが使い放題になります。(※インターネットだけですので、SMSや電話をかける際には別途料金がかかります)


ポストぺイド式で携帯電話を使い始めるまでの流れ



1.必要な書類を用意



ポストぺイド式はプリペイド式と異なり、身分証明書などが必要になります。
以下の書類が①から2点、②〜④それぞれ1点、合計5種類必要です。(Globeの場合)

① 身分証明書  

・ 社員証
 ・ クレジットカード
 ・ 運転免許証
 ・ パスポート など

② 請求先住所の証明書

 ・ クレジットカード明細書
 ・ 電気、水道、ケーブルなど公共利用明細
 ・ 銀行の利用明細 など

③ 支払い能力証明書

 ・ 2ヶ月分のクレジットカード利用明細
 ・ 2ヶ月分の銀行利用明細もしくは通帳明細 など

④ 外国人証明書など

 ・ I-カード(外国人登録証)
 ・ 永住権ビザ(SRRV) など

用意すべき書類に関するよくある質問

Q. どの書類が用意しやすい?

必要な書類数が使う証明書の種類によって少し少なくて済むなどということがあるのでまずお店にいき、用意できそうなものはどれか聞きながら相談するというのが良いでしょう。比較的用意しやすい書類についてはWi-Fiについてをご参照ください。


2.料金プランを決める



書類を持ち込み、料金プランを決定、お店で手続きを行います。料金プランについてはお店の人と相談をしながら自身の使い方にあったものを選ぶのが良いでしょう。

料金プランに関するよくある質問

Q. ポストぺイド式のおすすめのプランは?

ポストぺイド式の魅力としては長期契約(二年など)する事により、携帯やタブレットが無料でもらえるという事があげられます。プランによってもらえる携帯電話が違ってきますので、欲しい機種が手に入るプランに加入するのも一つの手でしょう。
 
電話とメールをよくする人向けのプラン例としてはSMART社のTri-Net Plan 899があります。こちらはSMART, sun, TNTの三社に通話、SMSが毎月P899でし放題、また二年契約で一台無料のスマートフォンがついてくるというプランです。各社様々なプランがありますのでお店、または各社ホームページを確認しましょう。
 
GLOBE  http://www.globe.com.ph/
SMART  http://www1.smart.com.ph/postpaid
Sun  http://suncellular.com.ph/postpaid/plans-and-phones

Q. どんな端末がもらえるの?

さまざまです。たとえばSMART社のIphoneプランはiPhone 5s(32GB)がPlan 2499という(毎月P2499でLTE使い放題、全てのキャリアに対し、40分間の通話と100通のSMSが無料)プランに二年間加入することによって端末代が無料になるというものです。他にもSAMUSUNG製の携帯電話やSONY製の携帯電話が無料になるプランもあります


3.手続き



書類がそろい、料金プランも決まると申し込み用紙を記入しお店に提出しにいきます。ポストぺイド式の手続きは街中では出来ず、通信会社各社のショップでしか行えません。比較的大きなショッピングセンターに行けば見つかるかと思います。

その後承認が通るのを待ち、承認が通ると通信会社から連絡が届き、ポストぺイドタイプのSIMカードが手に入り使用開始することができます。

ページ上に戻る

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Google+