ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 旅する

広告
広告

エリアから探す

月間アクセスランキング

世界屈指のスパ、THE FARMで体質改善!ツアー・宿泊のお申し込みはPrimerからどうぞ!
  フィリピン中部のビサヤ諸島の中でセブ島の西隣に位置する「ネグロス島」。観光地として日本人にはまだあまり馴染みのない島ではありますが、手付かずの自然...続きを読む
心温かい人々、どこか懐かしい雰囲気を感じさせる街、そして雄大な自然。豊かな魅力溢れる街ダバオへ、足を伸ばしてみませんか?
広大な土地を利用して大自然の中に作られた温泉プールHidden Valley Springs。まさに宮崎駿の世界を体感できます!
10個もの温泉プールを保有するこちらのリゾート。温度は40~49度に保たれおり日本人にも十分な熱さ。広々としたリゾート内のホテルはコテージのようになっており静かで落ち着いた空間。
【ケソン】マニラから専用小型機で約30分の、サンゴ礁に囲まれた美しい自然が残るリゾートアイランド。ホワイトサンズのビーチが広がり、島を取り巻く海洋環境の保護に力を入れているため、ダイビングでは様々な海の生物たちに会うことができる。宿泊施設は、メインのバレシンヴィラでは島一番の美しいビーチが目の前に広がり、ビーチでのスパやプールにウォーターアクティビティが楽しめる。
フィリピンの海に暮らす、魚やサンゴなど様々な生物を見ることができる海洋テーマパーク。一番の目玉はイルカとの触れ合い。
マニラ近郊観光スポットとして人気の1つ、スリリングな急流下りが楽しめるパグサンハ川急流下り。
【ラグナ】ラグナ州アラミノスにあるヒドゥン・バレー・スプリングスは、知る人ぞ知る天然プールのあるリゾート。バナハオ山とマキリング山の合間の渓谷に位置するこの場所は、“大自然の楽園”という言葉がぴったりだ。
【アンへレス】”冒険・リラクゼーション・食”といった楽しみが3拍子揃った温泉施設。移動手段となる4輪駆動車から見る、その美しい景観にはきっと驚くはず。温泉はステーション3と呼ばれるエリアにあり、レストランや受付があるステーション1からは約30分。
広告
広告

新着旅する情報

【スービック】巨大な水上プレイエリアは、滑り台、タワー、橋、人間発射台、ターザン・スイングなどなど様々なアトラクションに分かれている。最近新しく加わったアトラクションは、ユニコーン・アイランド。子供たちのために特別に作られた。
【スービック】巨大な水上プレイエリアは、滑り台、タワー、橋、人間発射台、ターザン・スイングなどなど様々なアトラクションに分かれている。最近新しく加わったアトラクションは、ユニコーン・アイランド。子供たちのために特別に作られた。
【スービック】スービックで一般公開されているヨットクラブ。誰でもがヨットクルーズや豪華なレジャーを楽しむことができる。ヨットでの食事、スイミング、また、釣りを楽しんだり、さまざまなパッケージが用意されている。
【スービック】スービックで一般公開されているヨットクラブ。誰でもがヨットクルーズや豪華なレジャーを楽しむことができる。ヨットでの食事、スイミング、また、釣りを楽しんだり、さまざまなパッケージが用意されている。
【スービック】スービック湾 経済特別区にある水上アクティビティ施設。ここ1カ所で、様々なアクティビティが楽しめる。マリンスポーツ好きにはたまらない。特に、ジェットスキーが売りだ。
【スービック】スービック湾 経済特別区にある水上アクティビティ施設。ここ1カ所で、様々なアクティビティが楽しめる。マリンスポーツ好きにはたまらない。特に、ジェットスキーが売りだ。
【スービック】スービックで最も有名なリゾートの一つが、マニラから車で3時間のCamayan Beach Resort and Hotel。裸足で砂の上を歩き、ヤシの木で作られた伝統的な家・ニパハットの快適さを満喫し、クラシカルなフィリピン家庭のインテリアを感じてほしい。
【スービック】スービックで最も有名なリゾートの一つが、マニラから車で3時間のCamayan Beach Resort and Hotel。裸足で砂の上を歩き、ヤシの木で作られた伝統的な家・ニパハットの快適さを満喫し、クラシカルなフィリピン家庭のインテリアを感じてほしい。
【バギオ】環境にも配慮したホテルでもあるGrand Sierra Pines Baguio 。それぞれの客室は、ここバギオがあるコルディリエラ地方の文化の特徴も取り入れており、絵が飾られているのがおしゃれ。また、名前の通り、客室から松の木が見えるのもポイントだ。
【バギオ】環境にも配慮したホテルでもあるGrand Sierra Pines Baguio 。それぞれの客室は、ここバギオがあるコルディリエラ地方の文化の特徴も取り入れており、絵が飾られているのがおしゃれ。また、名前の通り、客室から松の木が見えるのもポイントだ。
【バギオ】バギオにあるリゾート、ザ・マナー・アット・キャンプ・ジョンヘイのもう一つの顔、ザ・フォレスト・ロッジは別名をキャンプ・ジョンヘイのスイートと呼ばれる広い客室が自慢の宿泊施設だ。
【バギオ】バギオにあるリゾート、ザ・マナー・アット・キャンプ・ジョンヘイのもう一つの顔、ザ・フォレスト・ロッジは別名をキャンプ・ジョンヘイのスイートと呼ばれる広い客室が自慢の宿泊施設だ。
【バギオ】バギオ市そのものより古くはないが、創業以来その豪奢な設備に同業者たちから一目置かれ続けてきた、いわば規範とも言える存在。この16年間、”松の街”での至極のステイを旅客に提供し続けている。
【バギオ】バギオ市そのものより古くはないが、創業以来その豪奢な設備に同業者たちから一目置かれ続けてきた、いわば規範とも言える存在。この16年間、”松の街”での至極のステイを旅客に提供し続けている。
【バギオ】1905年に元スペイン領フィリピンの総督ウィリアム・キャメロン・フォーブス氏によって建てられたバギオ・カントリークラブ。2005年2月に100周年を迎え、フィリピンの歴史はバギオ・カントリークラブなしでは語れない、と言われるほど伝統的な名声高いカントリークラブに成長。
【バギオ】1905年に元スペイン領フィリピンの総督ウィリアム・キャメロン・フォーブス氏によって建てられたバギオ・カントリークラブ。2005年2月に100周年を迎え、フィリピンの歴史はバギオ・カントリークラブなしでは語れない、と言われるほど伝統的な名声高いカントリークラブに成長。
【バギオ】もともと米軍の施設として建設された保養所。今では、高級ホテルやゴルフ場がある。第二次大戦後、フィリピン方面軍司令官だった山下奉文が降伏文章に調印した場所としても有名。
【バギオ】もともと米軍の施設として建設された保養所。今では、高級ホテルやゴルフ場がある。第二次大戦後、フィリピン方面軍司令官だった山下奉文が降伏文章に調印した場所としても有名。
【バギオ】アメリカ人建築家ダニエル・バーンハムによって1900年代前半に設計されたバギオ市民憩いの場。公園内には、バーンハム・ラグーンと呼ばれる人口湖もあり、あひるのボートが日本の公園みたい。
【バギオ】アメリカ人建築家ダニエル・バーンハムによって1900年代前半に設計されたバギオ市民憩いの場。公園内には、バーンハム・ラグーンと呼ばれる人口湖もあり、あひるのボートが日本の公園みたい。
【バギオ】Barangay Mines ViewのOutlook Driveの終点に位置する公園で、コルディレラ山脈の雄大な景色を最も幅広く見渡せるポイントの一つ。特に朝日が昇る時間は絶景。早起きして出かけよう。
【バギオ】Barangay Mines ViewのOutlook Driveの終点に位置する公園で、コルディレラ山脈の雄大な景色を最も幅広く見渡せるポイントの一つ。特に朝日が昇る時間は絶景。早起きして出かけよう。
【バギオ】毎年2月に行われるバギオの祭典。多くの民族の亀裂を生まないように、シンプルにバギオの文化を祝う祭として始まった。1996年の第1回の成功から、今ではバギオ市民が誇りを持って自分たちの文化を表現する場になっている。
【バギオ】毎年2月に行われるバギオの祭典。多くの民族の亀裂を生まないように、シンプルにバギオの文化を祝う祭として始まった。1996年の第1回の成功から、今ではバギオ市民が誇りを持って自分たちの文化を表現する場になっている。
【プエルトガレラ】リーズナブルでありながら、良質なサービスを提供する注目リゾート。心掛けているのは、「おもてなし」。ムリエ・ベイに近く、日中はダイビングが楽しめ、日没後も活気にあふれる場所。
【プエルトガレラ】リーズナブルでありながら、良質なサービスを提供する注目リゾート。心掛けているのは、「おもてなし」。ムリエ・ベイに近く、日中はダイビングが楽しめ、日没後も活気にあふれる場所。
【プエルトガレラ】西フィリピン海に面したプエルト・ガレラの隠れ家リゾート、Sunset at Aninuan。そこから眺めるサンセットは絶景。11年営業を続ける、あたたかい雰囲気の宿泊リゾート。
【プエルトガレラ】西フィリピン海に面したプエルト・ガレラの隠れ家リゾート、Sunset at Aninuan。そこから眺めるサンセットは絶景。11年営業を続ける、あたたかい雰囲気の宿泊リゾート。
【プエルトガレラ】フライデーズは、ムリエ湾沖の、Boquete島と呼ばれる専用の島に建つ。フライデーズ ボラカイが姉妹リゾートだ。ボラカイのあるアクラン州まで行かずとも、ここプエルトガレラで高級リゾートアイランド気分を味わうことが出来る。
【プエルトガレラ】フライデーズは、ムリエ湾沖の、Boquete島と呼ばれる専用の島に建つ。フライデーズ ボラカイが姉妹リゾートだ。ボラカイのあるアクラン州まで行かずとも、ここプエルトガレラで高級リゾートアイランド気分を味わうことが出来る。
【プエルトガレラ】インフィニティ・リゾート・アンド・スパは2013年5月にプエルト・ガレラにオープンした高級リゾート。質の高いサービス、守られたプライバシー、プールやスパをはじめとする充実したアメニティが人気でサバン・ビーチ(Sabang Beach)では最もくつろげるリゾートだと評判だ。
【プエルトガレラ】インフィニティ・リゾート・アンド・スパは2013年5月にプエルト・ガレラにオープンした高級リゾート。質の高いサービス、守られたプライバシー、プールやスパをはじめとする充実したアメニティが人気でサバン・ビーチ(Sabang Beach)では最もくつろげるリゾートだと評判だ。
【プエルトガレラ】Papa Fred's Steakhouseの開業から3年後の2014年。ビーチ客のおなかを満たすだけでなく、更なるサービスを提供するために、Papa Fred's Beach Resortが誕生した。
【プエルトガレラ】Papa Fred's Steakhouseの開業から3年後の2014年。ビーチ客のおなかを満たすだけでなく、更なるサービスを提供するために、Papa Fred's Beach Resortが誕生した。
【プエルトガレラ】2017年に開業した新しいリゾート。賑やかなサバン地区から距離を置き、近くにはダイビングスポットがある。ダイビング店がリゾート内にあり、良質なダイビング用品とプエルトガレラの優秀なインストラクターも。
【プエルトガレラ】2017年に開業した新しいリゾート。賑やかなサバン地区から距離を置き、近くにはダイビングスポットがある。ダイビング店がリゾート内にあり、良質なダイビング用品とプエルトガレラの優秀なインストラクターも。
【プエルトガレラ】ミンダナオの大自然を背後に青い海が広がるサバンビーチに位置するLalaguna Villasはヴィラタイプのリゾート。12の客室はカップルや家族連れなどどんなシチュエーションにもぴったり。全てのヴィラはオーシャンビューでWi-Fi、自動ロックドアなど設備も充実。
【プエルトガレラ】ミンダナオの大自然を背後に青い海が広がるサバンビーチに位置するLalaguna Villasはヴィラタイプのリゾート。12の客室はカップルや家族連れなどどんなシチュエーションにもぴったり。全てのヴィラはオーシャンビューでWi-Fi、自動ロックドアなど設備も充実。
メトロ・マニラから車をおよそ3~4時間ほど走らせれば、バタンガス港から旅客フェリー、あるいは車両ごと移動できるロールオン・オフ・フェリーが出ている。
メトロ・マニラから車をおよそ3~4時間ほど走らせれば、バタンガス港から旅客フェリー、あるいは車両ごと移動できるロールオン・オフ・フェリーが出ている。
【ナスブ】波の音をききながらゆったりしたい人のために、カバナと呼ばれる仕切りのあるプライベート空間が用意されている。カップルで過ごすのにはおすすめの場所だ。
【ナスブ】波の音をききながらゆったりしたい人のために、カバナと呼ばれる仕切りのあるプライベート空間が用意されている。カップルで過ごすのにはおすすめの場所だ。
【ナスブ】客室はそれぞれの客に合った部屋を選ぶことができ、全16室で二階からはオーシャンビューが楽しめる。
【ナスブ】客室はそれぞれの客に合った部屋を選ぶことができ、全16室で二階からはオーシャンビューが楽しめる。
【ナスブ】アニラオの海岸に沿って建てられた宿泊施設は、自然の木材や石材を使いバリのリゾート風。客室は全部で10室ありそれぞれのプライバシーを尊重し、ゆったりとくつろげる造りとなっている。
【ナスブ】アニラオの海岸に沿って建てられた宿泊施設は、自然の木材や石材を使いバリのリゾート風。客室は全部で10室ありそれぞれのプライバシーを尊重し、ゆったりとくつろげる造りとなっている。
【ナスブ】アニラオの5ヘクタールに及ぶ海岸沿いに位置し、マリンスポーツやビーチステイを愛する人々に選ばれているリゾート。
【ナスブ】アニラオの5ヘクタールに及ぶ海岸沿いに位置し、マリンスポーツやビーチステイを愛する人々に選ばれているリゾート。
【ナスブ】このリゾートは過去に“フィリピン飛行艇クラブ”の非公式の本部であったといい、それにまつわるストーリも多々。レストランでは、国際色豊かな料理からフィリピン料理までさまざまなメニューから選べ、どれも絶品。
【ナスブ】このリゾートは過去に“フィリピン飛行艇クラブ”の非公式の本部であったといい、それにまつわるストーリも多々。レストランでは、国際色豊かな料理からフィリピン料理までさまざまなメニューから選べ、どれも絶品。
【ナスブ】マニラからおよそ3時間、”街の喧騒から離れてゆったりとした時間を過ごせる”と地元民や観光客から絶大な支持を得ているこちらのリゾート。
【ナスブ】マニラからおよそ3時間、”街の喧騒から離れてゆったりとした時間を過ごせる”と地元民や観光客から絶大な支持を得ているこちらのリゾート。
【ナスブ】サバヤンビーチはバタンガスのライヤに位置する、最も美しい海辺の一つである。波の音を聞きながらビーチのコテージで一夜を過ごす自分を想像してほしい。
【ナスブ】サバヤンビーチはバタンガスのライヤに位置する、最も美しい海辺の一つである。波の音を聞きながらビーチのコテージで一夜を過ごす自分を想像してほしい。
【ナスブ】このリゾートの特色は、ツリーハウスのようにデザインされた客室とスイート。木の上から、サンセットビューを楽しもう。
【ナスブ】このリゾートの特色は、ツリーハウスのようにデザインされた客室とスイート。木の上から、サンセットビューを楽しもう。
【ナスブ】白く輝く砂浜と青く澄み渡る海に囲まれ、昼夜問わず美しい景観を讃える同リゾートでは、爽やかなヤシの木が天高く伸び、ニパハットの屋根がサンクチュアリーのような日陰をつくる。
【ナスブ】白く輝く砂浜と青く澄み渡る海に囲まれ、昼夜問わず美しい景観を讃える同リゾートでは、爽やかなヤシの木が天高く伸び、ニパハットの屋根がサンクチュアリーのような日陰をつくる。
【ナスブ】美しい海岸線を楽しみながら、ゆっくりとくつろぐことが出来るリゾート。大きなインフィニティプールが特徴で、プールは途切れることなく海に繋がっている。
【ナスブ】美しい海岸線を楽しみながら、ゆっくりとくつろぐことが出来るリゾート。大きなインフィニティプールが特徴で、プールは途切れることなく海に繋がっている。
【ナスブ】1.4ヘクタールの敷地のリゾート。白を基調とするミニマルなデザインは、エンジニアの夫と建築家の妻が設計したもの。
【ナスブ】1.4ヘクタールの敷地のリゾート。白を基調とするミニマルなデザインは、エンジニアの夫と建築家の妻が設計したもの。
【ナスブ】ファミリー向け貸別荘として2011年に開業し、現在ではプライベートリゾートへと成長したタリ・ビーチ・ハウス。 タリ・ビーチ・ハウスは、バタンガスで最も人気のある別荘の一つで、家庭的な雰囲気の中、プライバシー感のある休暇が楽しめることが特徴。
【ナスブ】ファミリー向け貸別荘として2011年に開業し、現在ではプライベートリゾートへと成長したタリ・ビーチ・ハウス。 タリ・ビーチ・ハウスは、バタンガスで最も人気のある別荘の一つで、家庭的な雰囲気の中、プライバシー感のある休暇が楽しめることが特徴。
【ナスブ】海辺の88ヘクタールの敷地を誇る富裕層向けの会員制リゾート。客室はカシータ(戸建ての客室)とサンセットルームに分かれる。
【ナスブ】海辺の88ヘクタールの敷地を誇る富裕層向けの会員制リゾート。客室はカシータ(戸建ての客室)とサンセットルームに分かれる。
【ナスブ】名前の由来にもなっているピコ・デ・ロロ山の美しい山並みを背に目前には青い海が広がるリゾート。 周辺には長期滞在者にはうってつけのコンドミニアムやカントリークラブなどがあり、余暇を思い切り楽しめる施設が点在している。
【ナスブ】名前の由来にもなっているピコ・デ・ロロ山の美しい山並みを背に目前には青い海が広がるリゾート。 周辺には長期滞在者にはうってつけのコンドミニアムやカントリークラブなどがあり、余暇を思い切り楽しめる施設が点在している。
【ナスブ】フォーチュン・アイランド・ダイブ・リゾートには、宿泊施設はないが、日帰りツアーまたは宿泊ツアー用のテントの貸し出しを行っている。
【ナスブ】フォーチュン・アイランド・ダイブ・リゾートには、宿泊施設はないが、日帰りツアーまたは宿泊ツアー用のテントの貸し出しを行っている。
【イントラムロス】イントラムロスの誇る荘厳なマニラ大聖堂、広大な敷地のリサール公園、ゴルフクラブの緑。そんな環境に囲まれた、サン・オグスティン教会からすぐの古城の雰囲気漂うホテルが、ホワイトナイトホテル。29部屋のくつろげる部屋を提供する。
【イントラムロス】イントラムロスの誇る荘厳なマニラ大聖堂、広大な敷地のリサール公園、ゴルフクラブの緑。そんな環境に囲まれた、サン・オグスティン教会からすぐの古城の雰囲気漂うホテルが、ホワイトナイトホテル。29部屋のくつろげる部屋を提供する。
【イントラムロス】2011年に開業したブティックホテル。客室タイプは、スーペリアからベイリーフ・スイートまで。全ての客室から大きな窓越しにイントラムロスの街並みを見渡すことができる。
【イントラムロス】2011年に開業したブティックホテル。客室タイプは、スーペリアからベイリーフ・スイートまで。全ての客室から大きな窓越しにイントラムロスの街並みを見渡すことができる。
【イントラムロス】階段を登り、奥に行くと木漏れ日が溢れて、風が気持ちいい。時間を忘れて、うっかりうたた寝してしまいそうになるほど居心地の良い場所。
【イントラムロス】階段を登り、奥に行くと木漏れ日が溢れて、風が気持ちいい。時間を忘れて、うっかりうたた寝してしまいそうになるほど居心地の良い場所。
【イントラムロス】店内に入ると、3階までぎっしりとフィリピンで作られた家具やバック、アクセサリーなどが並ぶ。家具は主に木製が並ぶ。
【イントラムロス】店内に入ると、3階までぎっしりとフィリピンで作られた家具やバック、アクセサリーなどが並ぶ。家具は主に木製が並ぶ。
【イントラムロス】ミュージアムでは前植民地時代から1896年のフィリピン独立までの歴史が語られる。等身大の人体模型や、”前植民地時代→スペイン統治時代→国民的英雄ホセ・リサールの生涯と作品”の3部から構成される約1時間のプレゼンテーションも。
【イントラムロス】ミュージアムでは前植民地時代から1896年のフィリピン独立までの歴史が語られる。等身大の人体模型や、”前植民地時代→スペイン統治時代→国民的英雄ホセ・リサールの生涯と作品”の3部から構成される約1時間のプレゼンテーションも。
広告

旅する

エリア

ホテル

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel