ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 暮らしのガイド > フィリピンの交通機関について

フィリピンの交通機関について

人口1000万人を超えるフィリピンの首都マニラ。街には人々の移動手段として、多くの交通機関があります。
こちらのページでは、マニラの交通機関の乗り方をご紹介していきます。

電車
メトロマニラには、LRT、MRT、PNRという3種類の電車があります。主な観光名所やビジネス街を繋ぐ電車は、観光の際も大変便利!
ジプニー
フィリピンのシンボルといっても過言ではないジプニー(ジープと呼ぶ人もいる)。 米国占領時代に使い古されたジープを改良し、今も公共交通機関として利用されています。どこでも乗り降りできるという利便性から、庶民の足として多くの国民に使われています。
タクシー
空港から街の中心へ、仕事で、買い物で。小回りのきくタクシーは、マニラ市内の移動には特に重宝します。ただ、トラブルが多いのも事実。利用方法には注意しましょう。
バス
運賃も安く、フィリピン全土を結ぶ交通手段。実際に多くのフィリピン人がバスを利用しています。電車の駅周辺や沿線に集中しているため、日常の利用にはもちろん、マニラ郊外への小旅行にも便利です。
トライシクル
近距離の移動に最適!バイクの横に荷台をつけたフィリピン流バイクタクシー。 暑い日中や急な雨の際にはもちろん、歩行者用に道路整備が日本ほど行き届いていないフィリピンでは、大事な庶民の足の一つです。


配車アプリで安全な移動を!

配車アプリのGrabやUberなどは、一般の人が自動容赦を運転する日本でいうハイヤーカーの様な仕組みのアプリ。付近にいるドライバーを見つけて、配車することができる。ドライバーの顔写真、名前などが確認できるので安心だ。最近では他人と相乗りすることにより料金を抑えることができる、GrabシェアやUberプールも登場した。

環境にやさしいバス

Green Flog Hybrid Bus

排出ガスが通常の半分という環境にやさしいバス。横向きのシートの広い車内は清潔で乗り心地もいいです。モール・オブ・アジアとC5 Busting間(ボニファシオの近く)をヒル・プヤット経由で運行しています。「HYBRID BUS STOP」と書かれた看板があるところで乗車・降車できます。

困ったときのレンタカー

Genalyn /ジェネリン・レンタカー

0906-346-3754 (皆越)
http://philippinesrentacar.net


RYOAKI rent-a-car /リョウアキ・レンタカー

02-403-8197 / 02-869-7482 / 0917-492-1342(Globe) / 0908-143-9438(Smart)(レンタカー専用)
http://ryoaki-rentacar.com/


Sarah rent-a-car /サラ・レンタカー

2-501-3985 / 0927-834-8380 / 0920-244-6229 / 0927-816-6080

ページ上に戻る

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel