ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 暮らしのガイド > 仕事・就職活動

仕事・就職活動

近年、アジアで就職・転職を希望する人々が増えてきました。 自分で納得のいく仕事を見つけるために、 事前準備は怠らずにいたいものです。 履歴書作成から面接当日の服装まで、このページでしっかり確認してから就職活動にのぞんでください!
 
1. 履歴書の作成

日本で就職活動を行う際と同じく、面接に向けて履歴書が必要です。提出の必要な書類については応募する企業に確認しましょう。

① 和文の履歴書、職務経歴書

履歴書・・・日本で市販されている一般的な形式が好まれます
職務経歴書・・・勤務先、職務内容の詳細を記入します

② 英文履歴書

面接の際、日本人の他にローカルの人事担当者が同席する場合もあります。また、業務処理の関係で英文履歴書を必要とされる場合があります。 派遣会社や弊社のような人材紹介会社を通じての応募でなく直接企業へ応募する時には、「カバーレター」をつけると印象が良くなります。

【一般的な英文履歴書の形式】

履歴書は、書類選考を通過する為に重要な書類です。
スキル、資格、功績等のアピールポイントについてきちんと明記しましょう!

 
2. 面接

日本在住者の場合、一次面接を日本国内で受けられる可能性があります。ただし、二次面接や会社見学等、 内定をもらうまでに一度はフィリピンを訪れる必要があります。 入社前に実際の会社を見学し、社内の雰囲気をつかむ事は入社後のミスマッチを防ぐ為にも重要です。

面接の回数は1~3回が平均的で、最初の面接で即内定が決まる場合もあれば、二次面接、最終面接と時間を要する企業もあります。

【面接当時のポイント】

  • 基本的にはスーツ着用、フォーマルな服装が望ましいです
  • 男性の場合、フィリピンの正装「バロンタガログ」の着用も可能です
  • フィリピンの交通事情を考慮し移動には余裕を持って計画を立てましょう
  • 特にマニラ圏外ではタクシーがつかまりにくいです
  • 1日に複数社の面接がある場合、予め車のレンタルをお勧めします
  • フィリピンタイムは問題外です
  • →指定された面接時間に遅刻しないよう現地に向かいましょう
  • 履歴書、職務経歴書、その他資格証明書等のコピーを持参しましょう
  • 一次面接で福利厚生の質問や給与交渉を行うことは、控えた方が無難です
  • →仕事内容等十分に双方での確認が取れた後、企業側からの打診がるので、この段階で要望、質問事項を明確にします。フィリピンでは、一般的に額面での給与交渉が行われます。 所得税が最高32%と高く、 初給料日に実際の手取り金額を見て驚かれる方も少なくありません。 手取り金額での要求が可能な場合もありますので、交渉してみましょう。
  
 
3. 内定後

内定後、企業によって様々な書類の提出が求められます。参考までにその中で主な書類をご紹介します。

卒業証明書/成績証明書
推薦状(もしくは身元保証人の提示)
健康診断書(内定前に健康診断を予定する企業もあります)
NBIクリアランス(フィリピン在住者の場合)

 
4. 入社に向けて

入社前、もしくは入社初日に契約書にサインをします。入社後の問題発生を防ぐ為にも、契約内容について明確にしておきましょう。日本とフィリピンでは労働法が異なり、福利厚生等雇用環境も違います。

基本給与(税込み額 or 税引き額)、その他諸手当
試用期間
昇給制度
労働時間、休日
有給休暇、病気休暇日数
健康保険制度

ページ上に戻る

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel