ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > エプソン、フィリピンで環境保全型の新工場稼働

スポンサードリンク:

エプソン、フィリピンで環境保全型の新工場稼働

2017年8月29日

セイコーエプソン( エプソン)は、フィリピンの製造子会社エプソン プレシジョン(フィリピン)社(EPPI)に新工場を増設、6月末に竣工した。 
  
 新工場は、総額約1億4,300万米ドルを投資(2015年度から2017年度まで)、2015年1月に着工、最新鋭かつ最高効率のオペレーションを実現する工場とするべく建設を進め、このほど完成したものである。新工場の最大の特長は、約3,000kWの最大出力を持つメガソーラー発電設備を建物の屋根部分に設置、環境に配慮した工場となっている点である。 新工場は鉄骨2階建て、建築面積は約5万3千平米、延床面積は約10万8千平米となっている。

 EPPIは、この新工場においてインクジェットプリンターの生産能力を拡大するとともに、既存工場にプロジェクターの生産ラインを増設し、インクジェットプリンターおよびプロジェクターの増産体制を整備、7月末までに生産を開始した。8月25日には、フィリピン経済特区庁(PEZA)などのフィリピン政府関係者、取引先、エプソンの碓井稔代表取締役社長などの出席のもと、新工場のオープニングセレモニー(開所式)を実施した。

 開所式に出席したフィリピン経済特区庁(PEZA)のチャリート・ボオク・プラザ長官は、「世界で最も先進的なメーカーがリマ・テクノロジー・センターで操業していることを誇りに思う。EPPIはフィリピン経済の発展に大きく貢献し続けている。これからも、この新工場から高品質な製品を生み出し、世界の電機産業をリードすることを期待している」とコメントした。


 エプソンの碓井社長は、「「EPPIは、エプソンの今後の中長期的なビジネスにおいて重要な役割を有している。エプソンが目指している長期ビジョン『Epson 25』における4つのイノベーションのうち、インクジェットイノベーションとビジュアルイノベーションの実現に、この新工場を含むEPPIのオペレーションが貢献することを確信している」とコメントした。

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel