ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 比ユニクロ、16年8月期純利益54%増の3.7億ペソ

スポンサードリンク:

比ユニクロ、16年8月期純利益54%増の3.7億ペソ

2017年9月19日

ユニクロ フィリピン(比ユニクロ)は、9月29日、ルソン島北西端の北イロコス州の州都ラオアグ市に、フィリピン第41店をオープンする。

 第41号店が立地するのは、ラオアグ市のロビンソンズプレイス イロコス イクスパンションモールの1階で営業時間は毎日午前10時から午後9時である。比ユニクロは5月末から6月末にかけて、ミンダナオ1号店から3号店まで一気にオープン、6月16日には、ルソン島中西部サンバレス州オロンガポ市スービックのリサールハイウェイ沿いの大型商業施設「ハーバーポイント」に出店するなどで一気に40店体制を達成した。その後、出店が一服となっていたが、当面の目標である50店体制が視野に入ってきた。

 ファーストリテイリングはフィリピンにおけるユニクロ店舗の出店、運営を目的として、2012年1月にSMリテール社と共同出資して合弁会社、「ファーストリテイリング・フィリピン社(FRPI、所在地:マニラ首都圏パサイ市)を設立した。ファーストリテイリングの出資比率は75%である。

 比ユニクロ1号店は、2012年6月15日に、巨大ショッピング・モール「SMモール・オブ・アジア」に出店された。すなわち、先頃開業5周年を迎えたのである。初出店から約1年後の2013年5月に4店、13年11月に10店に達した。約2年後の14年5月には12店、14年12月に20店突破、2016年5月に30店突破、そして、2017年6月末時点で40店と拡大してきている。

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel