ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 旅する > St.John the Baptist Parish Church セント・ジョン・ザ・バプティスト・パリシュ・チャーチ

St.John the Baptist Parish Church セント・ジョン・ザ・バプティスト・パリシュ・チャーチ

【ラグナ】バロック様式のこの教会は1605年に建てられ、リリウまたはリリオ教会と呼ばれることもある。フィリピンのスペイン占領地時代、町はこの教会を中心に広がっていった。

フォトジェニックな美しい外観

 

内部の様子

 

歴史ある教会

 

バロック様式のこの教会は1605年に建てられ、リリウまたはリリオ教会と呼ばれることもある。フィリピンのスペイン占領地時代、町はこの教会を中心に広がっていった。1880年の地震と1898年の火災という災難にあったが、教会の人々によって大切に保持されてきた。また、この教会がもっとも愛されている理由の一つは、その立派な外観。この建築の美しさを愛し訪れる写真家たちも多い。朝のミサは、毎週月曜・木曜・土曜の6時から。午後のミサは毎週火曜・水曜・金曜の17時15分から開始です。5月と10月に訪問される際は土曜以外、毎日17時15分からとなります。この期間の日曜のみ朝の6時からとなっています。教会オフィスは8時30分〜11時30分、14時30分〜16時30分までで、月曜は定休日です。

詳細情報

インフォメーション

住所:P. Burgos Street, Liliw, Laguna
FaceBook:SJBP.Liliw

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他・旅する情報

【ラグナ】リリウに数あるショップの中でも特に人気のショップ。ごちゃごちゃした店内のショップが多い中、こちらは綺麗にシューズがディスプレイされている。トレンドのサンダルを始め、フィリピンならではのアバカ素材のサンダルは、200ペソ~で購入可能。
【バタアン】「ボート難民」として知られる、ベトナム、ラオス、カンボジアなどの難民が、就労のために米国、オーストラリア、ヨーロッパに移住する前に滞在した。
【バタアン】バードウォッチングに適したこの公園は、カナダや中国などから飛んでくる渡り鳥が集まる場所。バランガの豊かなマングローブ林や湿地、草原、干潟は自然の食糧の宝庫だ。
【バタアン】バターン州バガックに位置し、広さは12ヘクタールの東京ドーム約2.5個分。質の高いサービスを提供するこちらのクラブでは、美しい海を眺めながら贅沢な時間を過ごすことができる。客室は89室あり、楽園をイメージしてデザインされている。
【バタアン】バターンの南部に位置し、1.5ヘクタールの広大な敷地を誇る高級ホテル。自由港エリアの丘の上にあり、産業地帯の素晴らしい景色が一望できる。美しく上品な内装、宿泊施設はデラックスルーム、エグゼクティブスイートなどがあり、マウンテンビューとガーデンビューから選ぶことができる。
  
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel