ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > GTキャピタル、住商二輪車ローン企業に20%出資へ

スポンサードリンク:

GTキャピタル、住商二輪車ローン企業に20%出資へ

2017年8月11日

メトロポリタンバンク&トラスト(メトロバンク)グループの持株会社GTキャピタル・ホールディングス(GTCAP)は、8月9日、フィリピンの個人顧客向け二輪車ファイナンス会社「住商モーター・ファイナンス(SMFC)」の株式20%を取得すると発表した。

 2009年に設立されたSMFCは、資本金20億ペソで現在の出資比率は、住友商事50%、メトロバンク傘下の有力貯蓄銀行フィリピン・セービングス・バンク(PSBank)グループ50%となっている。GTCAPは、PSBankとPSBank退職基金からSMFC株を各々100万株(10%)を取得、合計200万株(20%)を取得する計画である。1株当たり取得価格は94.98ペソで、取得総額は3億7,992万ペソとなる。この取引が完了すると、SMFC保有比率は住友商事50%、PSBankグループ30%、GTCAP20%となる。

 今回の株式売買は、メトロバンクグループ内の保有権移転であり、住友商事50%、メトロバンクグループ50%という大きな枠組みには変更はない。しかし、GTCAPは注力中の自動車事業基盤の強化や顧客層の多様化、PSBankは売却資金による中核的自己資本の強化などの効果につながるものと考えられる。

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel